女性のための鉄道旅行入門! 福井市出身「旅の文筆家」蜂谷あす美さんの初の著書が出たよ【ちょいネタ】

女性のための鉄道旅行入門! 福井市出身「旅の文筆家」蜂谷あす美さんの初の著書が出たよ【ちょいネタ】

こんにちは。
ふーぽ編集部・じんです。


福井県福井市出身の旅の文筆家・蜂谷あす美さんといえば、以前このふーぽにもミニコラムを掲載していただきましたよね。

【⇒ 蜂谷さんのミニコラムはこちら】


その蜂谷さんの初の著作女性のための鉄道旅行入門が、7月に発売されました!


女性に限らず鉄道旅行の初心者にとって、旅を楽しむために参考になる情報がぎっちり詰まった個性的な一冊になっていますよ。

発売は、あの名門出版社の「ヤマケイ」こと「山と渓谷社」。発行は、その関連会社の「天夢人」 


著者の蜂谷あす美さんは、1988年福井県福井市生まれ。

JR越美北線を使って通学していた高校時代に鉄道の魅力に取りつかれ、鉄道雑誌を読み漁るようになったとのこと。

長い歴史を誇る慶應義塾大学鉄道研究会で初の女性代表を務め、さまざまなメディアで紹介されました。

卒業後は出版社勤務を経て、現在はフリーの立場で雑誌やWEBサイトに紀行文などを書いておられます。

本の冒頭近く、ドカンと見開きで著者プロフィールが紹介されています。

ちなみに蜂谷さんは、大学入学後から全国各地への鉄道旅行を繰り返し、「乗り鉄」の夢である「JR全線完乗」も数回達成しているとのこと

鉄道の旅を愛してやまないご自身の体験を通して得たさまざまな知見が、著書の中では惜しみなく披露されています。

なお、タイトルには「女性のための」とありますが、旅のプランの組み方やお得な切符の買い方、身軽に動くための荷物のパッキング方法などなど、女性に限らず鉄道旅行に慣れていない人や、旅をもっと楽しみたい人にとってためになる情報が満載なんです。

 

さらに、おまけのページでは、蜂谷さんの好きな鉄道の路線や好きな車両も紹介。

JR越美北線やJR北陸本線、雷鳥に使われていた車両「485系」が上位にランクインされていて、福井県民なら思わずにんまりしてしまいますね。

 

蜂谷さんは、今回発売された初の著書について、「鉄道旅行に関しては、体系的な指導を誰かに受けたわけでもなく、習うより慣れろの精神で知見をため込んでぐずぐずに煮込んだそれを、この1冊の中で大放出しました」とコメント。

「文章を書いてお金をいただくことが夢のまた夢くらいの位置にあった思春期の頃の自分に、この出来事を教えたいです!」と話してくれました。


ついつい先を急いでしまいがちな毎日ですが、この本を手に、たまにはゆっくり鉄道の旅を楽しんでみてはいかがでしょうか。


「女性のための鉄道旅行入門」

蜂谷あす美 著

価格:1,200円+税
発行:天夢人
発売:山と渓谷社

※掲載内容に誤りや修正などがありましたら、こちらからご連絡いただけると幸いです。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新情報はお電話等で直接取材先へご確認ください。

じん
writer : じん

雑食系フィールドワーカーにしてアームチェアディテクティブ。なんつって。

サブからメインまでカルチャー全般、ノンジャンルあれこれを事務所NGなしで書き散らかしますよ。

こちらもクリック!情報いろいろ

編集部おすすめ

新着の記事

あわせて読みたい

キーワード検索

おもしろコンテンツを発掘しよう!
過去の読みものをシャッフル表示

人気記事ランキング

人気記事ランキング

ページ上部へ
閉じる

サイト内検索

話題のキーワード

メニュー閉じる