【開催済】木版画に使われる越前手漉き和紙

木版画に使われる越前手漉き和紙

越前は古くからさまざまな種類の紙を漉く産地ですが、その代表とも言えるのが「越前奉書」です。楮(コウゾ)を原料とする、白い肌合いの厚めの和紙です。

奉書は、その優れた風合いや品質から、古くから公家・武家・寺社用の公文書用紙として重用されました。

近代以降は、発色の良さや強靭さ、保存性の高さなどから、木版画用紙として愛用されています。

この展覧会では、代々「奉書」を漉いてきた5つの手漉き和紙工房の代表的な紙と、それらの紙を用いた木版画作品を展示します。

開催日 2020/1/5(日)2020/3/2(月)
開催時刻 9:30~17:00(入館は16:30まで)
開催地

越前和紙の里 卯立の工芸館

住所 福井県越前市新在家町9-21-2
公式サイト

公式サイト(越前和紙の里)

料金 大人200円、高校生以下無料
お問い合わせ 越前和紙の里 卯立の工芸館
0778-43-7800

※掲載内容に誤りや修正などがありましたら、こちらからご連絡いただけると幸いです。

※天候や主催者様の都合により、内容等が変更または開催が中止となる場合がございます。最新情報は公式サイト等でご確認ください。

イベント掲載(無料)の申込はこちらから

こちらもクリック!情報いろいろ

開催日が近いイベント

新着のイベント

あわせて読みたい

お好みの条件でイベントをさがす

条件をチェックしたら下の検索ボタンをクリック

日付をえらぶ
エリアをえらぶ
キーワード検索
ジャンル
こだわり条件

イベント掲載(無料)の申込はこちらから

キーワード検索

おもしろコンテンツを発掘しよう!
過去の読みものをシャッフル表示

人気記事ランキング

人気記事ランキング

ページ上部へ
閉じる

サイト内検索

話題のキーワード

メニュー閉じる