◎4月のごちそうレシピ◎「春のおもてなしパスタ」

◎4月のごちそうレシピ◎「春のおもてなしパスタ」

こんにちは。ふーぽ編集部のMKです。

毎月、旬の食材や季節の行事に合わせたレシピをお届けする「ごちそうレシピ」。

今月のレシピは、春のおもてなしパスタです。

食卓に春を知らせてくれる菜の花のオイルパスタは、可憐な桜が隠し味。花を塩漬けした「さくら茶」を昆布茶のように調味料として使います。

ほんのり広がる塩気と桜の香りに、目と舌で春を感じてください。

 

nishoku
菜の花はカリウムや鉄分、ビタミンCなど栄養豊富。

なかでもβーカロテンは油と一緒に摂ると吸収率が上がるので、パスタや炒め物、天ぷらにして食べるのがおすすめです♡

□■材料(4~6人分)■□


・菜の花 1袋
・キャベツ 適量
・エビ 8尾
・マッシュルーム 3個
・ニンニク 1/2片
・鷹の爪 1個
・さくら茶(塩漬け) 適量
・オリーブオイル 適量
・パスタ 400g
・塩コショウ 適量

□■作り方■□

1. エビとマッシュルーム、鮮やかな緑に塩茹でした菜の花2/3と芽キャベツを食べやすい大きさに切る

2. さくら茶の桜をさっと洗って塩を落とし、水気を拭いて細かく切る

3. たっぷりのお湯に塩大さじ1強を入れ、パスタを茹でる

4. フライパンにオリーブオイル大さじ4、みじん切りしたニンニク、鷹の爪を入れて、ゆっくりと弱火で香りを出す。辛いのが苦手ならここで鷹の爪を取り除く

5.
 エビとマッシュルームを炒め、火が通ったら芽キャベツと桜を入れる。菜の花は最後に、さっと加熱する

6. 3のパスタとお玉1杯分の茹で汁を加え、オリーブオイル大さじ4を回しかけ、塩とコショウで味を調える

7. (菜の花ペーストをつくる)塩ゆでした菜の花1/3とオリーブオイル大さじ2~3、塩小さじ1をフードプロセッサーでペースト状にする

 

nishoku
菜の花ペーストはパスタ全体に絡めてジェノベーゼのようにしてもおいしいですよ。

パンにつけたり、肉や魚料理のソースとしても万能です♪

 

 

□■レシピ考案・調理■□

nishoku(にしょく)

大野市在住。野菜ソムリエの三嶋香代子とナチュラルフードコーディネータの村上洋子によるフードユニット。「心に美味しく、体を幸せに。」をテーマにレシピを提案。「月刊fu」でレシピ連載中。

※掲載内容に誤りや修正などがありましたら、こちらからご連絡いただけると幸いです。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新情報はお電話等で直接取材先へご確認ください。

MK
writer : MK

「おいしいものしか食べたくない」がテーマ。
主に、ふくいの食べもの、飲みもの、うつわ(職人)について書いてます。ときどき、オシャレもしたくなります。
エジプトと古墳時代、ジブリも好きです。県内のアート情報にも目を光らせています。

こちらもクリック!情報いろいろ

キーワード検索

おもしろコンテンツを発掘しよう!
過去の読みものをシャッフル表示

人気記事ランキング

人気記事ランキング

ページ上部へ
閉じる

サイト内検索

話題のキーワード

メニュー閉じる