休校中に読書をしよう♪ 今こそ読みたい! ふーぽBOOKセレクション~図書館司書おすすめ本・小学生編~

休校中に読書をしよう♪ 今こそ読みたい! ふーぽBOOKセレクション~図書館司書おすすめ本・小学生編~

こんにちは、ふーぽ編集部です。

新型コロナウイルスで家で過ごす時間が多い今、本を読んで豊かな時間を過ごしませんか?

プロにおすすめの本を聞いて、新しい書に出会う企画「ふーぽBOOKセレクション」。

今回は、福井市立図書館の司書の方に、休校中の小学生にオススメの本を教えていただきました。

 

1~2年生向け<絵本>

『マクドナルドさんのやさいアパート』

※画像をクリックするとAmazonの詳細サイトへ移動します

『マクドナルドさんのやさいアパート』
ジュディ・バレット/文 ロン・バレット/画 ふしみみさを/訳

朔北社 2009年 
32ページ

  あらすじ 
アパートに住むマクドナルドさんは、大家さんに内緒で野菜を育て始める。

自分の部屋だけでなく、庭にも空き部屋にも。牛やニワトリまで飼いだすと、とうとう住人たちは出ていってしまった。

大家さんに見つかるのも時間の問題!! 

 

福井市図書館 司書 岩城さん
天井からニンジンが生えてくる部屋には、思わず笑ってしまいます。

ストーリーの面白さをユーモラスな絵が盛り上げ、読み聞かせにもおすすめの絵本です。

【⇒福井市図書館での予約はこちらから

 

1~2年生向け<物語>

『ひきざんもできる名犬シロ』

※画像をクリックするとAmazonの詳細サイトへ移動します

『ひきざんもできる名犬シロ』
東君平/作

フレーベル館 2011年 
76ページ

  あらすじ 
シロはオサムくんの家で飼っている犬。

お父さんは「シロは引き算もできる」と言うが、オサムには信じられない。

5匹のにぼしで試してみることに。1匹ずつ食べて、にぼしがまだ残っていたら、シロは吠える。最後の1匹を食べた後、シロの反応は!? 

 

福井市図書館 司書 岩城さん
お父さんの手に隠されたにぼしの残りが5-4=1、5-5=0とクライマックスを迎える時、ドキドキしてページをめくりました。

大きな文字の物語なので、一人読みをスタートする本にぴったり。

【⇒福井市図書館での予約はこちらから

 

3~4年生向け<物語>

『そこから逃げだす魔法のことば』

※画像をクリックするとAmazonの詳細サイトへ移動します

『そこから逃げだす魔法のことば』
岡田淳/作 田中六大/絵

偕成社 2014年
140ページ

  あらすじ 
近所にひとりで住んでいるぼくのおじいちゃんは、秘密の話を教えてくれる。

雪女ならぬ雨女の話、海賊をやっつけた話など、おじいちゃんの不思議な話が6話楽しめる。

シリーズに『願いのかなうまがり角』『アチチの小鬼』がある。 

 

福井市図書館 司書 河合さん
おじいちゃんの話は、奇想天外、まさかの連続。

でも、ひょっとしたらあるかもしれないと思わせる不思議な説得力が魅力です。

明快な面白さを読んで味わってみて。 

【⇒福井市図書館での予約はこちらから

 

3~4年生向け<ノンフィクション>

『かいくんとセラピー犬バディ』

※画像をクリックするとAmazonの詳細サイトへ移動します

『かいくんとセラピー犬バディ』
井上こみち/

国土社 2020年 
117ページ

  あらすじ 
小学4年生のかいとくんは祖母のエリさんに誘われ、アニマルセラピー活動をしている。

相棒はもと保護犬のバディだ。

バディとともに人と触れあっていくうち、かいとくんは人も犬も幸せにするセラピー活動にやりがいを見出していく。

 

福井市図書館 司書 河合さん
かいとくんが犬をきっかけに、人との触れ合いについても考えを深めていく様子に感心しました。

人と動物のより良い関係について考えさせられる一冊です。
 

【⇒福井市図書館での予約はこちらから

 

5~6年生向け<物語>

『ソーリ!』

※画像をクリックするとAmazonの詳細サイトへ移動します

『ソーリ!』
濱野京子/作 おとないちあき/画 
くもん出版 2017年 
211ページ

  あらすじ 
「そうりだいじんになりたい」

1年生の時に照葉(てるは)が七夕の短冊に書いた将来の夢。

みんなから「女のくせに」とからかわれ、それ以来、自分の夢を語れなくなる。4年後、学級委員になった照葉はクラスをまとめようと奮闘していた。

そしてもう一度夢を取り戻そうとする。 

 

福井市図書館 司書 岩城さん
友達を思うがゆえに悩み、現状をどうにかしたいともがく照葉。

夢の実現に向かって進もうとする照葉のまっすぐな気持ちに、勇気が湧いてくるような本です。


【⇒福井市図書館での予約はこちらから

 

5~6年生向け<ノンフィクション>

『森の物語』

※画像をクリックするとAmazonの詳細サイトへ移動します

『森の物語』
アーネスト・T・シートン/作 今泉 吉晴/訳 
理論社 2020年 
222ページ

  あらすじ 
『シートン動物記』で有名なナチュラリスト、アーネスト・T・シートンの著作から、代表作「ロボ クルンパのオオカミ王」を含む5話が収録されている。

本文中の挿絵はシートン本人によるものが採用され、自然に残された動物や植物の記録を読み解いてくれる。

 

福井市図書館 司書 河合さん
かつてアメリカで「一番泣ける本」にも選ばれた「ロボ クルンパのオオカミ王」、知らない方はまずこのお話からどうぞ。

シートンが動物や自然とどのように向き合っていたのかが伝わってきます。

【⇒福井市図書館での予約はこちらから

 



どれも読んでみたくなる素敵な本ばかりでしたね。

ぜひこの機会で親子で読書を楽しんでみてください。

 

【協力】福井市図書館

◆福井市立図書館
福井県福井市文京2丁目7番7号 
0776-20-5000

◆みどり図書館
福井県福井市若杉3丁目301番地 
0776-34-8859

◆桜木図書館
福井県福井市手寄1丁目4番1号アオッサ4階
0776-20-1530

◆清水図書館
福井県福井市風巻町第21号17番地 
0776-98-3820

◆美山図書館
福井県福井市美山町第2号12番地 
0776-90-1700

《⇒公式サイト
《⇒インターネット予約サービスについて

※掲載内容に誤りや修正などがありましたら、こちらからご連絡いただけると幸いです。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新情報はお電話等で直接取材先へご確認ください。

ふーぽ編集部
writer : ふーぽ編集部

ふくいのことならお任せあれ! グルメ、イベント、おでかけスポットなどなどふくいのいろんな情報をお届けします。

LINEにおすすめ情報が届くよ

Twitter

こちらもクリック!情報いろいろ

新着の記事

あわせて読みたい

キーワード検索

おもしろコンテンツを発掘しよう!
過去の読みものをシャッフル表示

人気記事ランキング

人気記事ランキング

ページ上部へ
閉じる

サイト内検索

話題のキーワード

メニュー閉じる