卒業生の仕事インタビュー【仁愛女子短期大学】

卒業生の仕事インタビュー【仁愛女子短期大学】

大学の卒業生はどんなところに就職しているんだろう?

卒業生に聞いてみました。

田中 千晴さん
職種:幼稚園教諭
福井県立福井商業高等学校出身 仁愛女子短期大学 幼児教育学科 2020年卒業

 

就職先
仁愛女子短期大学附属幼稚園
福井県福井市天池町43-1-1
友達・先生・保護者と共に、地域のつながりを大切にして「生きる力」の基礎を育てることを目指します。
 
 

仕事について

幼稚園の先生を目指すようになったきっかけは、年の離れた弟の存在です。弟と一緒に遊ぶ時間を通して「私は子どもが好き」という気持ちが高まり、保育の道を目指すようになりました。

仕事の内容は、年幼組(2歳・満3歳児)の担任として、日々の保育を計画・準備・実践しています。季節や自然、行事を楽しみながら、子どもたちが成長できるように様々な活動を考えています。また、園全体の行事の際には他の先生方と打ち合わせを重ねながら準備を進め、事務作業等もこなします。子どもたちの言葉や気持ちを受け止められて、子どもが興味をもてることを遊びに取り入れられる先生を目指したいと思います。

 

やりがいと大変なこと

子どもが成長していく姿を間近で見られることがこの仕事のやりがいです。挨拶が元気よくできた、トイレが上手にできた等、子どもたちは昨日できなかったことが今日できるようになることがたくさんあります。そんな驚きや喜びを保護者や同僚と共有できることが、とても嬉しいです。

先生になったばかりの頃は、子どものやる気を引き出す声かけが難しく、苦労しました。その度に周りの先輩方に支えていただき、本当に感謝しています。

 

社風について

母校の附属幼稚園なので大学の先輩が多く、相談しやすい環境です。先生方の得意なこと、苦手なことをそれぞれ上手に活かしながら、フォローし合って働いています。

 

出身大学について

仁愛女子短期大学の幼児教育は実践的な授業が多く、楽しく学べる大学です。先生方も優しく、女子短大らしい和やかで楽しい雰囲気の中で、同じ目標達成を目指す友達と一緒に、安心して学ぶことができました。

 

高校生へのアドバイス

自分の興味があることに目を向けて挑戦してみることが、やりたいことを見つける近道になります。

保育士や幼稚園の先生は子どもが好きな人、運動することが好きな人、人と話すことが好きな人などいろんな人に向いている職業です。また、ピアノや絵を描くことなど何か一つ特技があると強みになります。特技がなくても、短大で身につけられるので大丈夫です。

 

 

職場の先輩より

先輩の先生
道廣 莉々華さん

田中先生のクラスは穏やかで温かい雰囲気です。子ども一人ひとりに寄り添いながら笑顔で丁寧に接しているので、子どもたちは田中先生が大好きです。
 

※掲載内容に誤りや修正などがありましたら、こちらからご連絡いただけると幸いです。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新情報はお電話等で直接取材先へご確認ください。

UP編集部
writer : UP編集部

「今の生活をよりよく」を目指し、ひとつのテーマを深掘りした1年保存版のフリーペーパー「UP」を発行しています。

嶺北10市町と連携制作し、各支町の行政施設等にも紙媒体を設置しています。

こちらもクリック!情報いろいろ

キーワード検索

必見!ふーぽイチオシ情報PR

おもしろコンテンツを発掘しよう!
過去の読みものをシャッフル表示

人気記事ランキング

人気記事ランキング

ページ上部へ
閉じる

サイト内検索

話題のキーワード

メニュー閉じる