艶やかな花街の余韻を残す勝山市の「おちゃのま民泊 みっけ」。家族連れでも泊まれる広々とした和の空間が素敵です。

艶やかな花街の余韻を残す勝山市の「おちゃのま民泊 みっけ」。家族連れでも泊まれる広々とした和の空間が素敵です。

こんにちは、ふーぽ編集部の雪森です。

古民家を一棟貸切って泊まる、そんなスペシャルな体験を一度してみたいと思いませんか?

勝山市にある「おちゃのま民泊 みっけ」は、一棟貸しのゲストハウス。

元遊郭の建物を3年かけてリノベーションし、2021年にオープンしました。

明治時代には料亭や貸席、遊郭が立ち並び、勝山唯一の花街として栄えた河原町通りに立つ、「おちゃのま民泊 みっけ」

今もわずかにその名残りをとどめる木造建築物が、昔の栄華を静かに伝えています。

 

中に入ると広々とした土間と囲炉裏がお出迎え。

しっとりと落ち着いた和の空間が、心を和ませてくれます。

囲炉裏端では、魚を焼いたり、かまどでごはんを炊いたりと炊事も自由にでき、オプションではそば打ちや餅つき体験もできます。

 

「便利過ぎず、不便過ぎず」がコンセプト。

奥にはシステムキッチンや洋式のお手洗いを完備する一方、お風呂はドラム缶に貯めた水を薪で沸かすスタイル

楽しみながら昔の暮らしを味わえます。

ちなみに宿泊時は家主が在宅しているので、風呂焚きはサポートしてもらえますよ♪

 

2階へ上がる階段は、飴色になった手すりがクラシカルな風情を醸しています。

 

2階は襖を取れば28畳の大座敷になり、大人数での宿泊も可能

よく見ると、べんがら塗りの柱拭き漆の天井板など、艶やかな意匠がそのまま残されています。

窓を開けるとすぐそばに立つ桜の木が顔を出し、美しい借景を描いています。

 

「昔の建築技術は貴重な文化遺産。これからは古いものを壊さずに、修繕して残していく時代だと思います」と家主で建築士の石津貴綱(いしづたかつな)さんは話してくれました。

 

残された空間を暮らすように使い、愛でて楽しむ。

そうすることで、積み重ねた歴史が、未来につながっていきます。

古民家ならではのミニマムで情趣溢れる暮らし方は、ぜひ泊まって体感してみてくださいね。

おちゃのま民泊 みっけ

福井県勝山市本町1-7-21
【¥】宿泊料金27,500円(5名まで、6名以上は1名5,750円~)
※一日一組限定
※予約は宿泊日の一週間前まで。メールochanomamikke@road.ocn.ne.jpで受付。
ホームページ
Instagram

※掲載内容に誤りや修正などがありましたら、こちらからご連絡いただけると幸いです。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新情報はお電話等で直接取材先へご確認ください。

ふーぽ編集部
writer : ふーぽ編集部

ふくいのことならお任せあれ! グルメ、イベント、おでかけスポットなどなどふくいのいろんな情報をお届けします。

LINEにおすすめ情報が届くよ

Twitter

こちらもクリック!情報いろいろ

キーワード検索

必見!ふーぽイチオシ情報PR

おもしろコンテンツを発掘しよう!
過去の読みものをシャッフル表示

人気記事ランキング

人気記事ランキング

ページ上部へ
閉じる

サイト内検索

話題のキーワード

メニュー閉じる