◎7月のごちそうレシピ◎「ふわふわさつま揚げと夏野菜の冷たい蕎麦」

◎7月のごちそうレシピ◎「ふわふわさつま揚げと夏野菜の冷たい蕎麦」

こんにちは。ふーぽ編集部のMKです。

毎月、旬の食材や季節の行事に合わせたレシピをお届けする「ごちそうレシピ」。

今月のレシピは、ふわふわさつま揚げと夏野菜の冷たい蕎麦です。

手づくりさつま揚げは、はんぺんを使うことで時短できちゃいます。ふんわり生地がエビとシイタケのプリプリ食感を包み、絶品ですよ!

□■材料(4人分)■□


・エビ 160g
・はんぺん(白)48g
・ニンジン 20g
・ネギ 30g
・大葉(生地用)6枚
・大葉(飾り用)4枚
・シイタケ(飾り用)適量
・生そば 4人前
・めんつゆ 適量
・大根おろし 適量
・好みの野菜(ナス・シシトウ・シイタケなど) 適量
・ラディッシュ 適量
・プチトマト 適量

【★】

・卵白 1個
・片栗粉 24g
・砂糖 小さじ2
・塩 少々

□■作り方■□

1. エビは殻をむいて背わたを取り、塩水で優しく洗う

2. はんぺん、ニンジン、ネギを2cm角程度に切る

3. エビ半量と大葉、【★】とともにフードプロセッサーにかけ、さつま揚げの生地をつくる

4. 3をボウルに移し、残りのエビをぶつ切りして合わせる

5.
 手のひら大に切ったクッキングシートに厚めに切ったシイタケを並べ、生地、大葉をのせて楕円形に整える

6.
 低温の油でじっくり、キツネ色になるまで揚げる

7.
 タテに切って隠し包丁を入れたナス、シイタケ、シシトウを素揚げする

8. そばを茹で、冷水でしめる

9. そばを器に盛り、素揚げした野菜、さつま揚げを盛り付ける

10. 薄切りして水にさらしたラディッシュやトマトを飾り、めんつゆと大根おろしを添える

◎好みで刻みネギやカツオ節をかけて食べる

 

nishoku
さつま揚げはクッキングシートごと油の中へ入れると、手も汚れず、形も崩れないですよ♪
ひっくり返すときにクッキングシートを取り除きましょう。

 

 

□■レシピ考案・調理■□ 

nishoku(にしょく)

大野市在住。野菜ソムリエの三嶋香代子とナチュラルフードコーディネータの村上洋子によるフードユニット。
「心に美味しく、体を幸せに。」をテーマにレシピを提案。「月刊fu」でレシピ連載中。

※掲載内容に誤りや修正などがありましたら、こちらからご連絡いただけると幸いです。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新情報はお電話等で直接取材先へご確認ください。

MK
writer : MK

「おいしいものしか食べたくない」がテーマ。
主に、ふくいの食べもの、飲みもの、うつわ(職人)について書いてます。ときどき、オシャレもしたくなります。
エジプトと古墳時代、ジブリも好きです。県内のアート情報にも目を光らせています。

こちらもクリック!情報いろいろ

編集部おすすめ

新着の記事

あわせて読みたい

キーワード検索

おもしろコンテンツを発掘しよう!
過去の読みものをシャッフル表示

人気記事ランキング

人気記事ランキング

ページ上部へ
閉じる

サイト内検索

話題のキーワード

メニュー閉じる