【2/9(土)~2/22(金)まで】福井市出身の渡邉一孝プロデューサーの映画がメトロ劇場で公開されるよ。

【2/9(土)~2/22(金)まで】福井市出身の渡邉一孝プロデューサーの映画がメトロ劇場で公開されるよ。

こんにちは、ふーぽ編集部のキノです。

 

福井県福井市出身の映画プロデューサー渡邉一孝さんが手がけた映画「僕の帰る場所」が、2月9日(土)から22日(金)まで、福井市のメトロ劇場で公開されますよ~!

先日、渡邉さんがふーぽ編集部に遊びに来てくれました♪

映画「僕の帰る場所」の一場面

移民を題材にした日本とミャンマーの合作映画「僕の帰る場所」。

作品の主人公は、東京の小さなアパートに身を寄せ暮らす在日ミャンマー人夫婦と2人の幼い兄弟
在日外国人を取り巻く社会やミャンマーの民主化の流れを背景に、実話を基に家族の苦悩や葛藤を描いています。

2017年の東京国際映画祭「アジアの未来部門」では作品賞と特別賞をダブル受賞。(日本人の監督では初めてのこと!)
ほか20カ国の映画祭でも上映され数々の賞を獲得した、映画界でも今大注目の映画なのです。

昨年10月から全国の映画館での一般公開が始まり、このたび福井での公開が決定しました!

東京在住の渡邉さん。2/9~11はメトロ劇場で舞台挨拶も行います

2014年末から日本とミャンマーでロケをし、編集にかけた期間はなんと2年半!
ドキュメンタリーのような、人間味あふれるリアルな物語です。

 

渡邉さんは、
「福井でも、外国人と触れ合う機会が増えていると思います。この映画をみた後の感覚や想いが、きっとこれからの暮らしの中で意味を与えてくれます。
移民や難民というテーマを扱っていますが、見ていてただ暗くなったり、難しいと感じる映画には仕上げていません。ひとつの家族の物語として見てほしい」
と話してくれました。

上映は2/9(土)~22(金)の11:00~

※11(月・祝)のみ19:00~も上映です。

渡邉さんの経歴や、映画プロデューサーの仕事についてなどインタビュー内容は、福井新聞社発行「月刊fu4月号」に掲載予定です。こちらもぜひお楽しみに!



▼詳しい上映情報はこちら

※掲載内容に誤りや修正などがありましたら、こちらからご連絡いただけると幸いです。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新情報はお電話等で直接取材先へご確認ください。

キノ
writer : キノ

どこでも行って、何でも食べる「足も顎も丈夫な女」を目指しています。

インスタ映えしないけど味のあるモノやコトが好き。
社会で日々戦う皆さまと私の心をほっこり癒してくれるような情報を探し出したいと思います。

こちらもクリック!情報いろいろ

編集部おすすめ

新着の記事

あわせて読みたい

キーワード検索

おもしろコンテンツを発掘しよう!
過去の読みものをシャッフル表示

人気記事ランキング

人気記事ランキング

ページ上部へ
閉じる

サイト内検索

話題のキーワード

メニュー閉じる