料理上手さんの台所~「タスクノシルモン屋」山岸タスクさん・良子さん夫婦~

料理上手さんの台所~「タスクノシルモン屋」山岸タスクさん・良子さん夫婦~

こんにちは、ふーぽ編集部です。

日々の食事をつくり、暮らしを支える「台所」。

毎日つかう場所だからこそ、器や道具、収納などに少しこだわって、より豊かに過ごしたいものです。

今回は3回にわたって、福井県内の「料理上手さん」のひと工夫ある台所お届け。

第3回はイベント等で「タスクノシルモン屋」を出店する山岸タスクさん・良子さん夫婦の台所です。

【⇒第1回「料理教室『テーブルの真ん中』主宰・堀 美恵子さんの台所」

【⇒第2回デザイナー川上敦子さん・多国籍料理「マルクチ」オーナー川上剣さん夫婦の台所

山岸タスクさん、良子さん宅
坂井市在住。
山形風芋煮や肉吸いなど汁物や煮込み料理を提供する
「タスクノシルモン屋」をイベントなどで出店
Instagram

暮らしとともに育つおもてなしの“厨房”。

スタイリッシュでいて、やさしく温かみのあるキッチンは、夫婦の人柄を映すよう。壁には木製の飾り棚を設置する予定


玄関を入ってすぐにある山岸家のキッチンは、この2月にできたばかり。

プロ仕様のステンレスのシンクとカウンターは作業しやすい高さとサイズで、「両端は人が通れるように、調理しながら3、4人が食事できるよう奥行きを広く」とオーダーしました。

料理と人をもてなすことが好きなタスクさんと良子さんによる“人が集えるキッチン”です

もともとあった木の食器棚に合わせてラックを配置し、異素材が調和する。「これから必要に応じて手を加えていくつもり」とタスクさん

イベントなどで集めた酒器は、ほぼ来客用

暮らすうちに必要なものを付け足していくため、今は未完成。

「ステンレスも汚れたり傷ついたりするほど味になる。実際に使って、人に来てもらううちに、どんなキッチンになっていくか、 僕たち自身も楽しみです」と笑います。

芋煮は牛肉とだしの旨味が体にしみわたる絶品


会社員のタスクさんは料理好きが高じて、汁物や煮込み料理の店を不定期で出店するようになりました。

休みがなくても「人に料理を食べてもらえるのが嬉しい」と2人は朗らかです。

いずれはキッチンカーで郷土の煮込み料理を提供するのが夢だそう。

 

看板の「山形風芋煮」は澄んだスープで、素朴ながら丁寧な仕事を感じる一杯。

取材後にも友人を呼んで“芋煮会”を開いたとのこと。

ステンレスとともに味わい深く育っていくキッチンに、いつの日かまた、おじゃましたいです。

※掲載内容に誤りや修正などがありましたら、こちらからご連絡いただけると幸いです。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新情報はお電話等で直接取材先へご確認ください。

ふーぽ編集部
writer : ふーぽ編集部

ふくいのことならお任せあれ! グルメ、イベント、おでかけスポットなどなどふくいのいろんな情報をお届けします。

おすすめ情報が届くよ

ふーぽ公式LINEはこちら

Follow us

ふーぽ公式Instagramはこちら

こちらもクリック!情報いろいろ

新着の記事

あわせて読みたい

キーワード検索

必見!ふーぽイチオシ情報PR

おもしろコンテンツを発掘しよう!
過去の読みものをシャッフル表示

人気記事ランキング

人気記事ランキング

ページ上部へ
閉じる

サイト内検索

話題のキーワード

メニュー閉じる