お気に入りの本とコーヒーでスローなひとときを。 福井市駅前に素敵な本のセレクトショップ「わおん書房」がオープンしました。

お気に入りの本とコーヒーでスローなひとときを。 福井市駅前に素敵な本のセレクトショップ「わおん書房」がオープンしました。

こんにちは、ふーぽ編集部の雪森です。

カフェやセレクトショップなど、個性的なお店が並ぶ福井駅前

そんなまちのど真ん中に、素敵な本屋さんがオープンしました。

その名も「わおん書房」

ガラス扉に白字で書かれた手書き風のロゴが目印です。

 

扉をあけると、壁一面にあつらえられた本棚がお出迎え。

ずらりと並んでいるのは、「岩波少年文庫」ではないですか。懐かしい!

小学生の頃に図書室で夢中で読みふけった記憶がよみがえりました。

ぐっと上がるテンションを必死にこらえながら、店内に入ると・・・

まるで外国の本屋さんのような、格好よさ!

奥行きの深い20坪ほどのスペースの両壁には木の棚が、中央にはテーブルがあつらえられています。

天井から下がる照明もスタイリッシュ。

すっきりと心地よく、落ち着く雰囲気です。

店内のあちらこちらには、こんなディスプレイも。
ギャラリーのようで、素敵な雰囲気です。

「児童書とアート本がメインなんです」と店主の廣部貴子さん。

なるほど、本棚には絵本やカラフルな装丁の児童書、美しい表紙の画集や詩集が並んでいます。

時代やジャンルも割と幅広く、老若男女問わず楽しめそう。

本棚をじっくりと眺めてみると・・・・
一つ一つ丁寧に選び抜かれたのであろう秀逸なラインナップに、雪森、軽くめまいがしました。

そう、ここは本のセレクトショップ
福井には(たぶん)今までなかったスタイルの書店なのです。

東京から福井に帰郷したときに(福井には文化の拠点となる場所が少ないな)と感じた廣部さん。
そんな場所を作ってみようと思ったのが、本屋を開くきっかけとなったそうです。

本屋を開くにあたり、市内の書店に勤務して‟修行”をしつつ、全国のいろんな本屋を見て歩き、少しずつお店のイメージを膨らませていったのだとか。

欲しい本はたいがいオンラインで買うことができる今だからこそ、
本を手に取り、時間をかけて選ぶ、という行為が何だか新鮮に感じます。

装丁のデザインや、サイズ、紙の質感にも自然と目に留まるように。

「本自体が佇まいのある美しいもの。モノとしての価値に目を向けていただけたら」。
との廣部さんの言葉に、なんだかハッと心を打たれたのでした。

書店では所狭しと並べられ、背表紙しか見えないような本も、ここでは一冊一冊が主役のようです。

奥のスペースにあったのは、大きな木のテーブルと椅子。

こちらはドリップコーヒー(400円)を飲める、カフェスペースなのだそう。

「コーヒーをご注文いただければ、購入した本や、ご自宅から持ち込まれた本をこちらで読まれてもいいんですよ」と廣部さん。

(ほ、ほんとですか!?)

コーヒーを飲みに来店するのも構わないそう。カフェとして利用ができるのも嬉しいですね。


今後はここで、ワークショップやイベントを開催することも考えているそうで、こちらも楽しみです。

駅前での買い物の合い間や仕事帰り、一人で静かに過ごしたい時に訪れるのにぴったり。

ぜひ「わおん書房」で素敵な本との出合いを楽しんでみてください。

わおん書房

福井県福井市中央1-14-9堀江ビル1F
【TEL】0776・43・6117
【営】11:00~19:00
【休】火・水曜

waon-books.com

※掲載内容に誤りや修正などがありましたら、こちらからご連絡いただけると幸いです。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新情報はお電話等で直接取材先へご確認ください。

雪森
writer : 雪森

神出鬼没に福井の「あら、すてき」「これ、いいんじゃない?」スポットをすり抜けます。過敏なジャンルはファッション、バブリーな人やモノ、昭和の残り香、フランス、からだによいこと系。
いつか、ふーぽ海外取材をしたいともくろんでいます。

こちらもクリック!情報いろいろ

キーワード検索

おもしろコンテンツを発掘しよう!
過去の読みものをシャッフル表示

人気記事ランキング

人気記事ランキング

ページ上部へ
閉じる

サイト内検索

話題のキーワード

メニュー閉じる