「ひとりの画家による色あせない永遠の仏画。」あわら市教順寺にある“志田弥広の襖絵「釈迦十大弟子」”【福井の或る場所のアート】

「ひとりの画家による色あせない永遠の仏画。」あわら市教順寺にある“志田弥広の襖絵「釈迦十大弟子」”【福井の或る場所のアート】

こんにちは、ふーぽライターのcowbellrikoです。

福井の“とある人と場所”のアートを紹介するコーナー【福井の或る場所のアート】。

福井で制作をする美術作家さんのことや、こんなところで見つけたスゴイ作品のことなどすぐそばに、そこに或るアートを探して見つけてお届けします。

今回は、あわら市の教順寺(きょうじゅんじ)にある“志田弥広(しだみつひろ)の襖絵「釈迦十大弟子(しゃかじゅうだいでし)です。

教順寺(きょうじゅんじ)【あわら市】
志田弥広(しだみつひろ)の襖絵『釈迦十大弟子(しゃかじゅうだいでし)』1998年

なまめかしさとユーモアを備えた志田スタイルの仏画は寺院内に。毎年6月の最終木曜から5日間開催する『皆さまの作品展』の中で、寺院所蔵品が公開される

 

ひとりの画家による色あせない永遠の仏画。

「煙草をふかしながら本堂に座り、長時間思案している姿を思い出します」と話すのは、教順寺前住職の小泉雅子さん。

画家・志田弥広さんと交流を重ね、寺に多くの絵を保有しています。

 

志田さんが襖に描いた『釈迦十大弟子』は、釈迦の教えを求めて集まった高弟の絵。

色や雰囲気に違いが出ないよう、同じ進度で一気に描き上げられています。

 

「寺にあれば誰にでも見てもらえる」と志田さんは多くの作品を教順寺に寄贈。

どれも包容力に満ちていて、まるで仏様が手を差し伸べているかのようです。

「僕の絵は見る人の気持ちが入ってこそ完成する」と仕上げる直前で落款を押していたそう。

 

柔和な表情の人物像を見つめていると心が浄化され、穏やかな気持ちになります。

志田弥広 (1929~2008)

あわら市(旧金津町)生まれ。本名志田彌廣。金沢市立美術工芸大学日本画科卒業。猪熊弦一郎に師事。教順寺にて個展を開催。県内多数の病院に寄贈。瑞宝双光章受章。

\或るところ/

教順寺(きょうじゅんじ)

福井県あわら市市姫2-12-20
☎0776-73-0853(拝観希望の場合は事前に電話を)

※掲載内容に誤りや修正などがありましたら、こちらからご連絡いただけると幸いです。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新情報はお電話等で直接取材先へご確認ください。

cowbellriko
writer : cowbellriko

エビとイチゴとワインが好き。
国内外問わず、よく人に道を聞かれます。
世界の美術館を巡ること、あちこちの芸術展を回ること、がライフワークです。
アート系ウエブメディア「芸術専門楽群(略してゲイセン)」の中の人です。

▼芸術専門楽群
https://www.geisen.art/

おすすめ情報が届くよ

ふーぽ公式LINEはこちら

Follow us

ふーぽ公式Instagramはこちら

こちらもクリック!情報いろいろ

キーワード検索

必見!ふーぽイチオシ情報PR

おもしろコンテンツを発掘しよう!
過去の読みものをシャッフル表示

人気記事ランキング

人気記事ランキング

ページ上部へ
閉じる

サイト内検索

話題のキーワード

メニュー閉じる