越前市三大グルメの愛好団体がついに出揃った! 新たに「越前市おろしそば好上委員会」ができたそう。

越前市三大グルメの愛好団体がついに出揃った! 新たに「越前市おろしそば好上委員会」ができたそう。

こんにちは、ふーぽ編集部です。

みなさん、福井県越前市の三大グルメってご存じですか?

 

それは「ボルガライス」「中華そば」「越前おろしそば」の3品。

 

この中で実は、「ボルガライス」、「中華そば」にあって「越前おろしそば」にだけ無いものがあったんです。

 

それが何かというと、地元有志による愛好団体

それがなんと!ついに!満を持して!

2021年3月に「越前おろしそば」の愛好団体が発足したということなので、ご紹介します。

すでにご存じの方も多いかと思いますが、改めて「越前市三大グルメ」の地元愛好団体を紹介いたします。

 

まずは、ボルガライス

オムライスの上にカツを乗せ、さらにその上から特製のソースをかけた名物メニューです。

 

こちらを愛する地元団体の名前は「日本ボルガラー協会」

【⇒公式サイトはこちら

つづいて中華そば

透き通ったスープが特徴で、昔ながらの素朴な味わいです。

 

こちらの愛好団体が「温盛一杯(ぬくもりいっぱい)中華Men's」。

【⇒公式サイトはこちら

 

そして、2021年3月に発足した「越前おろしそば」の愛好団体が越前市おろしそば好上(こうじょう)委員会です。

 

ちなみに、「ダシ汁に大根おろしを入れて食べる」という400年の歴史を持つこのスタイル。

実は、発祥の地は越前市なんです。

 

\おろしそばの発祥エピソードはこちらから/

越前市にある”越前そば”発祥の老舗「うるしや」。20年の時を経て、復活に至った歴史とものがたり。

 

発足メンバーは、越前市高瀬にある越前めん処「江戸屋」の栗塚明さんら市内の店主と愛好家の8人。

 

おろしそばについては「店もそば好きもそれぞれこだわりが強く、統一した愛好団体をつくるのが難しかった」と栗塚さん。

今後は越前市産のそば粉を使ったおろしそばの魅力発信に向け、店舗やそば打ち愛好家と活動の輪を広げていくそう。

「福井県PRモデル岡崎星さんにもメンバーとして加わって頂き、越前市産蕎麦のPRに取り組んでいきます!」とお話しいただきました。

 

 

その活動のスタートとなるのが、2021年3月に新しくなった越前市役所のこけら落とし。

2021年4月18日(日)に越前市庁舎前広場で開かれる新庁舎グランドオープン記念イベントで販売イベントを開催するんですって。


しかもこちらでは越前おろしそばだけでなく、ボルガライスホットドッグなどのグルメブースや、OSK日本歌劇団ミニレビューなど様々なイベントも行われるそう。

【⇒詳しいイベント内容はこちらから

※4月18日(日)開催のイベントは新型コロナウイルスの感染拡大状況を考慮し、中止が決定となりました。

 

 

最後に、団体からイベントに向けてのコメントをいただきました。

「4月18日(日)に開催される越前市役所の新庁舎グランドオープン記念イベントに出店します。

そこでは、市内でお店を構える3店舗が協働し越前市産蕎麦粉を使った生蕎麦の販売を行います。

お持ち帰りできますのでぜひお気軽に越前市産の蕎麦を楽しんで頂ければと思います」


「こだわりの越前おろしそばを食べたい」という方。
「越前おろしそば好上委員会を応援したい!」という方は、おでかけしてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

\ 福井の蕎麦をもっと知るには! /

ふくい そばOnlineをチェック!! 
福井の蕎麦をPRするウェブサイト「ふくい そばOnline」
福井の蕎麦の歴史やおいしさの秘密、さらには県内の蕎麦店とそこで味わえる個性的なメニューを掲載中。
ふくい そばOnline

※掲載内容に誤りや修正などがありましたら、こちらからご連絡いただけると幸いです。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新情報はお電話等で直接取材先へご確認ください。

ふーぽ編集部
writer : ふーぽ編集部

ふくいのことならお任せあれ! グルメ、イベント、おでかけスポットなどなどふくいのいろんな情報をお届けします。

LINEにおすすめ情報が届くよ

Twitter

こちらもクリック!情報いろいろ

新着の記事

あわせて読みたい

キーワード検索

おもしろコンテンツを発掘しよう!
過去の読みものをシャッフル表示

人気記事ランキング

人気記事ランキング

ページ上部へ
閉じる

サイト内検索

話題のキーワード

メニュー閉じる