「ふたご座流星群」は今週末が極大☆彡12/14(土)22時に南東の空を見上げよう!

「ふたご座流星群」は今週末が極大☆彡12/14(土)22時に南東の空を見上げよう!

こんにちは。
ふーぽ編集部です。

冬は星空観察のベストシーズン!

中でも三大流星群のひとつ、ふたご座流星群が今週末12/14(土)の22時頃、南東の空に見ることができます。

 

冬は0等級より明るいマイナス等級の星もあり豪華な星空が見られる上、空気が澄んでいるため星空観察のベストシーズンです。

日本で見られる三大流星群のうち2つが冬で、12月15日に「ふたご座流星群」1月4日に「しぶんぎ座流星群」がピークを迎え、多数の流星を観察できます。

 

2017年のペルセウス座流星群の写真(金剛さん提供写真)

 

三大流星群のひとつ「ふたご座流星群」が、ちょうど今週末の12/15(日)未明に最も活発になります。

放射点の高い12/14(土)の22時頃からが好条件だそうです。

 

写真は12/14(土)22時の南東の空とほぼ同様の配置

 

放射点となるふたご座は「冬の大三角」の左上あたりに見えます。

 

赤く瞬くベテルギウスからオリオン座を、さらに冬空で一番明るいおおいぬ座のシリウス、こいぬ座のプロキオン、ベテルギウスを結ぶ「冬の大三角」も探してみましょう。

オリオン座の中にある「オリオン大星雲」も肉眼でキャッチできますよ!

 

観察は車が来ない開けた場所で複数人で行い、「暗さに目を慣らすため15分は空を見てくださいね」と話すのは、福井市自然史博物館の金剛さん。

しっかりと防寒するのも忘れずに!

 

今週末は、ふたご座のある南東の空を見上げてみましょう☆彡

\今回教えてくれた人/

金剛晴彦さん

福井市自然史博物館の非常勤職員で
地学・天文担当。


 

福井市自然史博物館では、12/26(木)に「部分日食」の天体観望会を開催します。

申込不要、参加費無料の自由参加なので、気軽に参加してみてください♪

⇒ 天体観望会「太陽が欠ける!-部分日食を知ろう-」

 

福井市自然史博物館

福井県福井市足羽上町147
☎0776-35-2844
福井市自然史博物館公式HP

※掲載内容に誤りや修正などがありましたら、こちらからご連絡いただけると幸いです。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新情報はお電話等で直接取材先へご確認ください。

ふーぽ編集部
writer : ふーぽ編集部

ふくいのことならお任せあれ! グルメ、イベント、おでかけスポットなどなどふくいのいろんな情報をお届けします。

こちらもクリック!情報いろいろ

編集部おすすめ

新着の記事

あわせて読みたい

キーワード検索

おもしろコンテンツを発掘しよう!
過去の読みものをシャッフル表示

人気記事ランキング

人気記事ランキング

ページ上部へ
閉じる

サイト内検索

話題のキーワード

メニュー閉じる