あなたにぴったりな手帳は何タイプ?2020年を効率よく楽しく過ごせる、手帳選びをガイドします。

あなたにぴったりな手帳は何タイプ?2020年を効率よく楽しく過ごせる、手帳選びをガイドします。

こんにちは、ふーぽ編集部の雪森です。

今年も残すところあとわずかとなりました。


新しい年を迎えるにあたり、2020年の手帳の準備はお済みですか?

文具コーナーに並ぶ数多くの手帳を目にして、目移りしたまま選べなくなってしまう方も多いのではないでしょうか。


手帳のフォーマットにはいくつかのパターンがあるので、自分のライフスタイルや目的にフィットするものを選ぶことがおすすめです。

サイズや紙の質感など、好みももちろん大切ですが、まずは自分の目的と、それに見合った手帳のタイプを見つけてみましょう。


まずは下の項目からあてはまるものをチェック!

時間管理をしたい

□ 仕事・勉強などで日々忙しく、自由な時間が少ない
□ 毎週スケジュールが決まっていることが多い
□ シフト管理をしたい

そんな売れっ子なあなたにぴったりなのは・・・

バーチカルタイプ

ヨコ軸が日付、タテ軸が時間軸のフォーマット。

時間を枠でとらえられるので、スキマ時間を見つけられます。時間を有効に使いたいビジネスパーソン向け。

 


 

メモや日記も同時に書きたい

仕事のタスクやメモを書くことが多い
日記で一日を振り返りたい
仕事もプライベートも俯瞰して見たい

そんなパワフル欲張りさんにぴったりなのは・・・

ウィークリーレフトタイプ

左に一週間分の時間軸、右がメモ欄になっていて、日々の予定管理とメモが同時に記入できる

仕事もプライベートも楽しみたい人向け。

 


 

身軽に持ち運びたい

手帳初心者
日々の予定は流動的
薄くて軽い手帳が一番

そんなスナフキンなあなたにぴったりなのは・・・

マンスリータイプ

見開きで一か月が俯瞰できるカレンダー式。

ページ数が少なく薄くて軽いため、持ち運びしやすい。主婦や手帳初心者におすすめ。

 


 

時間に縛られず、todoを優先したい

プライベートを大切にしたい
家族のtodoが多い
時間に縛られたくない

そんなフリーダム精神を重んじるあなたにぴったりなのは・・・

ウィークリーブロックタイプ

一日分のスペースが広く、自由度が高い。

日記やtodo、メモなど予定以外のこともたっぷり書き込める。子育て中のお母さんや、フリーランスの人向け。

 


 

手帳をクリエイティブツールとして活用したい

文字より絵や図を描くのが好き
見た映画や展覧会のチケットはとっておきたい
メモやふせんをよく使う

そんなアーティスティックなあなたには・・・

デイリータイプ

1日1ページタイプでたっぷりと書き込める。予定だけでなく日記を書いたり、映画や展覧会のチケットを張ったり、イラストを描いたりと自由にアレンジできる。

罫線のないものを選べば、日付や曜日なども自分で書き込める。クリエイティブな発想を必要としている人向け。

 


 

あなたはどのタイプでしたか?

あらかじめ自分の目的やライフスタイルを知ることで、選択肢を絞ることができます

手帳ライフを長続きさせるためにも、自分らしく使えるものを見つけてみてくださいね。

 

また、最近は手帳使いが楽しくなる便利グッズが続々登場しているので、一部をご紹介します。

例えば、こちらの「フリクションスタンプ」

書いては消せるフリクションが、スタンプに。

飲み会友達・家族の誕生日お給料日など、毎月の行事にポンポン押すだけ。

書く手間が省けて、しかも可愛くて楽しい。予定が変わっても消せるところが、また便利なんです。


こちらは切り貼り型のマスキングテープ「KITTA」

可愛い柄がたくさんあるので、迷うのもまた楽し。好きな分だけ切って使えるので、ペンケースにもインできるな嬉しい薄さです。


消せるボールペン2本と「ジェットストリーム」1本がセットになった「ユニボールR:E+」

下のボタンを押せば、ペンが飛び出てくるというスグレモノ。

消しゴムとボールペン、シャープペンがひとつになり、ペンケースを持ち歩く必要なし。サイズもコンパクトなので、手帳とともにスマートに持ち運べますよ。


目的に合わせて細分化する手帳に合わせて、機能性の高いグッズも続々登場しています。

手帳&グッズを自分らしくカスタマイズすれば、2020年のスケジュール管理も未来計画もスムーズに。時間に追われず、自分を整え、自由になるツールとして皆さんもフル活用してみてくださいね。

 

それでは皆様、今年一年も「ふーぽ」をご愛顧いただきありがとうございました

どうぞ良いお年をお迎えください!!

来年もどうぞよろしくお願いいたします。

※掲載内容に誤りや修正などがありましたら、こちらからご連絡いただけると幸いです。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新情報はお電話等で直接取材先へご確認ください。

雪森
writer : 雪森

神出鬼没に福井の「あら、すてき」「これ、いいんじゃない?」スポットをすり抜けます。過敏なジャンルはファッション、バブリーな人やモノ、昭和の残り香、フランス、からだによいこと系。
いつか、ふーぽ海外取材をしたいともくろんでいます。

こちらもクリック!情報いろいろ

編集部おすすめ

新着の記事

あわせて読みたい

キーワード検索

おもしろコンテンツを発掘しよう!
過去の読みものをシャッフル表示

人気記事ランキング

人気記事ランキング

ページ上部へ
閉じる

サイト内検索

話題のキーワード

メニュー閉じる