塩づくり体験やおむすびランチを楽しめる! 越前海岸ドライブの途中に、志野製塩所へ立ち寄ってみよう。

塩づくり体験やおむすびランチを楽しめる! 越前海岸ドライブの途中に、志野製塩所へ立ち寄ってみよう。

こんにちは、ふーぽ編集部のばんのです。

2020年も残すところあとわずかですね。

この夏はお出かけを控えていて海に行けなかった~という皆さん、思い出作りに冬の越前海岸を訪れてみませんか

今回は、越前海岸ドライブ中の立ち寄りスポットとしてオススメの、福井市鮎川町の海沿いに建つ「越前海岸 志野製塩所」をご紹介していきます!

 

志野製塩所は、雄島、亀島、鉾島の3つの島が見渡せる絶景の場所に位置しています。

“百笑(ひゃくしょう)”の志野さんが、元々工場だった建物を改修し、塩焚きのかまどを手作りして、目の前の岩場から汲み上げた海水で塩を作っています

≫志野さんについてはこちらのふーぽ記事をチェック

 

製塩所の中はこんな感じ! 写真左の方に写っているのが塩焚きのかまどです。

 

かまどの火をおこす燃料には、廃材や山の間伐材を活用。

途中で灰汁などを取り除きながら、3日間ほどかけて焚いていきます。

 

手間暇をかけ昔ながらの手法で作られる「越前海岸 百笑(しゃくしょう)の塩」は、少し粗目でしっとりしていて、まろやかな塩気の中にやさしい甘みが感じられます。

 

製塩所では、事前予約制で塩づくり体験ができますよ。

コンロで海水を焚いている間にパッケージを手作りして、そのまま持ち帰り。

液体からだんだんと塩に変化していく様子が面白い! 子どもたちも楽しめること間違いなしです。

1人2,000円で、3名から受け付けています

 

こちら普段は製塩所ですが、土日の11:00~17:00頃限定で、「ヒトモノコトを伝え繋ぐ商店 しの屋」としてオープンしているんです。

製塩所横の素敵なショップコーナーには、お塩をはじめ、採れたて卵や農産物、地元の人たち手作りの雑貨などが並びます。

 

「越前海岸 百笑の塩」は一袋500円。「結晶塩」などの希少なお塩が手に入ることもあります。

 

 

しの屋ではご飯もいただけますよ♪ 自家栽培米の塩むすびの他、カレーやおでんなど、どんな料理を味わえるかはその日のお楽しみ。

時には様々なお店が出店することもあります。

 

ショップの奥にある階段をのぼると、木の温もりを感じるのんびりスペースが。

志野さんから越前海岸のオススメスポットを聞いたり、居合わせた人たちとおしゃべりしたりと、心癒やされるひとときを過ごせます。

 

そしてこれから1月にかけては、越前海岸のあちこちで越前水仙が見頃になりますよ。

しっかり寒さ対策をして、冬の海沿いドライブを楽しんでくださいね~。

 

越前海岸 志野製塩所

福井市鮎川町133-1-1
☎070-3630-1920
土日のみ営業
Instagram

※掲載内容に誤りや修正などがありましたら、こちらからご連絡いただけると幸いです。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新情報はお電話等で直接取材先へご確認ください。

ばんの
writer : ばんの

メイドインフクイのものづくり、まちあるき、ふらっと行く旅、もふもふした生きものが好き。道ばたで猫に出会えると幸せ。
福井県内と近県をうろうろし、ピン!ときたものごとをご紹介します。

LINEにおすすめ情報が届くよ

Twitter

こちらもクリック!情報いろいろ

新着の記事

あわせて読みたい

キーワード検索

おもしろコンテンツを発掘しよう!
過去の読みものをシャッフル表示

人気記事ランキング

人気記事ランキング

ページ上部へ
閉じる

サイト内検索

話題のキーワード

メニュー閉じる