料理人のうちごはんレシピ「技あり! サバの味噌煮」をシェフに教えてもらったよ♪

料理人のうちごはんレシピ「技あり! サバの味噌煮」をシェフに教えてもらったよ♪

こんにちは、ふーぽ編集部です。

毎日おうちごはんを考えるのって大変ですよね。
たまにはいつものレパートリーとは違う一皿を作ってみませんか?

福井県内の料理人たちに、家庭で手軽に作れる一皿を教えてもらう、「料理人のうちごはんレシピ」のコーナーです。

今回は、福井県福井市にある「群青」のシェフに、「技あり! サバの味噌煮」の作り方を教えていただきました! 

市場の名店に教わる、20分でできる和食の定番!
脂がのった秋サバを甘辛く煮つけて、ごはんと一緒にほおばれば、幸せな気持ちになること間違いなしですよ♪

\今回教えてくれた料理人/
群青
米田 順一 
さん
新鮮な魚の旨みを引き出す、シンプルかつ丁寧な仕事が活きる。鷹巣定置網での朝獲れの刺身定食や、かじきのソースかつ丼が人気。

 

技あり! サバの味噌煮

材料(4人分)

・サバ切身(冷凍) 400g
・水 200ml
・酒 60ml
・白ネギ 1/2本
・ショウガ 1片

〈合わせ味噌〉
・白味噌 40g
・赤味噌 20g
・砂糖 30g

 

作り方

 

鍋に水、酒、サバの切り身、千切りにしたショウガ半量を入れ、強火で火にかける(※1)。アクを丁寧に取り除き、斜めに薄切りした白ネギを入れる。

 

米田さん
【POINT】(※1)
生サバは沸騰してから、冷凍は解凍せずに水の状態から入れましょう。
皮がはがれないよう、皮面を上にして重ねずに入れるのが美しく仕上げるコツです。

 

 

サバに火が通ったところで、適量の水(分量外)でしっかり溶いた〈合わせ味噌〉を加える。

 

フツフツとしてきたら弱火から中火に落とし、サバに煮汁を回しかけながら10~15分煮込む。(※2)

 

米田さん
【POINT】(※2)
煮込んでいる間、時々サバに煮汁を回しかけてください。
煮汁につかっていない表面まで、しっかり味が染み込みますよ。
 

 

一旦、火から外して鍋にフタをし、粗熱をとる(※3)。鍋に触れる程度に冷めたら、中火にかけ、煮汁にとろみが付けば完成。

 

米田さん
【POINT】(※3)
煮込み終わったら一度冷ますのがポイント!
冷める間にぐっと味わいが深まります。
冷めるまで待って、再度火にかけて仕上げましょう。
 

 

サバを皿に盛り付けて上から煮汁をかけ、残りの千切りショウガをあしらう。

 

群青

福井県福井市大和田1-101 福井市中央卸売市場
☎0776-54-5335
【営】9:30〜14:30
【休】水曜、日曜
※テイクアウトあり
Facebook

※掲載内容に誤りや修正などがありましたら、こちらからご連絡いただけると幸いです。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新情報はお電話等で直接取材先へご確認ください。

ふーぽ編集部
writer : ふーぽ編集部

ふくいのことならお任せあれ! グルメ、イベント、おでかけスポットなどなどふくいのいろんな情報をお届けします。

LINEにおすすめ情報が届くよ

Twitter

こちらもクリック!情報いろいろ

新着の記事

あわせて読みたい

キーワード検索

おもしろコンテンツを発掘しよう!
過去の読みものをシャッフル表示

人気記事ランキング

人気記事ランキング

ページ上部へ
閉じる

サイト内検索

話題のキーワード

メニュー閉じる