毎日できる節約術♪お金が貯められないタイプ診断で自分に合った節約を!

毎日できる節約術♪お金が貯められないタイプ診断で自分に合った節約を!

こんにちは、ふーぽ編集部です。

節約生活の基本は、楽しく続けられること。

今回は、節約のプロが日々実践している、明るく楽しくお金が貯められるノウハウを大公開します。

「お金が貯められないタイプ診断」もあるので、ぜひ参考にしてくださいね。

\教えてくれた人/

時短節約家
くぅちゃん

夫、2人の息子の4人家族。
「時短節約家」として注目を集め、テレビや雑誌に多数登場
Instagram

あてはまるのはどれ? お金が貯められないタイプ診断

以下のチェックリストから、チェックが多くついたものがあなたのタイプ。

日頃の行動からお金の使い方のクセを知り、タイプに合った節約方法をご紹介します。

□ 毎月外食に行く回数が多い

□ 交際費に際限がない。誘われれば何でも参加する

□ 現金で払えない時はカードを使って支払いを先送りにする

□ 毎月いくらまで使っていいのか分かっていない

□ 両親と同居などの理由で住宅費などの固定支出が少ない

□ ボーナスが出る前からカードのボーナス払いで買い物をしている

□ 貯金はほとんどできていない


このチェックが多かった人は「どんぶり勘定タイプ」

娯楽が好きで、何に浪費しているか分からなくなりがち。お金が貯まらないと感じている今こそ見直すタイミング!

▼ぴったりの節約方法はこちら

□ 毎年夏休みと冬休みは旅行に出かけるなど、決まったイベントの支出が大きい

□ お金のかかる趣味を持っている

□ 両親やお世話になった人へのプレゼントにはお金をかけたい

□ 旅行では高くても泊まりたい宿に泊まる

□ 値の張るものを衝動買いしがちだ

□ 安物は身につけない。常にブランドものを選ぶ

□ セミナーや自己啓発など、自分への先行投資も欠かさない


このチェックが多かった人は「見栄っ張りタイプ」

旅行や誕生日、実家帰省など、季節ごとのイベントにお金を費やすタイプ。つい自分へのご褒美も奮発してしまう。

▼ぴったりの節約方法はこちら

□ 雑誌や本などのマネー情報が好きでよく読む

□ 将来にかかるお金のことを考えると不安だ

□ 使っていないのに支払っている契約がある

□ ネット通販では送料無料になるまで買い物をしてしまう

□ 安売りの商品を求めて、スーパーを何軒もはしごしてしまう

□ いくら貯金をしてもまだまだ足りないという意識が強い

□ レジャーにお金をかけるよりも、将来への備えが最優先


このチェックが多かった人は「お得情報大好きタイプ」

「あれもこれもしておかなくては」とお得な情報に振り回されがち。節約しているつもりなのに貯まらないという傾向が。

▼ぴったりの節約方法はこちら

□ コンビニの新商品に目がない

□ 100円均一ショップが大好きでよく行く

□ 旅行の時はより安い宿がないかチェックする

□ 高いものは買わないが、安いものはちょくちょく買う

□ なんだかんだ毎月のカードの支払いがかさんでいる

□ 贅沢しているつもりはないが何故かお金がない

□ 一度に10万円を超えるような大きな支出があると不安になる


このチェックが多かった人は「ちょこちょこ買いタイプ」

「贅沢をしているつもりはないのにいつの間にかお金がなくなっている」タイプは、ムダが隠れている可能性大。

▼ぴったりの節約方法はこちら

 

 

貯められないタイプ別! すぐにできる節約術

どんぶり勘定タイプにおすすめ

お金の使い方を根本的に見つめ直すことが大切。

お金の流れを把握するところから始めてみると、“どんぶり勘定”すぎる消費行動が改善されるはず。

《1日100円貯金から始める。》

まずは少額でも貯金することからはじめてみると貯蓄ぐせがつき節約体質に。

生活費の1割を貯めることを目標にしてみてください。

 

《財布の中を整理する。》

一見、シンプルな方法ですが、効果テキメン。

余計なものをためこまないことで「自分に何が必要なのか」がわかるようになり、ムダづかいをしなくなります。

 

見栄っ張りタイプにおすすめ


イベントやレジャーが大好きで我慢するのが苦手。

しっかり計画を立ててメリハリのあるお金の使い方をすると、楽しく節約に取り組めそうです。

《特別費を年間予定に組み込む。》

娯楽にかかる費用や税金などの特別費を年間カレンダー化。

あらかじめ予定しておくことで急な出費に振り回されず、自由に使える金額が見えてきます。

 

《やりたいことリストを書く。》

やりたいことをリストにして優先順位をつけます。

自分にとって何が大事なのかがわかり、満足度も高い上に活きたお金の使い方ができます。

 

お得情報大好きタイプにおすすめ

節約意識はある程度高いものの、小さなムダに目が行きすぎて、実は大きな損をしている事も。

ちょっと視点を変えてみると、節約が上手くいくかも。

《ほしいものを決めてから探す。》

何となくお得情報を探していると、つい時間をかけ過ぎてしまうことも。

まずはほしいものを決めてリサーチすることでムダづかいが防止できます。

 

《使っていないカードは解約。》

クレジットカードやポイントカードは2~3枚に絞ることで、ポイント目当てのムダな買い物を減らせます。

結果ポイントも貯まりやすくなります。

 

ちょこちょこ買いタイプにおすすめ

お金にある程度余裕があるのか、それほど節約を意識していないのかも。

細かい部分に目を向け、満足のいくお金の使い方・貯め方を目指してみては?

《着心地のよい服を買う。》

服は流行りに流されて購入すると、結局着ないままタンスの肥やしになってしまうことも。

着心地の良さを基準に選ぶことで、洋服選びも失敗なし。

 

《まずは代用することを考える。》

100円均一ショップなどは便利ですが、優先順位が低いものも買ってしまいがち。

「身の回りのもので代用できないか」と考えるのも方法の一つ。

 

時短節約家くぅちゃんも実践! 今日からマネしたい“節約習慣”

「時短で節約」が人生を豊かにする。

32歳で節約に目覚め、2人の子育てをしながら6年間で1000万円に貯蓄を増やした時短節約家くぅちゃん。

「節約はお金だけでなく、時間の使い方を見直すことにもつながっています」と話します。

以前は夕食作りが面倒で、惣菜を買っては食材をムダにすることも多かったが、1週間分の献立を考えて効率よく作ることで、買い物に行く回数が減少。

節約できた上、家族と過ごす時間も増えたといいます。

さらに夜更かしせず早朝の時間帯に仕事や家事をすることで、電気代も抑えられ、健康や美容にもプラスになってストレスフ リーに。

実際に時間をうまく使えるようになったら自然とお金が貯まってきたといいます。

 

節約というと「我慢」ととらえる人も多いかもしれませんが、くぅちゃんが実践する節約方法はどれも簡単で楽しみながらできるものばかり。

ムダを省き、時間に追われることなく充実した毎日を送れて節約も叶えられるのなら、始めてみない手はないでしょう。

 

まずは、家族で将来のことを話しながら、貯蓄の目標を決めることから始めてみましょう。

 


 

今日からできる!

くぅちゃんにおすすめの節約習慣を聞いてみました。

 夢は大きく! 目標を決める。

  • 家族でお金について話し、近い目標、遠い目標を決める
  • お金を使ったら用途と金額をメモする
  • 年2回貯蓄額をチェックしてモチベーションアップ

まずは支出の把握から。

何にいくら使っているのかが見えると、減らすべきところもわかります。

大きな目標を決めつつ、旅行やライブなど節約の息抜きになる楽しみを味わうことを忘れずに。

 暮らしを整えてムダをなくす。

  • その日の予定を書き出し、効率よく時間を使う
  • 日用品をリスト化してムダな買い置きを減らす
  • 高価でも愛着が湧くものなら長く使えて節約に

急な買い物を思い出して何軒もお店に走ったり、洗濯物を出し忘れて洗濯機を2度回したり・・・。

その日の予定ややるべきことをリストアップすると、ムダがなくなり、効率良く時間を使えてゆとりが生まれるそう。

 健康でいることが一番の近道。

  • 早寝早起きで風邪知らず。家事の効率もアップ!
  • シートパックで保湿命! 将来の美容費を節約
  • 毎食後の歯磨きで将来の治療費いらずに

毎日22時には寝て、朝は5時半起きを実践しているくぅちゃん。

健康であれば、病院代や薬代など余計な出費はゼロ

早寝早起き、歯磨き、パックなど毎日の健康・美容習慣が実は節約にもつながっているとか。

 献立を決めて食材を使い切る。

  • 買うより先に今ある食材から使う
  • 1週間の献立を考えてから食材を買う
  • 定番調味料を組み合わせてオリジナルたれ&つゆを作る

売品をまとめ買いしても使いきれなかったらお金を捨てるのと同

計画的に食材を消費することでフードロス対策にもつながります。

献立を考えるのが大変な時は、曜日ごとにメインのおかずを決めておくのもおすすめ。


いかがでしたか? 

まずは自分自身のタイプを知って、できることから節約してみるといいかもしれないですね♪

こちらの記事では家計の見直し術をご紹介しています。

項目ごとに見直しが必要な人やポイントも紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

【家計見直し術】簡単&効果的に節約する方法をFPが解説!

※掲載内容に誤りや修正などがありましたら、こちらからご連絡いただけると幸いです。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新情報はお電話等で直接取材先へご確認ください。

ふーぽ編集部
writer : ふーぽ編集部

ふくいのことならお任せあれ! グルメ、イベント、おでかけスポットなどなどふくいのいろんな情報をお届けします。

おすすめ情報が届くよ

ふーぽ公式LINEはこちら

Follow us

ふーぽ公式Instagramはこちら

こちらもクリック!情報いろいろ

新着の記事

あわせて読みたい

キーワード検索

おもしろコンテンツを発掘しよう!
過去の読みものをシャッフル表示

人気記事ランキング

人気記事ランキング

ページ上部へ
閉じる

サイト内検索

話題のキーワード

メニュー閉じる