超売れっ子の神田松之丞氏のために、越前の伝統工芸の技で釈台を製作! その仕掛け人に会ってきたよ。

超売れっ子の神田松之丞氏のために、越前の伝統工芸の技で釈台を製作! その仕掛け人に会ってきたよ。

こんにちは! 時に俳人、時にレバノン料理研究家、たまにfuライターのマンボです。

みなさん、講談師の神田松之丞氏のお名前はご存じですか?

独演会のチケットは一瞬でソールドアウトとなり“チケットの取れない講談師”として人気沸騰中で、最近はテレビ出演の機会も多くなってきています。

実は、福井県が豪雪被害にあえいでいた今年の2月、福井の伝統工芸の技と松之丞さんのコラボレーションによって、こんな出来事があったんです。


2月の公演は流れたけれど

その神田松之丞さんらが出演する「旅成金」の公演が、福井県鯖江市で今年2月8日に予定されていたのですが、例の豪雪のために中止となってしまったんです。わたしも個人的にも楽しみにしていて残念な出来事でした。

しかし!! ツアー終了後に松之丞氏がツイッターで「今回、福井は残念ながら雪のため中止になりましたが。スタッフさんが作ってくれた釈台です。心意気が感じられます。また皆様、是非。」とのツイートとともに、見た目にもしっかりている釈台の写真をアップしていました。

その釈台制作の仕掛け人となったのが、同公演の席亭の畠中広樹さん。

個人的に松之丞氏のラジオを愛聴していて気になる案件なので、いろいろコネをたどってお会いし、製作の経緯をうかがってきました。

若手の職人の励みとなるように。

コトの発端は2017年の8月、鯖江市で開かれた旅成金の打ち上げでのこと。
 
松之丞氏が使用していた釈台が傷んでいたので、畠中さんが「修理しましょうか?」と持ちかけると「それなら釈台を作ってくださいよ」という方向に話が進んだそう。
 
そこで畠中さんは、地元で伝統工芸に携わる若い人を応援し、励みになる機会にしたいと、若手の職人に製作を依頼しました。

本体の木地は、「タンスキャリー」で知られる越前箪笥の山口祐弘さん(越前市)が担当。塗りは河和田の仁平星奈さんが担当しました。仁平さんは、当時20歳。

畠中さんが所有する松之丞モデルと同じ仕様の釈台。8月の旅成金ではこれを用いる予定

釈台は「松之丞モデル」として、松之丞氏の要望に応えて製作しました。地方などでの公演で使用できる折りたたみ式で、使い慣れた以前から使用していたものとほぼ同じ寸法です。

木地は栓(せん)の無垢の一枚板を用い、漆を薄くすり込んで、使い込むほど味が出るような塗りとなっています。張扇(はりおおぎ、はりせん)で叩いた時の音にもこだわり、松之丞さんが使い古したものを譲り受け、トントンという響きも吟味したとのこと。

「完璧」と大絶賛のできばえ

その甲斐あって、松之丞氏も後日のツイートでは「音も含めて完璧な釈台。感動。さいこー。\(^o^)/ 」と、仕上がりに(当時毎日ラジオで聞いていた腐しっぷりとは大違いな)大絶賛でした。

持ち運びできるように折りたたみできる釈台

畠中さんは「これから一層活躍する講談師のために釈台を作ったことを仕事の励みとして、自分もそれに恥ずかしくない職人として頑張っていってもらいたい」と、松之丞さん、山口さん、仁平さんそれぞれの、さらなる飛躍に大きな期待を寄せています。

8月6日には「旅成金」があります!チケット発売は5月12日。

さて!! 2月は豪雪で流れてしまった「旅成金」ですが、この夏8月6日(月)に福井県鯖江市の鯖江公民館で、仕切り直しとなる公演が開催されるそうです。

2月の公演に行けなかった方も、新たに落語や講談に興味を持ったれた方も、ぜひお出かけください。

そこでは畠中さんが所有する松之丞タイプと同じ仕様の釈台を使用し、松之丞氏の講談を地元の皆さんにも見て聞いて、釈台の音も聞いてもらうことができそうです。
チケットは5月12日(土)から、県内プレイガイド、イープラスチケット、予約フォームなどで発売開始ですよ!

次回の旅成金in鯖江市の情報はこちら!
https://fukuisansyoutei.jimdo.com/

※掲載内容に誤りや修正などがありましたら、こちらからご連絡いただけると幸いです。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新情報はお電話等で直接取材先へご確認ください。

お気に入りリストにキープする

キープした読みものはマイページのお気に入りリストでご覧いただけます。
畑 鰻戊
writer : 畑 鰻戊

名前は俳号で「マンボ」と読みます。俳句つくってて、お料理ヲタクで首都圏ラジオヘビーリスナー(主にTBS、時々QRとJ-WAVE)。ここいら周辺の、ちょっとニッチな話題を取り上げます。

こちらもクリック!情報いろいろ

キーワード検索

おもしろコンテンツを発掘しよう!
過去の読みものをシャッフル表示

人気記事ランキング

人気記事ランキングRanking

ページ上部へ

キーワード検索閉じる

話題のキーワード

メニュー閉じる