ウワサの「水ようかん食べ比べ会」潜入ルポ! 冬の福井県民の半分は水ようかんで出来てます♡

ウワサの「水ようかん食べ比べ会」潜入ルポ! 冬の福井県民の半分は水ようかんで出来てます♡

こんにちは、水ようかんは黒糖強めが好きな、ふーぽ編集部のMKです。

福井の冬の風物詩といえば、水ようかんですが、俳句の世界でいえば「水ようかん」は夏の季語。

“冬に食べる水ようかん”が文化として定着しているのは、珍しいことなんだそう。

ぬくぬくのこたつで食べる水ようかんは、福井県民のソウルフードですよね。

そこで、以前から気になっていた、「北陸・福井 冬の水ようかん食べ比べ会」(福井県福井市内cafeあんのんで2月9日に開催)に参加してきました!

主催は、この方。水ようかん文化愛好家のマイク・ヨコハマさんです。

本業はビジュアルクリエイター。「北陸・福井 冬の水ようかん食べ比べ会」は、毎年11~3月の水ようかん販売時期に月1回のペースで開かれ、今回で34回(!)を数えます。

今回の参加者は13名。食べ比べる水ようかんは、なんと12枚!
あぁ、夢のようです。少しずつ、いっぱい食べられるのって幸せですよね。

福井県で販売される水ようかんは100店とも200店ともいわれ、はっきりとした数は分かっていません。

あんこと黒糖を寒天で固めるのが基本の製法ですが、お店や種類によって十人十色。味の違いだけでなく、パッケージや形、付属品のさじなど、細かなところにまで、お店のこだわりが光ります。

マイクさんの定義する水ようかんは、

①一枚流しである
②黒糖を使用
③さじが付いている
④説明書が付いている

この4つのうち3つ以上を満たすものを指すそう。

箱は「赤系」と「小豆色系」「個性派系」に分類されます。

赤系と小豆色系が計7種

個性派系が5種

本日のラインナップは、赤系が3種、小豆色系が4種、個性派系が5種
これはあくまでも箱のハナシ

箱には福井県花の水仙が描かれたものや、雪の結晶が描かれたものなど、季節感と郷土愛にあふれています。

ご存知、えがわ(福井市)の水ようかんも「あずき粒入」(本店でしか買えないレアもの!以前にもふーぽで紹介しています)だったり、

こんにゃく店やケーキ屋さんの水ようかん、コーヒー味も2種と、味わいも楽しみな顔ぶれ。

一通り、簡単な説明が終わると、すぐに実食です!


次ページで、いっただきまーす♡

※掲載内容に誤りや修正などがありましたら、こちらからご連絡いただけると幸いです。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新情報はお電話等で直接取材先へご確認ください。

MK
writer : MK

「おいしいものしか食べたくない」がテーマ。
主に、ふくいの食べもの、飲みもの、うつわ(職人)について書いてます。ときどき、オシャレもしたくなります。
エジプトと古墳時代、ジブリも好きです。県内のアート情報にも目を光らせています。

こちらもクリック!情報いろいろ

編集部おすすめ

新着の記事

あわせて読みたい

キーワード検索

おもしろコンテンツを発掘しよう!
過去の読みものをシャッフル表示

人気記事ランキング

人気記事ランキング

ページ上部へ
閉じる

サイト内検索

話題のキーワード

メニュー閉じる