◎5月のごちそうレシピ◎「生わかめとサーモンの生春巻き風」

◎5月のごちそうレシピ◎「生わかめとサーモンの生春巻き風」

こんにちは。ふーぽ編集部のMKです。

毎月、旬の食材や季節の行事に合わせたレシピをお届けする「ごちそうレシピ」。

今月のレシピは、生わかめとサーモンの生春巻き風です。

青葉若葉が美しく、初夏の様子が色濃くなる5月。
生わかめが旬を迎えます。

この時季だけの鮮やかな緑と弾力のあるシャキッとした食感を楽しんで。

4~6月が旬の“ふくいサーモン”と一緒に生春巻き風にしていただきます。

 

nishoku
新玉ネギやアスパラ、カブなど野菜をたっぷり巻いてヘルシーに仕上げます♡
 

 

□■材料(2~3人分)■□


・生わかめ 100g
・スモークサーモン 6切れ
・新玉ネギ 小1/2個
・アスパラ 6本
・オリーブオイル 小さじ2
・カブ 1個
・塩 適量
・粗挽きコショウ 適量
・レモン 適量
・フライドガーリック 適量

《ドレッシング》
・オリーブオイル 大さじ3
・酢 大さじ4
・レモン汁 小さじ1
・砂糖 小さじ1
・塩 小さじ1/2
・黒コショウ 適量
・パセリ 適量

□■作り方■□

1. わかめを流水で洗い、葉の部分と茎を分け、葉の部分を食べやすい大きさに切る。さっと茹でて色が変わったら冷水につける。キッチンペーパーで水気を切り、醤油小さじ1(分量外)をかける

2. カブは薄くスライスし、少量の塩でもみこんで汁気を切る

3.
 塩茹でしたアスパラと薄くスライスした玉ネギを、オリーブオイルと塩・粗挽きコショウに漬ける

4. 1~3をサーモンで巻く

 Point  サーモンが小さければ、数枚を並べて5cm幅程度にして使用する

5.ドレッシングの材料をすべて混ぜ合わせ、器に盛りつけた4にかける。好みでスライスしたレモン、フライドガーリックを添える

 

nishoku
生わかめは茹ですぎると色が悪くなるので、さっと湯に通す程度でOK♪

下処理がすんだものは冷凍保存できますよ。

 

次回、6月のごちそうは、
初夏のフレッシュタコス」です。


お楽しみに~!

連載のバックナンバーはこちら

□■レシピ考案・調理■□

nishoku(にしょく)

大野市在住。野菜ソムリエの三嶋香代子とナチュラルフードコーディネータの村上洋子によるフードユニット。「心に美味しく、体を幸せに。」をテーマにレシピを提案。「月刊fu」でレシピ連載中。

※掲載内容に誤りや修正などがありましたら、こちらからご連絡いただけると幸いです。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新情報はお電話等で直接取材先へご確認ください。

MK
writer : MK

「おいしいものしか食べたくない」がテーマ。
主に、ふくいの食べもの、飲みもの、うつわ(職人)について書いてます。ときどき、オシャレもしたくなります。
エジプトと古墳時代、ジブリも好きです。県内のアート情報にも目を光らせています。

LINEにおすすめ情報が届くよ

Twitter

こちらもクリック!情報いろいろ

新着の記事

あわせて読みたい

キーワード検索

おもしろコンテンツを発掘しよう!
過去の読みものをシャッフル表示

人気記事ランキング

人気記事ランキング

ページ上部へ
閉じる

サイト内検索

話題のキーワード

メニュー閉じる