鯖江市の人気プリン製造工房「メゾン・ド・レトワール」に潜入! 愛されプリンができる工程を見せてもらったよ。

鯖江市の人気プリン製造工房「メゾン・ド・レトワール」に潜入! 愛されプリンができる工程を見せてもらったよ。

こんにちは、ふーぽ編集部です。

福井県内でも、さまざまなお店でこだわりのプリンが作られていますよね。

今回は、鯖江市にある県内外で人気のプリン専門店の「メゾン・ド・レトワール」のアトリエにおじゃまして、製造工程を見せてもらいました。

最後の一口までおいしいプリンを目指して。

蒸し上がったプリンがずらり。多い日は1日に1,000個以上作ることも


ずらりと並んだできたてのプリンに思わず笑みがこぼれる、鯖江市のプリン専門店「メゾン・ド・レトワール」の製造工房。

かつて「サバエ・シティーホテル」内にあった同店は、「幅広い世代の人が食べられるスイーツを」という想いからプリン作りをスタートしました。

当初は4種のみでしたが、店舗を移した今では年間36種を販売しています。

たっぷりの卵黄と全卵を溶き、温めた牛乳と生クリームを少しずつ加える 

大きなボウルいっぱいのプリン液を丁寧に裏ごし。この作業がなめらかさの決め手に 

すべて7人の女性スタッフが手作り。

「女性目線で“笑顔あふれるおいしいプリンを目指しています」と店長の髙田志穂さんは話します。

後味が良いか、胸焼けしないか、飽きずに 食べられるかなど、作っては試食を重ねて意見を出し合うのだといいます。

ラップと巻きすをかけて、25分間蒸す

蒸し上がったプリンを冷やしたら、ゼリー状のカラメルを注ぐ

看板商品は昔懐かしい硬め食感で卵の風味が濃厚な「20世紀プリン」税込334円と、クリーミーでなめらか食感の「21世紀プリン」税込367円。

ほかにも福井梅やとみつ金時など、福井の食材を使った商品が並びます。

食材に合わせて硬さや味わいはバラエティに富んでいて、専門店のこだわりぶりに驚きます。

素材のおいしさを感じられる優しい甘さは、日常に華を添えてくれそうです。

スタンダードなプリンのほか、福井梅を使った「福井UMe-Naプリン」税込345円や期間限定の「とみつ金時しあわせプリン」税込345円も人気

メゾン・ド・レトワール

福井県鯖江市桜町2-6-12
☎︎0778-43-6117
【営】9:30~18:00 日祝は~17:00
【休】不定休
Instagram

 



いかがでしたか? 

日頃なかなか目にすることが出来ない製造過程はとても興味深いですよね。

美味しいプリンを食べられるのも、こうした試行錯誤あってこそなんですね♪

 

※掲載内容に誤りや修正などがありましたら、こちらからご連絡いただけると幸いです。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新情報はお電話等で直接取材先へご確認ください。

ふーぽ編集部
writer : ふーぽ編集部

ふくいのことならお任せあれ! グルメ、イベント、おでかけスポットなどなどふくいのいろんな情報をお届けします。

おすすめ情報が届くよ

ふーぽ公式LINEはこちら

Follow us

ふーぽ公式Instagramはこちら

こちらもクリック!情報いろいろ

キーワード検索

必見!ふーぽイチオシ情報PR

おもしろコンテンツを発掘しよう!
過去の読みものをシャッフル表示

人気記事ランキング

人気記事ランキング

ページ上部へ
閉じる

サイト内検索

話題のキーワード

メニュー閉じる