小杉織物の絹マスクの評判、口コミは? 10日間着用して分かった通気性や着け心地をレポート!

小杉織物の絹マスクの評判、口コミは? 10日間着用して分かった通気性や着け心地をレポート!

こんにちは、ふーぽ編集部のばんのです。

最高気温35度超えの日もあり、厳しい暑さが続いてますね。

 

私はウィズコロナの暮らしになってからというもの、使い捨てのマスクを日々着用していました。

主には「繰り返し使える布マスクって、洗うのがメンドクサイ」という理由からです。

 

しかし、この気温のなかで不織布の使い捨てマスクをつけていると、ムワッとして暑い!

 

少しでも快適なサマーライフを送りたいという思いのもと、何かと話題の小杉織物絹マスクの夏アイテム「涼やか絹マスク」をゲットしました~!

\小杉織物のマスク基本情報はこちら/

 小杉織物のマスク商品一覧と、ご購入はこちらから

小杉織物の「涼やか絹マスク」とは

小杉織物の「絹マスク」をご存じですか?

元々は小杉織物がつくっていた「着物の帯」に使う絹(シルク)をマスクに使ってみたところ、通気性や吸湿・放湿性、調温性などに優れているとSNSを中心に話題になっています。

 

福井 住みます芸人
編集部ばんの
話題のきっかけは藤井棋聖が着用したこと!
地元を中心に人気だった商品が、一躍全国から注目されることになりました!
 

【⇒ 小杉織物のマスクのより詳しい機能紹介はこちらから】

 

それでは、実際の付け心地はどうなのでしょうか?

今回はメリット・デメリットを含めた、「小杉織物の絹マスク」を詳しくレポートしていきます!

 

【結論】使ってみてわかった!「涼やか絹マスク」のメリット・デメリット 


結論から言うと、編集部ばんのが、「10日間毎日涼やか絹マスクを使って感じたメリット、デメリット」がこちらでした。

 


●メリット●
 付け心地   とにかく肌に優しい!サラリとしたつけ心地が幸せを感じる。
 呼吸のしやすさ  呼吸がラク、使い捨てに比べてストレスフリー。
 マスク紐   一日中着けていても耳が痛くならない柔らかな触り心地。
 耐久性   洗うほど肌になじみ、ほどよいフィット感が生まれる。これじゃないと落ち着かない!


●デメリット●
 お手入れ  洗濯は手洗い推奨のためちょっと手間。洗濯機で洗うのは自己責任。また部屋干しだと乾きにくい。
 屋外利用   外での活動や運動時に着用していると暑いので夏は不向き。

 

以上のことから、小杉織物の涼やか絹マスクは・・・

 


夏場のマスク着用で蒸れや肌荒れが気になる、屋内での活動が中心の人たち
におすすめです。

 

それでは、詳しく検証内容をご紹介していきましょう。

 

【徹底レビュー】「涼やか絹マスク」を実際に使ってわかった4つのこと


今回の検証のポイントは以下の4つ。

購入前に気になっていた点について、実際に使ってみた結果を順番にご報告していきます!

1.夏でも快適?呼吸のしやすさを検証

2.ウイルス予防になる?機能性を検証

3.繰り返し洗って使える?耐久性を検証

4.肌に優しい?肌荒れはしないのか検証

 

 1.夏でも快適?呼吸のしやすさを検証を検証 

快適さのひとつの指標となるのが、呼吸のしやすさですよね。

涼やか絹マスクは、シルク100%の特殊メッシュ織生地で不織布のフィルターを挟んだ、しっかりと厚みのある3重構造

 

ノーズワイヤーの入った立体タイプなので、口周りに空間ができ、呼吸しやすく会話もしやすかったです。

生地に厚さがあるにもかかわらず、絹の優れた吸湿性のおかげか、サラリとした肌ざわりが続き、涼しく感じられました

 

ただ、晴れた日の昼間の外仕事につけてみたところ、さすがに暑さを感じました。。。

運動中の着用も厳しそうです。

 

厚生労働省が発表している新しい生活様式における熱中症予防行動のポイントの中では、

高温や多湿といった環境下でのマスク着用は、熱中症のリスクが高くなるおそれがあるので、屋外で人と十分な距離(少なくとも2m以上)が確保できる場合には、マスクをはずすようにしましょう。


と書かれているので、外では状況をみてマスクをつけたり外したり、各人の判断で熱中症&感染予防をするのが大切ですね。

 

 

 2.ウイルス予防になる?機能性を検証 

呼吸しやすいということは分かりましたが、肝心の「飛沫防止=ウイルス対策」としての機能はどうなのでしょうか。

今回は、霧吹きを使って飛沫防止効果を確認してみました。

 

検証方法

・段ボールの上に涼やか絹マスクを置き、霧吹きで水をかける。

 

結果

・10回以上霧吹きを噴射しても小杉織物のマスクを置いた部分の段ボールは湿ることがなかった


非常に飛沫防止に優れている
ことが分かりました。
※あくまでも水分の透過実験です

 

ちなみに、不織布マスクも同様の実験をしたところ、段ボールは湿ることはありませんでしたが、びちょびちょに。。。

小杉織物のマスクは、しばらくするとサラリと乾きました。

「これがカイコ(シルク)の吸湿・放湿性か! 」と感動しました。

 

 3.繰り返し洗って使える?耐久性を検証 


涼やか絹マスクのパッケージを見ると、お手入れは手洗い推奨

検証期間中は、以下の流れで手洗いを行いました。

毎日帰宅後、たらいに水をはって洗濯用中性洗剤で押し洗い

しっかりすすいだ後、軽く絞る

さらにタオルで水気をとって、形を整える

ひと晩部屋干し(パッケージでは風通しの良い日陰干し推奨)

 

10回手洗いしたマスクがこちら!

個人的感想ですが、

結果


☑ 生地がだんだんと柔らかくなり、肌あたりがより優しくなってきている
気がします。

☑ つけはじめたときよりも肌になじみ、フィット感が増しているようにも感じます。

☑ 耳紐もしっかりと伸縮性を保っています


繰り返し洗ってもへたることなく、耐久性はバツグン
といえるでしょう。

 

ただ、生地に厚みがあるので、夜に帰宅して洗って部屋干しをすると、朝にはまだ乾いていない場合が多かったです。

 

乾燥機の風をあてると30分ほどで乾いたので、朝起きてから乾燥機をかけても出掛けるまでには十分間に合います。

洗い替えに2~3枚あると安心ですね。

小杉織物のマスク商品一覧と、ご購入はこちらから

 

 4.肌に優しい?肌荒れはしないのか検証 

ここまでは機能面について検証してきましたが、やはり気になるのがお肌への影響

「マスク肌荒れ」とも呼ばれる乾燥やニキビの原因は、主に2つあるといわれています。

●マスク肌荒れの原因●

原因1:マスクの着脱を繰り返すことによる摩擦
マスクを何度も着けたりずらしたりしていると、肌に摩擦が生じ、角層がはがれやすくなってバリア機能が低下
すると、肌のうるおいは蒸散し、ダメージを受けやすいデリケートな状態になってしまいます。

原因2:マスク着脱による温度や湿度変化の影響
マスクの内側は呼気によって湿度が高く、ニキビの原因にもなる雑菌が繁殖しやすい環境
過剰な湿度環境下では、角層の水分量は皮膚にとっての最適な水分量よりもさらに増えてしまいます。
特に顔の角層は他の部位に比べて薄いため、皮膚が外界環境の影響を受けやすい状態に。

 

ここで、公式サイトにある涼やか絹マスクの特徴を振り返ってみましょう。

 涼やか絹マスクの特徴 

 吸放湿性・調温性に優れている
 肌に優しく乾燥を防ぐ
 天然の抗菌作用、消臭性をもつ
 UVカット効果がある

 

「お肌にほどよいうるおいを維持し、清潔に保つ。」

マスク肌荒れしにくい条件が見事に揃っていますね!

 

また、マスク肌荒れを防ぐためには紫外線対策も大切。

シルクマスクにはUVカット効果もあるので安心です。

 

実際のところ、不織布の使い捨てマスクを朝からつけていると、呼吸をするたびにムワッとしたり、昼過ぎにはなんだか肌にチクチクしてくる感覚がありました。

 

ですが、涼やか絹マスクではそういった不快感を覚えることなく、一日中快適に過ごせました小杉織物のマスク商品一覧と、ご購入はこちらから

 

 

SNSでも藤井棋聖着用の絹マスクが話題に!

7月16日に行われた、藤井棋聖の第4局。

藤井棋聖は2勝1敗で、この日勝てば史上最年少でタイトル獲得となる大事な対局でした!

このとき藤井棋聖が着用していたマスク、対局後に全国ニュースでも話題になりましたよね。

小杉織物の絹マスクではないかという噂も流れました。

将棋は集中力が必要な競技。

マスクで息苦しいと集中できないので、藤井棋聖は呼吸しやすくつけ心地の良い絹マスクを選んだのではないでしょうか

 

 

小杉織物の涼やか絹マスク、値段は?

小杉織物の公式販売サイトでは、涼やか絹マスク1枚の値段は1,980円(税込)

サイズはSサイズ、標準サイズ、Lサイズの3種類を展開しています。

 

つけ心地や機能性、洗って繰り返し使えることも考えると、手に取りやすい価格といえますね。

しかし、藤井棋聖がきっかけでさらに人気が増し、小杉織物の絹マスクの類似品や転売品も登場してきています!

 

純製品の絹マスクは現在予約販売になっていますので、定価で確実に手に入れたい方は公式からの予約がおすすめです!小杉織物のマスク商品一覧と、ご購入はこちらから

 

改めて考えたい、マスクを着ける理由

ウィズコロナを前提にした新しい生活様式について、世の中ではまだまだ模索が続いていきそうです。

 

快適なサマーライフを求めて使いはじめた小杉織物の涼やか絹マスク

しっかりした生地と構造なので、外での着用時には暑いなあと感じることもありましたが、室内であればストレスフリーで過ごせました。

 

そもそも今マスクを着けなければならないのはなぜか。

その理由を改めて考えてみると、新型コロナウイルスから、自分と周りの人たちの健康を守るためですよね。

ただただ涼しいだけのマスクでは、感染対策という本来の目的にそぐわないかもしれません。

 

小杉織物の涼やか絹マスクは、つけ心地よく、肌に優しく、洗濯して繰り返し使え、飛沫防止もばっちりの頼れる存在で、室内で過ごす時間が長い私にとってはぴったりのマスクでした。

みなさんも、自分に合ったマスクを見つけて、健康で快適な夏を過ごしてくださいね。

 

※掲載内容に誤りや修正などがありましたら、こちらからご連絡いただけると幸いです。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新情報はお電話等で直接取材先へご確認ください。

ばんの
writer : ばんの

メイドインフクイのものづくり、まちあるき、ふらっと行く旅、もふもふした生きものが好き。道ばたで猫に出会えると幸せ。
福井県内と近県をうろうろし、ピン!ときたものごとをご紹介します。

LINEにおすすめ情報が届くよ

Twitter

こちらもクリック!情報いろいろ

新着の記事

あわせて読みたい

キーワード検索

おもしろコンテンツを発掘しよう!
過去の読みものをシャッフル表示

人気記事ランキング

人気記事ランキング

ページ上部へ
閉じる

サイト内検索

話題のキーワード

メニュー閉じる