勝山市の郷土料理を味わえる「花月楼」がことのほか良かった!優雅にお食事ができる穴場スポットでした。

勝山市の郷土料理を味わえる「花月楼」がことのほか良かった!優雅にお食事ができる穴場スポットでした。

ごきげんよう。ふーぽ編集部の卯月です。


みなさま、福井県勝山市にある「花月楼」はご存知ですか?

知っているけれど行ったことがないという人もいるのでは。何を隠そう、私がそうでした。


このたび勝山での取材の折に、行ってみたのでリポートしますね!

お食事処「花月楼」は、明治30年(1897年)建築の有形文化財「旧料亭花月楼」をリノベーションした趣のある建物です。

こちらはかつて花街として栄えた河原町通りにあります。

玄関を入って右手がダイニング。すてきなお庭も楽しめますよ。

1階では、里芋のころ煮、にしん漬など、勝山の昔ながらの郷土料理が楽しめる花月楼ランチや、和テイストのカフェメニューが楽しめます2階は花街風情と歴史など、勝山の文化も楽しめる団体向けのお座敷がありました。

今回は予約なしで一人だったので、1階でお料理を注文しました。


勝山の郷土料理・ぼっかけが味わえる「勝山ぼっかけ御膳」2,000円などもありますが、本日はスタンダードなお料理「花月楼御膳」1,300円をチョイスしました。

「寒い中来てくださって」と、手揚げのかき餅のサービスが!なんてラッキー!!!


料理を注文すると「よければ2階も見てください」との案内が。

2階のお座敷は傘を広げたような「傘天井」という独特の建築造作。

これは本当に見事です!

昔の旦那衆はこのお座敷で芸妓さんの芸を観ながらお食事を楽しんだのでしょうね。


さて、そろそろかなと思って下に降りていくと、タイミングよくお料理が運ばれてきました。

天ぷらに炊き合わせ、お魚に小鉢にお蕎麦もついて、かな~り豪華です!


味は全体的に薄めでしたが、濃淡があるので物足りなさはありませんでした。

ヘルシーなのに量も十分!大満足のランチでした^^

ところで1月上旬の平日、時間も早かったせいかお客は私だけ(汗)。

そのせいか(?)「これは特別サービスです」と出てきた栗きんとん!私、栗きんとん大好きなんです!!(感激)

もちろんこれも手作りですって。


ランチのセットにはフリードリンク付きなので、早速カフェオレと共にいただきました♪

ちなみに1,300円のお代は税込なんですって!How wonderful!!

ところで、勝山はかつて市街地に数多くの清水が湧いていたそうです。

花月楼の前には、こんな親水スペースがあります。水路に沿って進んだ先には、現在でも澄んだ水が湧き出す「大清水」もありました。


ランチもおいしく、加えて勝山の街も楽めました♪

2月は左義長まつりで大賑わいでしょうが、静かなお食事スポットの穴場としてこちらの「花月楼」はおすすめです!

いつ行っても温かく迎えてくれますよ^^

旬菜食祭 花月楼

福井県勝山市本町2-6-21
☎0779-87-1355
【営】11:00~16:30(16:00LO)
【休】水曜
https://katsuyama-navi.jp/kagetsuro/

※掲載内容に誤りや修正などがありましたら、こちらからご連絡いただけると幸いです。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新情報はお電話等で直接取材先へご確認ください。

卯月
writer : 卯月

赤札お惣菜からコスパ買いにハマり、周囲から「コスパの女王」とおだてられいい気になっていたら、体調を崩して膨大な医療費を使う羽目になりました。
これを機会に夜中のテレビ通販の衝動買いもやめて、体も心も健やかな『おばちゃんライター』を目指します!

LINEにおすすめ情報が届くよ

Twitter

こちらもクリック!情報いろいろ

新着の記事

あわせて読みたい

キーワード検索

おもしろコンテンツを発掘しよう!
過去の読みものをシャッフル表示

人気記事ランキング

人気記事ランキング

ページ上部へ
閉じる

サイト内検索

話題のキーワード

メニュー閉じる