【完全保存版】格安SIMのおすすめ10社をランキング形式で紹介!速度や料金総まとめ

【完全保存版】格安SIMのおすすめ10社をランキング形式で紹介!速度や料金総まとめ

安い料金でスマートフォンを利用できる格安SIM。「使ってみたいけど、どの業者を選べばいいかわからない」と悩んでいませんか?

格安SIMの業者は100を超えるので、その中から自分に合うものを見つけるのは少し大変ですよね。

そこでこの記事では、格安SIMを利用するメリットや、おすすめ業者を厳選して紹介します!

【格安SIMを利用するメリット】
・料金が安い
・プランが豊富
・プランの切り替えが簡単

【おすすめの格安SIM10選】
・mineo
・Y!モバイル
・y.u mobile
・BIGLOBEモバイル
・IIJmio
・UQモバイル
・OCN モバイル ONE
・NUROモバイル
・イオンモバイル
・LIBMO

これから格安SIMの利用したいと考えている方は、ぜひ内容をご確認ください!

わたしのネット編集部
インターネット回線専門メディア「わたしのネット」の出張記事です!

この記事では、格安SIMのおすすめについて紹介します。
 

※この記事は、2021年9月時点の情報です。
※価格は税込です。

格安SIMを選ぶおすすめのポイント5選

こちらでは、格安SIMを選ぶポイントを5つに分けて紹介します。

【おすすめのポイント】
1.料金
2.通信速度・安定性
3.キャンペーンの有無
4.通信容量
5.オプション

格安SIMにはいろいろな種類があるので、自分が重視するポイントを決めて選ぶことが大切です。

こうた
 
契約してから後悔しないように、内容をチェックしてみてね!

1.料金

まず意識すべき点は、格安SIMの料金です。

格安SIMは業者ごとに料金が大きく違うので、しっかり確認しておきましょう。

さらに業者が提供するプランによっても、料金は大きく変動します。

【例:mineoの場合】

  デュアルタイプ
(音声通話+データ通信)
シングルタイプ
(データ通信のみ)
~1GB 月額1,298円 月額880円
~5GB 月額1,518円 月額1,265円
~10GB 月額1,958円 月額1,705円
~20GB 月額2,178円 月額1,925円

このように、プランによって大きく料金が変わります。

ご自身の予算と照らし合わせて、月々の料金を決定しましょう。

ただし料金が安いと、その分月間のデータ容量が少なかったり、使えるオプションの数が減ったりします

そのため料金だけでなく、他のサービスも確認しながら業者を決定することが大切です。

こうた
 
業者に料金やサービスが大きく違うので、自分に合うものを探してみよう!

2.通信速度・安定性

通信速度や安定性も、格安SIMを選ぶうえで重視したほうが良いポイントです。

いくら安くてサービスが充実している格安SIMでも、通信速度が極端に遅いとストレスがたまります。

・下り速度(ダウンロード速度)
・上り速度(アップロード速度)

の2点に注目しましょう。

また公式ホームページで公表されている速度は、あくまでも理論値です。

通信速度は場所や人の多さによっても大きく変動するので、できれば自分がよく使うエリアでの実測値を把握しておきましょう。

みんなのネット回線速度というサイトでは、ユーザーが実際に計測した速度を集計しているので、確認してみてください。

こうた
 
速度は重要なので、しっかり調査しよう!

3.キャンペーンの有無

キャンペーンの有無も、格安SIMを契約するうえで大切な要素です。

格安SIM業者は定期的にキャンペーンを行っており、契約するタイミングによって料金が大きく変わります。

例えばmineoだと、過去には以下のようなキャンペーンが開催されました。

【過去のキャンペーン】
・月額基本利用料3ヶ月間330円~キャンペーン
・電子マネーギフトプレゼントキャンペーン
・5G通信オプション6ヶ月無料キャンペーン

キャンペーン中に申し込むだけで数千円近くお得になるケースがあるので、キャンペーンの有無はしっかりと確認しておきましょう。

こうた
 
年末や3月はキャンペーンが行われやすいよ!

4.通信容量

インターネットをよく使う人は、通信容量にも注目しておきましょう

格安SIMはプランによって通信容量が変わります。容量が少ないとその分料金も安くなりますが、通信制限にかかりやすくなるので注意が必要です。

【1GBの目安】
メール送信:約2,090通
ニュースサイトの閲覧:約3,490ページ
動画の視聴:約4.5時間(1日あたり約9分)
音楽のダウンロード:約250曲

※参考:Y!mobile

自分がどれくらい使うかを想定したうえで、プランを決めるようにしてみてください。

こうた
 
格安SIMはプランの変更が簡単なので、まず使ってみてから変更するのも良し!

5.オプション

格安SIMには通常のプランに加えて、オプションサービスを豊富に用意している業者が多いです。

オプションによっては、より快適に通信を利用できるようになります。

例えばmineoが独自で行っているサービスは、以下の通りです。

【mineoのサービス】
・フリータンク:余ったパケットをシェアできる
・mineoでんわ 10分かけ放題
・パケット放題:低速(最大500kbps)で、データ通信使い放題

中には有料のものもありますが、オプションをうまく組み合わせると、より自分にとって使いやすいスマートフォンにすることが可能です。

オプションの内容は業者によって大きく違うので、契約前に確認してみてください。

こうた
 
特に電話を多くかける人は、安くなるオプションを確認しておこう!

【最新】格安SIMおすすめランキング10選

こちらでは、数多く存在する格安SIMの中からおすすめをランキング形式で10社紹介します

【おすすめの格安SIM】
1位mineo
2位Y!モバイル
3位y.u mobile
4位BIGLOBEモバイル
5位IIJmio
6位UQモバイル
7位OCN モバイル ONE
8位NUROモバイル
9位イオンモバイル
10位LIBMO

こうた
 
自分にとって使いやすい格安SIMを見つけよう!

【1位】mineo

引用:mineo公式

mineoは、関西電力系列の株式会社オプテージが提供している格安SIMです。

2014年と比較的古くからサービスをスタートしており、独自のサービスを多く盛り込んだプランが人気を集めています

【mineoの料金プラン】

  デュアルタイプ
(音声通話+データ通信)
シングルタイプ
(データ通信のみ)
~1GB 月額1,298円 月額880円
~5GB 月額1,518円 月額1,265円
~10GB 月額1,958円 月額1,705円
~20GB 月額2,178円 月額1,925円

※すべて税込み

mineoは月間20GBの大容量でも料金が2,178円(データ通信のみなら1,925円)と安く、かなりコスパが良い点が特徴です。

さらに豊富なオプションを用意しており、mineoユーザーとパケットを分け合える「フリータンク機能」を使うと、容量が不足しがちな月末でも安心して利用できます

豊富なオプションとプランを組み合わせることで、自分にとって使い勝手のいいスマホにカスタマイズ可能です。

※タップでmineo公式サイトへジャンプします

 

【2位】Y!mobile

Y!mobileは、ソフトバンクが提供している格安SIMです。

ソフトバンクのサブブランドということもあり、通信速度が安定していて、快適にインターネットを利用できます

料金は3つのプランに分かれていて、それぞれでデータ容量や料金が異なります。

【Y!mobileの料金】

  Sプラン Mプラン  Lプラン
料金 月額2,178円 月額3,278円  月額4,158円 
データ容量 3GB/月 15GB/月 25GB/月
速度制限時の通信速度 最大300kbps 最大1Mbpg 最大1Mbps

※すべて税込み

MプランとLプランなら、通信速度制限後の通信速度が1Mbpsと高速なので、ページの閲覧程度であれば問題なく行えます。

料金よりも、快適性を重視したい方におすすめの業者です。

※タップでY!mobileの公式サイトへジャンプします

【3位】y.u mobile

y.u mobileは、シンプルな料金体系が特徴の格安SIMです。

【y.u mobileの料金プラン】
・シングルプラン(5GB/月):1,639円
・シェアプラン(20GB/月):4,378円 ※2人まで追加料金なしでシェア可能

この2つのプランに、データチャージオプションを利用してギガを追加していきます。

【データチャージの料金】
・1GB:330円
・10GB:1,650円

データチャージの料金が安く、自分が使いたい分だけ追加できる点が魅力です。

さらに100GBまで余ったギガをストックできるので、使わずに無駄にしてしまうということもありません。

自分の使うデータ量に応じて、柔軟にプランを変化できるのがメリットです。

※タップでy.u mobileの公式サイトへジャンプします

【4位】BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイルは、豊富なプランとオプションが魅力の格安SIMです。

1ギガ~30ギガまで、6つのプランの中から好きなものを選択できます。

【BIGLOBEモバイルの料金プラン】

  音声通話SIM データSIM
1ギガプラン 1年間月額770円
※それ以降:1,078円
なし
3ギガプラン 1年間月額770円
※それ以降:1,320円
月額990円
6ギガプラン 1年間月額1,200円
※それ以降:1,320円
月額1,595円
12ギガプラン 1年間月額2,900円
※それ以降:3,740円
月額2,970円
20ギガプラン 1年間月額4,700円
※それ以降:5,170円
月額4,950円
30ギガプラン 1年間月額6,950円
※それ以降:8,195円
月額7,425円

※すべて税込み

上記プランに加え、YouTubeやU-NEXTなどの動画サイトのデータが消費されない「エンタメフリー・オプション」を利用できます。

(音声通話SIMの場合+308円・データSIMの場合+1,078円)

ギガの少ないプランでも、動画などのエンタメコンテンツを快適に視聴できるのは、BIGLOBEモバイルならではの魅力です。

※タップでBIGLOBEモバイルの公式サイトへジャンプします

【5位】IIJmio

引用:IIJmio公式

IIJmio(アイアイジェイミオ)は、SIMカード契約数シェアNo.1を誇る格安SIMです。(※2020年9月末の実績)

「SIMの機能」と「データ量」を組み合わせられるので、豊富なプランの中から好きなものを選択できます。

【IIJmioの料金プラン】

  音声 SMS データ eSIM
2ギガプラン 月額858円 月額825円 月額748円 月額440円
4ギガプラン 月額1,078円 月額1,045円 月額968円 月額660円
8ギガプラン 月額1,518円 月額1,485円 月額1,408円 月額1,100円
15ギガプラン 月額1,848円 月額1,815円 月額1,738円 月額1,430円
20ギガプラン 月額2,068円 月額2,035円 月額1,958円 月額1,650円

※すべて税込み

・音声通話ができるタイプ
・SMSが使えるタイプ
・データ通信のみのタイプ
・eSIM(物理的なSIMを使わない通信方式)タイプ

と、4つのタイプからプランを選択できます。

データの追加が1GB220円から行えるので、万が一不足しても安心です。

※タップでIIJmioの公式サイトへジャンプします

【6位】UQモバイル

UQモバイルは、翌月へとデータ容量を繰り越せる、シンプルな3つのプランを安く展開しています。

【UQモバイルの料金】

  くりこしプランS くりこしプランM くりこしプランM
料金 月額1,628円 月額2,728円 月額3,828円
データ容量 3GB/月 15GB/月 25GB/月
速度制限時の通信速度 最大300kbps 最大1Mbpg 最大1Mbps

※すべて税込み

25GBという大容量プランでも、3千円台で利用できるのが特徴です。

さらに定期的に学割プランをやっていて、学生であればより安く格安SIMを利用できます。

【学割の金額】
・くりこしプランS:638円引き(8ヶ月間)
・くりこしプランM:1,738円引き(12ヶ月間)
・くりこしプランL:1,738円引き(12ヶ月間)

キャンペーン期間中かどうか、公式サイトをチェックしてみてください。

※タップでUQモバイルの公式サイトへジャンプします

【7位】OCN モバイル ONE

OCN モバイル ONEは、NTTコミュニケーションズが提供している格安SIMです。

低容量のプランを、安い料金で利用できます。

【OCN モバイル ONEの料金プラン】

  音声 SMS データ
1GB/月コース 月額770円    
3GB/月コース 月額990円 月額990円 月額858円
6GB/月コース 月額1,320円 月額1,320円 月額1,188円
10GB/月コース 月額1,760円 月額1,760円 月額1,628円

※すべて税込み

6GBコースを1,320円で利用できるので「あまり格安SIMにお金をかけたくないけど、ある程度は使いたい」という方におすすめです。

※タップでOCN モバイル ONEの公式サイトへジャンプします

【8位】NUROモバイル

NUROモバイルは、ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社が提供している格安SIMです。

データ専用に限りますが、使い放題プランがあるので、インターネットを多く利用する人にうってつけだといえます。

【NUROモバイルの料金プラン】

  音声 SMS データ
VSプラン3GB 月額792円 月額792円 月額627円
VMプラン5GB 月額990円 月額990円 月額825円
VLプラン8GB 月額1,485円 月額1,485円 月額1,320円
お試しプラン0.2GB なし 月額495円 月額330円
データ使い放題プラン なし なし 月額3,828円

※すべて税込み

お試しの0.2GBプランは「少しだけ試してみたい」という方にぴったりです。

※タップでNUROモバイルの公式へジャンプします

【9位】イオンモバイル

イオンモバイルは、全国に数多くのショッピングモールを構えるイオンが提供している格安SIMです。

一部のイオン内に実店舗を構えているため「実際に端末を触ってから契約したい」という方でも安心して利用できます。

また、非常に豊富な料金プランを展開している点も特徴です。

【イオンモバイルの料金プラン】

  音声プラン シェア音声プラン データプラン
0.5GB 月額1,023円 なし なし
1GB 月額1,078円 なし 月額528円
2GB 月額1,188円 なし 月額748円
3GB 月額1,298円 なし 月額858円
4GB 月額1,408円 月額1,738円 月額968円
5GB 月額1,518円 月額1,848円 月額1,078円
6GB 月額1,628円 月額1,958円 月額1,188円
7GB 月額1,738円 月額2,068円 月額1,298円
8GB 月額1,848円 月額2,178円 月額1,408円
9GB 月額1,958円 月額2,288円 月額1,518円
10GB 月額2,068円 月額2,398円 月額1,628
12GB 月額2,178円 月額2,508円 月額1,738円
14GB 月額2,288円 月額2,618円 月額1,848円
20GB 月額2,398円 月額2,728円 月額1,958円
30GB 月額4,378円 月額4,708円 月額3,938円
40GB 月額5,478円 月額5,808円 月額5,038円
50GB 月額6,578円 月額6,908円 月額6,138円

※すべて税込み

0.5~50GBまで、17個のプランから自由に選択できます。

シェアプランが存在するので、大容量プランを複数人で分け合うことも可能です。

※タップでイオンモバイルの公式サイトへジャンプします

【10位】LIBMO

引用:LIBMO公式

LIBMOは、株式会社TOKAIコミュニケーションズが提供している格安SIMです。

低速の無制限プランから高速の大容量プランまで、幅広く展開しています。

特に30GBの料金が非常に安いので、多く通信を行う方におすすめです。

【LIBMOの料金プラン】

  データ通信+音声通話+SMS データ通信のみ
なっとくプラン(ライト) 月額1,078円 月額528円
なっとくプラン(1GB) 月額1,078円 月額748円
なっとくプラン(5GB) 月額1,518円 月額1,265円
なっとくプラン(20GB) 月額1,991円 月額1,991円
なっとくプラン(30GB) 月額2,728円 月額2,728円

※すべて税込み

 

※タップでLIBMOの公式サイトへジャンプします

格安SIMを契約する3つのメリット

こちらでは、格安SIMを契約するメリットを3つ紹介します。

【格安SIMのメリット】
1.料金が安い
2.プランが豊富
3.プランの変更が簡単

それぞれ詳しく確認していきましょう。

1.料金が安い

格安SIMはその名の通り、料金が安い点が魅力です。

大手3大キャリアの料金と比べると、月々の利用料をかなり抑えられます

【料金プランの比較】

格安SIM ドコモ au ソフトバンク
20GB 月額2,178円
※mineo
月額2,970円
※ahamo
月額2,728円
※povo
月額2,728円
※LINEMO
60GBプラン 月額7.205円 なし なし
無制限プラン 月額3,828円
※nuroモバイル
月額7,238円 月額7,238円

※すべて税込み

最大容量に若干の違いはありますが、比べてみると金額は一目瞭然です。

こうた
 
固定費をガクッと下げたい方におすすめ!

2.プランが豊富

格安SIMは、プランが豊富な点も魅力のひとつです。

細かく刻まれたデータ容量プランの中から、自分が使うギリギリのものを選択することで、最大限のコストパフォーマンスを発揮できます

一方3大キャリアの場合、以下の3つしか対応できません。

【3大キャリアのプラン】
・1~7GBまでの変動制プラン
・60GBor無制限の大量量プラン
・ahamo、povoなどの20GBプラン

選択肢の幅が広いのは、格安SIMならではの特徴です。

3.プランの変更が簡単

格安SIMではれば、プランの変更も簡単です。

業者によりますが、基本的には前月に申告をしておけば、翌月には別のプランで格安SIMを利用できます。

こうた
 
いまの容量だと足りないから増やしたい!
こうた
 
意外とそこまで容量を使わなかった……

というどちらの場合でも、プランを変更することで対応できます。

格安SIMを契約する3つの注意点

格安SIMの契約にはメリットが多いですが、デメリットも存在します。

こちらでは3つのデメリットを紹介するので、確認したうえで検討するようにしてみてください。

【格安SIMのデメリット】
1.通信速度が不安定になりやすい
2.決済方法が少ない
3.実店舗が少ない

それぞれ詳しく確認していきましょう。

1.通信速度が不安定になりやすい

通信速度が不安定になりやすい点は、格安SIMのデメリットです。

格安SIMは独自で通信網を持っているわけではなく、3大キャリアの回線を借りる形で運用を行っています。

そのため3大キャリアに比べると、どうしても速度が遅くなってしまう点が難点です。

特にお昼どきや夜、土日などの利用者が多い時間帯は、つながりにくくなる傾向にあります。

ただし最近は格安SIMの通信状況が劇的に改善されており、3大キャリアと同じくらいつながりやすいキャリアも存在します。

契約する前に、使いたいエリアでの速度をしっかりと確認しておきましょう。

こうた
 
通信状況は改善されているけど「どの格安SIMも速い」というわけではない点に注意!

2.決済方法が少ない

格安SIMは、決済方法が少ない点もデメリットです。

業者によりますが、クレジットカードしか使えないという場所は多いです。

3大キャリアなら問題なく使える口座振替などに対応していないケースがあります。

そのためクレジットカードを持っていない方だと、選べる格安SIMが減る可能性がある点には注意しましょう。

こうた
 
口座振替に対応している格安SIMには
・UQモバイル
・ワイモバイル
・BIGLOBEモバイル(一部プランのみ対応)
などがあるよ!

3.実店舗が少ない

格安SIMの業者は、実店舗が少ない傾向にあります。

月々の利用料金を減らすために、人件費や家賃などの費用を削っている業者が多いからです。

そのため基本的にはインターネットによる契約となるため、すべて自分で進めていかなくてはなりません。

契約にあまり慣れていないという方にとっては、デメリットといえるでしょう。

こうた
 
ただし以前と比べて店舗数は増加傾向にあるので、近くに設置されているかどうかをまずは調べてみよう!

格安SIMのよくある質問

こちらでは、格安SIMのよくある質問について紹介します。

1.格安SIMはiPhoneやiPadでも使える?

ほぼすべての業者で、iPhoneやiPadにSIMを差し込んで利用できます

いまお持ちのiPhoneでも、SIMロック解除を行えば利用可能です。

2.格安SIMはなぜ料金が安いの?

格安SIMは、3大キャリアから回線を借りる形で運営しています。

そのため回線の維持費にかかるコストが、3大キャリアに比べて安価です。

さらに実店舗を少なくすることで、人件費などの固定費も大きく削減しています。

よって、格安SIMは安い料金で提供されています。

3.MVNOってなに?

格安SIM業者のホームページなどに書いてあるMVNOは「仮想移動体通信事業者」という意味です。

簡単にいうと、3大キャリアなどの携帯電話会社から回線を借りて、サービスを提供している業者を意味します。

4.格安SIMはさらに安く使う方法はある?

格安SIMは対応している光回線を組み合わせることによって、さらに安く利用可能です。

例えばOCNモバイルONEは、OCN光と契約することで、月々の利用料金が220円安くなります。

5.格安SIMと3大キャリアの新プランとの違いは?

3大キャリアが公開している新プラン(ahamo・povo・LINEMO)と格安SIMの違いは、以下の通りです。

【新プランの特徴】
・回線が安定している
・電話無料時間が付与されている(5分ほど)
・海外でも利用可能
・容量は20GB固定で、料金は約3,000円

【格安SIMの特徴】
・データ容量や料金を自由に選べる
・安いプランだと数百円から利用可能
・通話料金は別途かかるor有料オプションで割引
・通信速度は3大キャリアより不安定

料金を安く抑えたい方は格安SIM3大キャリアの安定した電波を使いたい方は新プランと分けることがおすすめです。

まとめ

 

今回は、格安SIMのおすすめや、利用するメリット・デメリットについて紹介しました。

格安SIMは3大キャリアに比べるとプランが豊富で、非常に安い価格で利用可能です。

状況によっては月額5,000円(年間60,000円)近く安くなることもあるので、いまのスマートフォン代が高いと感じている方は、乗り換えを検討してみてください。

こうた
 
いろいろ比較して、自分に合う業者を見つけよう!

※掲載内容に誤りや修正などがありましたら、こちらからご連絡いただけると幸いです。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新情報はお電話等で直接取材先へご確認ください。

わたしのネット編集部
writer : わたしのネット編集部

月間100万人が閲覧するインターネットの総合情報サイトの「わたしのネット」の運営者。インターネット回線の正しい比較情報を届けるために、ふーぽへ出張中。日本で一番わかりやすいインターネット回線の解説記事を目指しています。

LINEにおすすめ情報が届くよ

Twitter

こちらもクリック!情報いろいろ

新着の記事

あわせて読みたい

キーワード検索

おもしろコンテンツを発掘しよう!
過去の読みものをシャッフル表示

人気記事ランキング

人気記事ランキング

ページ上部へ
閉じる

サイト内検索

話題のキーワード

メニュー閉じる