【連載】教えて Aya先生♡ 親子で楽しむちょこっと英会話 ~ snack time ~

【連載】教えて Aya先生♡ 親子で楽しむちょこっと英会話 ~ snack time ~

こんにちは、ふーぽ編集部です♪

福井県内の各小学校では、英語の授業が活発に行われていますね。

だけど、「うちの子ついていけるかしら? 英語嫌いになって欲しくないな」そう思っているママたちも多いのでは?

このコーナーでは、「誰でも・いつでも・楽しく」日常に英語を取り入れて、英会話を楽しめるよう、シチュエーション別に親子の簡単なやり取りをご紹介いたします。

少しぐらい間違えても全然大丈夫! ぜひ毎日、親子で楽しんでみてくださいね!

今回のシチュエーションは「snack time(おやつの時間)」です。

最後には、Aya先生の講座情報も載ってます! 「英語って楽しいんだな」って思える教室がたくさん☆ 気になった方はぜひ参加してみてくださいね♪

\教えてくれる先生/


Aya先生
福井県在住。ママと子どものための英語講座「*Nano-English*」代表講師。
「日々の育児に“英語のスパイス”を振りかけ、『ママと子どものちょこっとシアワセ時間』を生んでほしい」と、0歳からの親子英語講座やイベントで、英語を楽しむ子を育むために、ママがお家でできることをレクチャーしている。筑波大学第二学群日本語日本文化学類卒。二児の母。

ホームページ:http://nano-english.com/
ブログ:https://ameblo.jp/petitmoon/

Scene01.今日のおやつは?


 

子ども
What’s for snack today? (今日のおやつは何~?)
 
 

ママ
You have some chocolates on the table. (テーブルの上にチョコレートがあるよ。)
 
 

★このフレーズのワンポイント★

《 You have~. 》

 “~がある”は、中学校で“There is / There are”を使うと習った記憶がありませんか?

もちろん、それでもOKですが、英語では”~がある“という時にこのように”have”を用いて表すことが多いです。

 

Scene02.何の気分?


 

子ども
I don’t feel like chocolates. (チョコレートの気分じゃないよ。)
 
 

ママ
Then, what do you feel like? (じゃあ、何の気分?)
 
 
子ども
Something salty. (何かしょっぱいもの。)
 
 

★このフレーズのワンポイント★

《 I feel like~. 》

「~の気分(だ)」は“feel like~”で、日常会話でよく使われる表現です。
例えば、「今日はイタリアン(が食べたい)の気分」だと”I feel like Italian (food).” になります。


《 Something~. 》

また、Something 〇〇は、「何か〇〇なもの(こと)」という意味で幅広く使えるので覚えておくと便利ですよ!
例えば・・・Something blue(何か青いもの), Something good(何かよいもの・こと)など。

 

Scene03.のどが渇いた。


 

子ども
I’m thirsty, Mom. (のど渇いた。)
 
 

ママ
What would you like to drink? (何飲む?)
 
 
子ども
Tea, please. (お茶ちょうだい。)
 
 

★このフレーズのワンポイント★

《 ~, please. 》

親子間であっても、“please!”を付けることは大事。

もしも、子どもがplease を付けずに何かを要求してきたら、ママは”What’s the magic word?”(魔法の言葉は何かな?)と言って、pleaseを促します。

親しい間柄でもpleaseを付けてお願いするのがマナーですね。

 

※掲載内容に誤りや修正などがありましたら、こちらからご連絡いただけると幸いです。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新情報はお電話等で直接取材先へご確認ください。

ふーぽ編集部
writer : ふーぽ編集部

ふくいのことならお任せあれ! グルメ、イベント、おでかけスポットなどなどふくいのいろんな情報をお届けします。

こちらもクリック!情報いろいろ

編集部おすすめ

新着の記事

あわせて読みたい

キーワード検索

おもしろコンテンツを発掘しよう!
過去の読みものをシャッフル表示

人気記事ランキング

人気記事ランキング

ページ上部へ
閉じる

サイト内検索

話題のキーワード

メニュー閉じる