今年2019年、明智神社での命日法要は大盛況! 明智光秀公のモテモテっぷりがすごかった!【ちょいネタ】

今年2019年、明智神社での命日法要は大盛況! 明智光秀公のモテモテっぷりがすごかった!【ちょいネタ】

こんにちは、ふーぽ編集部のじんです。

みなさん!! きょう6月13日はなんの日か知っていますか?


そう、戦国武将・明智光秀公の命日ですよね。(※旧暦です)

毎年この日、
福井県福井市東大味にある光秀を祀った明智神社では、命日法要が営まれています。



明智神社についての詳細はこちら↓
【⇒ ふーぽ記事「福井の明智光秀神社に眠るお宝とは?!」】


こちらも明智神社関連の記事↓
【⇒ ふーぽ記事「名雑誌『歴史人』とふーぽがコラボ?!」】


来年2020年のNHK大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」は明智光秀公が主人公とあって、このところ同神社への参拝客が増えているそう。

ということでまさに本日、明智神社で開かれた光秀公の命日法要にお参りしてきましたよ。

おなじみの看板。

普段はこのすぐ横の公民館に車を停めるのですが・・・



いっぱいですね。。



なんと近くの路上にまで車がズラリ。交通整理の係の人までおります。

何が起こっているんだ・・・?


昨年と様子が違います。

あ、田舎道なので駐車禁止の標識はないようです。


おおっと。


盛況だった昨年よりも、さらに参拝客が増えている!


昨年の法要の様子はコチラ↓
【⇒ ふーぽ記事「福井の明智光秀神社に眠るお宝とは?!」】

 

もともとこじんまりとしている神社の境内地からはみ出るほどイスが並べられております。

ざっと数えたところ80人以上は参列されていたようです。芳名帳によると、県外から来られていた方もちらほら。


テレビや新聞などのメディアの取材も増えていました。


今年は法要以外にも、地域の皆さんでつくる福井市明智神社奉賛会のメンバーによるおもてなしイベントがいろいろありました。

写真右は、明智光秀とこの東大味地域との関わりの歴史を参拝者に説明する奉賛会の会員さん。

「大河ドラマの中で、ぜひとも光秀公の越前での暮らしぶりが描かれるよう、役場の皆さん、働きかけをお願いします!

と訴えかけ、会場を沸かせていました。


奉賛会の皆さんから参拝者へ、水まんじゅうとお茶の嬉しいふるまいをいただいたのですが・・・


おおっと、これは!!!


みなさん、わかりますか??



水まんじゅうをのせた紙皿にあしらわれている文様は、明智家の桔梗紋ですよ!!

しかも、色紙を切り抜いて作った桔梗紋を一枚一枚の紙皿に手作業で張ってある。


このおもてなし精神!! 


個人的には、この水色の桔梗紋にグッと来ました。


本能寺の変の際、織田信長に仕えていた森蘭丸が、寺を取り囲んだ旗を見て

旗印は水色桔梗! 光秀殿の謀反でございまする」

と叫び、それを聞いた信長が、

是非に及ばず

と応えたというのは、有名な話。

名言ですね、「是非に及ばず」。
私も日常生活の中で使おうとしていますが、なかなか機会がありません。


ちなみに本来の明智の旗は、水色地に桔梗紋を白抜きしたデザインです。

地域の人たちの宝である「あけっつぁま」の木像にも、1年ぶりの御開帳でお参りできました。


木像についての詳細はこちら↓
【⇒ ふーぽ記事『福井の明智光秀神社に眠るお宝とは?!』】



黒いお姿が「あけっつぁま」ですが、ではその前の白木の像はなんなのか?


その秘密はここでは書けないので、ぜひ神社を訪れて地元の皆さんにお聞きください。

法要終了後、地元の参拝客の皆さんが「あけっつぁま」の元に詰め掛けていました。


拝む人、スマホで写真を撮る人。
あけっつぁま、まるでローカルアイドル並みのモテっぷりです!!


光秀公が、いかに地元の人たちに慕われているかがよくわかりますね。


明智神社奉賛会の会長が締めのあいさつの中でおっしゃっていました。


「NHK大河ドラマのおかげで、今日に限らず普段から多くの人がお参りいただくようになってうれしい。
だけど、私たちはこの神社をただにぎやかな観光名所にするつもりはありません。
私たちの身の丈に合ったやり方で、参拝に来た人をもてなし、光秀公のご遺徳をこれからも偲んでいきたいです



沁みました。

地域の皆さんの思いがよく伝わります。

ということで、今年2019年の明智神社の光秀公命日法要は大盛況でした。


「あけっつぁま」の御開帳は年一回のこの日だけですが、普段の日も参拝は自由です。

ぜひ皆さま、福井県福井市東大味にある明智神社へ足を運んでみてくださいね。


神社への地図など詳しい情報はこちら↓
【⇒ ふーぽ記事『福井の明智光秀神社に眠るお宝とは?!』】

 

あ、そうそう、大河ドラマ「麒麟がくる」の放送直前。今年の10月13日(日)には、明智神社を中心としたこの東大味町一帯で、地元の人たちが中心となって光秀公を顕彰するイベントを大々的に開くそうです。


そちらの詳しい内容も、分かり次第「ふーぽ」でお知らせしていきますね。

※掲載内容に誤りや修正などがありましたら、こちらからご連絡いただけると幸いです。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新情報はお電話等で直接取材先へご確認ください。

じん
writer : じん

雑食系フィールドワーカーにしてアームチェアディテクティブ。なんつって。

サブからメインまでカルチャー全般、ノンジャンルあれこれを事務所NGなしで書き散らかしますよ。

こちらもクリック!情報いろいろ

編集部おすすめ

新着の記事

あわせて読みたい

キーワード検索

おもしろコンテンツを発掘しよう!
過去の読みものをシャッフル表示

人気記事ランキング

人気記事ランキング

ページ上部へ
閉じる

サイト内検索

話題のキーワード

メニュー閉じる