必見!一人暮らしでインターネットを始める方法やおすすめなどを徹底解説します

必見!一人暮らしでインターネットを始める方法やおすすめなどを徹底解説します

 

これから一人暮らしを始める人のなかには、「どうやってインターネットを始めたらいいのか」「何を選ぶといいのか」など、インターネットの接続方法に悩んでいる人も多いのではないでしょうか?

 

一人暮らしでインターネットを契約する際は、ご自身の用途に合ったものを選びましょう。

 

なおインターネットを使う方法は、大きく分けると「光回線」「ポケットWiFi」「ホームルーター」の3種類があります。

こうた
 
物件のインターネット対応状況や、屋内・屋外でのインターネット使用頻度に合わせて、選ぼうね!

【光回線がおすすめの人】
・ 自宅でインターネットを利用する頻度が多い人 
・ オンラインゲームや高画質動画などといった、大容量通信をする人 
・ 高速通信を求める人
・ 引っ越しする頻度が少ない人

 

【ポケットWiFiがおすすめの人】
・ 開通工事ができない
・ 外出先でインターネットを利用する機会が多い人
・ スマホの月額料金を節約したい人
・ かんたんな契約で、早くインターネットを利用したい人

 

【ホームルーターがおすすめの人】
・ 開通工事ができない
・ 自宅メインでインターネットを利用する人
・ 引っ越しの頻度が多い

※タップで、各詳しい解説へジャンプします。

 

また、特にネット回線にこだわりのない人は、物件の備え付け回線や、テザリングという方法もありますよ。

 

今回は、一人暮らしでインターネット契約を検討中の人現在利用中の人に向けて、おすすめのインターネットを詳しく解説します

 

また、おすすめの光回線やホームルーター、ポケットWiFiもあわせて紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

 

わたしのネット編集部
わたしのネット編集部
インターネット回線専門メディア「わたしのネット」の出張記事です!
この記事では、一人暮らしで使うインターネット回線について詳しくお伝えしていきます!

※この記事は、2021年5月時点の情報です。

※この記事の価格表記は税込みです。

index目次

一人暮らしでインターネットを使う3つの方法

 

 

一人暮らしでインターネットを利用する場合、主に「光回線」「ポケットWiFi」「ホームルーター」3つの方法があります。

こうた
特にネット回線にこだわりがないなら、速度が速くない可能性があるけれど備え付け回線や、テザリングという方法もあるよ!

 

インターネットの接続方法別で比較し、以下表にまとめました。

 

光回線は工事により回線を自宅に引き込む分、速度が速くて安定している点が特徴的です。

また、ポケットWiFiやホームルーターは光回線のような高速通信は見込めませんが、開通工事が必要なく、端末が届き次第すぐに使えて便利です。

 

それぞれインターネットの接続方法別でおすすめできる人は以下のとおりです。

【それぞれの方法でおすすめできる人】
・光回線
オンラインゲームなどの高負荷な作業を自宅で行う人がおすすめ
・ポケットWiFi
外出先で頻繁にパソコンなどをインターネットに接続する人がおすすめ
・ホームルーター
工事をせずに自宅で複数の端末をWiFiにつなぎたい人がおすすめ
・備え付けの回線
特にネット回線にこだわりがない人におすすめ

※タップで詳しい解説へジャンプします。

 

それでは、インターネットを使う各接続方法について詳しく見ていきましょう。

 

光回線(固定回線):大容量の通信をする人におすすめ

 

光回線(固定回線)は、オンラインゲームや高画質動画視聴など、大容量のデータ通信を頻繁に利用する人や、速度を重視する人におすすめです。

 

光回線のメリットとデメリットは以下のとおりです。

【光回線(固定回線)のメリット】
・ 通信が安定している
・ 通信速度が速い
・ 通信制限がない
・ 光電話が使える

 

【光回線(固定回線)のデメリット】
・契約期間内に解約した場合の違約金が高額
・工事が必要な場合がある
・開通までの期間が長い
・月額料金が高い

 

光回線では、インターネット接続時に速度の速さや安定性が期待できます。

工事が必要な場合は、高額な工事費や手間がかかるので注意が必要です。

しかし、工事費は各社実質無料などのキャンペーンが行われている場合がおおいですよ。

 

ホームルーター:工事不要&速度も求めたい人におすすめ

 

ホームルーターは、光回線の開通工事ができない人主に自宅中心でネットを使う人におすすめです。

 

ホームルーターのメリットとデメリットは以下のとおりとなります。

【ホームルーターのメリット】
・ ポケットWiFiより通信が安定している
・ 工事不要で接続がかんたんにできる
・ 同時に複数の端末を接続できる
・ 初期設定がかんたんにできる
・ 引っ越しがしやすい
・ 月額料金が安い

 

【ホームルーターのデメリット】
・光回線より通信が安定していない
・ 光回線より通信速度が遅い
・ 外出時に持ち出せない
・ 速度制限がある場合もある

 

ホームルーターは、工事が不要で、コンセントに挿すだけでインターネットに接続できます。

光回線と比べると通信速度は遅いですが、ポケットWiFiよりはやや速い通信が可能ですよ。

 

ホームルーターは、光回線の工事をせずにネット環境が整えられる手軽さを求めている人や、主に家でネットを使いたい人におすすめの回線す。

 

ポケットWiFi:手軽に持ち運びたい人におすすめ

 

ポケットWiFiは、外出先にネット環境を手軽に持ち運びたい人に、おすすめな接続方法です。

パソコンやタブレットを外で利用する場合は、ポケットWiFiを選んでおけば間違いないでしょう。

 

ポケットWiFiのメリット・デメリットは、以下のとおりです。

【ポケットWiFiのメリット】
・ 外出先でもWiFiが利用できる
・ 初期設定がかんたんにできる
・ 工事の必要がない
・ 月額料金が安い
・ すぐに使える

 

【ポケットWiFiのデメリット】
・ホームルーターや光回線より通信が不安定
・ 複数端末の同時接続に向いていない
・ 光回線より速度が遅い
・ 充電の必要がある
・ 速度制限がある

 

ポケットWiFiは、バッテリーの心配はありますが、外出時にパソコンやタブレットを利用する人にとっては、非常に便利です。

ただし、自宅で利用するには速度が不十分だったり、速度制限があったりと、デメリットが目立ちます。

 

もし自宅でインターネットにつなぐことのほうが多い場合は、ポケットWiFiではなく光回線やホームルーターの検討をおすすめします。

 

一人暮らしにおすすめのインターネット回線【光回線】

 

 

ここからは、一人暮らしの人におすすめな光回線を具体的にご紹介していきます。

 

光回線は利用しているスマホのキャリア基準で、セット割が適用できる回線を選ぶとスマホ代が安くなり、もっともお得になります

【おすすめの光回線】
・ソフトバンクユーザーなら
「ソフトバンク光」を検討しよう
→ 福井県外で使うなら「NURO光」もおすすめ
・ ドコモユーザーなら
「ドコモ光」がおすすめ
・ auユーザーなら
「auひかり」がおすすめ
→ auひかりがエリア外の場合は「So-net光プラス」
※タップで詳しい解説へジャンプします。

ここからは、以下の光回線について詳しく見ていきましょう。

 

まずは「ソフトバンク光」を検討しよう!

ソフトバンク光ロゴ

 

まずは提供エリアが広く、スマホとセット割が適用できる「ソフトバンク光」を検討しましょう。

ソフトバンク光の特徴をまとめた表は以下のとおりです。

 

 

 

ソフトバンク光の提供エリアは、全国をカバーしており広い範囲を占めています。

 

また、ソフトバンク光は、ソフトバンクスマホとのセット割「おうち割 光セット」が適用できます。

ソフトバンク光とソフトバンクスマホの契約で、ソフトバンクスマホやケータイの月額料金から永年最大1,000円割り引きされるサービスです。

契約プランによって割引額が異なり、500円割引か1,000円割引のどちらかとなります。

 

なお、ソフトバンク光は正規代理店の「NEXT」から申し込むことで、手軽でさらに豪華なキャンペーンが適用可能です。

 

 

ソフトバンク光が申し込める窓口の、キャンペーン情報は以下の通りです。

NEXTよりも実質料金が安い窓口はありますが、不要な有料オプションの加入が必要なことや受け取り時期が約1年後など、あまりお得とは言えません。

こうたくん
NEXTから申し込めば、最大36,000円ももらえちゃうよ!
オプション加入などの条件もないから、とってもお得だね!

 

また、お申し込みのあとにNEXTから折り返しかかってくる電話口で、担当オペレーターが必ず振込口座を確認します。

 

そのため、キャンペーンの申請漏れもなく手続きが簡単です!

 

しかも、キャッシュバックの振り込み時期は最短2カ月と早いことや、そのほか有料オプションの必要がないことから、ソフトバンク光のなかで人気が高い契約窓口です。

代理店NEXTの詳細はこちらから

【福井県外で使うなら】NURO光もおすすめ


 

 

福井県では提供されていませんが、NURO光でもソフトバンクのスマホセット割が使えます

 

NURO光は、独自回線を使用していることから、実測値の速さに定評があり、おすすめですよ。

 

 

なお、NURO光を契約する場合は、「NURO光 公式特設サイト」からの申し込みがもっともおすすめです。

NURO光 公式特設サイトから申し込む場合、以下のキャンペーンが受けられます。

こうたくん
公式特設サイトから申し込むと、最大45,000円のキャッシュバックがもらえるよ!
ただ福井県では提供されていないから注意してね!

 

また上記のキャンペーンと工事費実質無料、ソフトバンクスマホセット割、NUROでんき割、NUROガス割は併用可能となります。

 

NURO光 公式特設サイトはこちらから

ドコモユーザーなら「ドコモ光」

ドコモ光ロゴ

 

ドコモユーザーの場合は、ドコモスマホとセット割が適用できる「ドコモ光」がもっともお得です。

ドコモスマホとのセット割が適用されるのは「ドコモ光」のみなので、ドコモユーザーは一択といっても過言ではありません。

 

ドコモ光の特徴をまとめた表は以下のとおりです。

 

ドコモ光では、ドコモ光とドコモスマホの契約で、「ドコモ光 セット割」が適用可能です。

ドコモ光 セット割は「ギガプラン」の場合、家族全員のスマホ料金が永年毎月最大1,000円割引きされます。

また「シェアパック」と「カケホーダイ&パケあえる」の場合は、スマホの月額料金が毎月最大3,500円割引となります。

 

ドコモ光を契約する場合は、プロバイダ「GMOとくとくBB」からの申し込みがもっともおすすめです。

 

 

ドコモ光の中でも、GMOとくとくBBからの申し込みが一番実質料金が安いからです。

 

また、さらにGMOとくとくBBでは、以下のような特徴もあります。

【GMOとくとくBBドコモ光の特長】
・ 2020年 プロバイダ広域企業 第1位
・ お客さま満足度 2年連続No.1
平均速度:341.0Mbps
最大20,000円キャッシュバック
・ dポイント2,000ptプレゼント
セキュリティサービスが1年間無料など
WiFiルーターのレンタル料300円が永年無料

 

GMOとくとくBBは、次世代技術のv6プラスを採用していることから、実測速度が273.17Mbpsと、ドコモ光全プロバイダを含めた平均値215.62Mbpsと比べても圧倒的な速さです。

また総合セキュリティソフトが12か月間無料で利用をすることが可能ですよ。

 

GMOとくとくBBから申し込むメリットは、高額キャッシュバックに加え、v6プラスの能力を活かせる高性能ルーターが無料でレンタルできるところにもあるでしょう。

GMOとくとくBBの詳細はこちらから

 

auユーザーなら「auひかり」

 

auユーザーなら、auスマホとセット割が適用できる「auひかり」がもっともおすすめです。

auひかりは、KDDIの独自回線を使用しており、実測値の速さに定評があります。

 

福井県内では「大野市」「敦賀市」「勝山市」「鯖江市」「坂井市」「福井市」で、auひかりが利用できます

※auひかりは、福井県の一部で提供されています。
【auひかり 福井県内の提供エリア】
・越前市
・ 大野市
・ 勝山市
・ 坂井市
・ 鯖江市
・ 敦賀市
・ 福井市
申し込みの前には、必ずauひかりの提供エリア内かどうか、エリア確認をしましょう!
※タップでauひかりのエリア相談ができます。

 

上記auひかりに対応していないエリアは、So-net光プラスを参考にしましょう。

なお、auひかりの特徴をまとめた表は、以下のとおりです。

 

 

しかし、上記表のとおり提供エリアは全国をカバーしきれていません。

いま住んでいるエリアが、サービスに対応しているかは事前に確認しておきましょう。

また、auひかりとauスマホの契約で、家族のスマホ料金の割引が受けられる「auスマートバリュー」が適用可能です。

auスマートバリューは、加入するプランによって最大1,000円の割引が受けられます。

 

なお、auひかりはauひかり正規代理店「フルコミット」からの申し込みがもっともおすすめです。

 

auひかり正規代理店「フルコミット」からの申し込みであれば、キャッシュバックも最短翌月末にもらえて、申請方法もカンタンなのでお得ですよ!

※キャッシュバック表記については、いずれも最大額表記です。

 

実質料金で見ると、フルコミットよりもGMOとくとくBBのほうが安いですが、キャッシュバックの受け取り時期が1年後と2年後になってしまうため、あまりオススメできません。

 

また、フルコミットで60,000円キャッシュバックを受け取るには、ひかり電話(月額500円)への加入が必要です。

auスマートバリューの適用には、ひかり電話の加入が条件となっており、月々のスマホ代によって相殺されるので損はありませんよ!

 

キャッシュバックの申請については、2回あるのでそれぞれ忘れないように注意しましょう。

①auひかりの開通工事完了後にカスタマーセンターへ電話
②auひかりの契約時に届く書類に沿って手続き

 

そのほか、フルコミットの特長は以下のとおりです。

【フルコミットの特徴】
ひかり電話の加入で、60,000円キャッシュバックがもらえる
他社からの乗り換えは、追加で最大55,000円還元される
オプション加入ナシでも50,000円キャッシュバックがもらえる
・ 振り込みまでが早い

フルコミットの詳細はこちらから

auひかりがエリア外の場合は「So-net光プラス」


 

 

auひかりがエリア外の場合は、「So-net光プラス」を検討しましょう。

So-net光プラスの概要は、以下のとおりです。

 

So-net光プラスは、光コラボ回線であるため、回線が混みあいやすくて時間帯によっては遅くなる可能性があります。

しかし、 So-net光プラスはv6プラスに対応しているため回線が混み合いにくく、光コラボのなかでは速度が速いほうといえます。

また、独自回線ではなく光コラボの回線を使用しているため、auひかりより幅広いエリアで利用できます。

 

なお、 So-net光プラスはSo-net光の「公式サイト」からの申し込みがもっともおすすめです。

 

 

So-net光の公式サイトでは月額料金の割引キャンペーンにより、戸建て3,828円、マンション2,728円で2年間使うことができます

こうた
通常料金だと、月額料金が戸建てで6,138円、マンションで4,928円なんだよ!

 

 

ライフサポートなどキャッシュバックがもらえる窓口のほうが、実質料金は安いです。

 

しかし、キャッシュバックキャンペーンについては、申請などが別途必要であり、申請を忘れてしまうとキャッシュバックが受け取れません。

その点、月額料金割引であれば自動的に適用されるため、確実に安く使うことができますよ!

 

その他、So-net公式から申し込むメリットは、以下のとおりです。

【So-net公式の特徴】
・ 月額料金割引キャンペーンで、2年間最大月額48,000円が割り引きされる
V6プラス対応の最新WiFiルーター料が永年無料
セキュリティソフトも無料

 

So-net公式から申し込めば、毎月2,000円の割引が24ヶ月も受けられるためおすすめです。So-net光公式サイトはこちらから

格安SIMユーザーは速度重視で光回線を選ぼう

 

格安SIMユーザーは、セット割を適用しても数百円程度の割引になり、あまりメリットがありません。

そのため格安SIMユーザーは、実測速度で光回線を選ぶとよいでしょう。

 

以下、上から順に速度重視の際、おすすめな光回線となります。

【おすすめ光回線】
・まずは「auひかり」を検討しよう
・ つぎに「So-net光プラス」を検討しよう
・ 福井県以外で使うなら「NURO光」がおすすめ

 

格安SIMユーザーにおすすめな光回線の特徴は以下のとおりです。

 

上記表からNURO光、auひかり、 So-net光プラスの順に実測値が速いことがわかります。

それぞれ、格安SIMユーザーにおすすめな光回線を見ていきましょう。

 

まずは「auひかり」を検討しよう


 

 

まずは、格安SIMユーザーは実測速度が速く実質料金が安い、「auひかり」を検討しましょう。

 

福井県内では、「大野市」「敦賀市」「勝山市」「鯖江市」「坂井市」「福井市」でauひかりが利用できます

※auひかりは、福井県の一部で提供されています。
【auひかり 福井県内の提供エリア】
● 越前市
● 大野市
● 勝山市
● 坂井市
● 鯖江市
● 敦賀市
● 福井市
申し込みの前には、必ずauひかりの提供エリア内かどうか、エリア確認をしましょう!
※タップでauひかりのエリア相談ができます。

 

上記auひかりに対応していないエリアは、次に紹介しているSo-net光プラスを参考にしましょう。

提供エリアは限定的ですが、auひかりは独自回線を使用しているため、混雑しにくく実測値が高いです。

 

また、auひかりの正規代理店「フルコミット」からauひかりに申し込むことで、高額キャッシュバック60,000円がもらえるのも大きなメリットでしょう。

フルコミットの詳細はこちらから

つぎに「So-net光プラス」を検討しよう


 

 

つぎに、格安SIMユーザーは提供エリアが広く、ある程度の速度が見込める「So-net光プラス」を検討しましょう。

So-net光プラスは、auひかりやNURO光のような独自回線ではなく、フレッツ光の回線を使用しているので幅広いエリアで利用できます。

 

またauひかりには劣りますが、v6プラス対応ルーターが使えることによって、十分速いといえる速度で利用できます

So-net光の公式サイトから申し込むことで、2年間48,000円分の月額割引が受けられるのも大きなメリットです。

So-net光公式サイトはこちらから

福井県以外なら「NURO光」がおすすめ


 

 

福井県以外で利用予定の格安SIMユーザーは、「NURO光」を検討しましょう。

NURO光は速度が速いだけではなく、NURO光公式特設サイトからの申し込みで最大45,000円のキャッシュバックがもらえて、実質料金が安くなります

 

NURO光の提供エリアは北海道・関東・東海・関西・九州に限定されるので、利用前にはエリア確認を必ず行いましょう。

NURO光公式特設サイトはこちらから

光回線の申し込みから開通までの流れ

 

光回線の、申し込みから開通までの流れをご紹介します。

【光回線の手続きから開通手続きまでの手順】
①申し込みをする
  まず光回線の契約は、お得なキャンペーンが実施されているWebから手続きするようにしましょう。
  電話勧誘や家電量販店でもキャッシュバックをもらえますが、還元率が低くなってしまうため注意が必要です。

②工事日の調整をする
  工事の際は、基本的に立ち会いが必要となります。
  事前にスケジュール調整をしっかり行っておきましょう。

③開通工事・機器の設定
  開通工事はおよそ30分〜2時間かかります。
  マンションの場合は、部屋まで回線が引かれているかどうかなど、状況によって工事内容が変わることがあります。
  作業時間が延びてしまう可能性があるため、要注意です。
  ある程度余裕をもったスケジューリングをしましょう。

④利用開始

 

一人暮らしにおすすめのインターネット回線【ポケットWiFi】


ここからは、一人暮らしにおすすめなポケットWiFiを詳しく紹介していきましょう。

 

おすすめのポケットWiFiは、以下の通りです。

【おすすめのポケットWiFi】
速度重視なら
「WiMAX」
月100GBなら
「Mugen WiFi」
・ さらに大容量がいいなら
実質月210GBの「hi-ho Let’s WiFi」
中容量の50GBなら
「MONSTER MOBILE」
低容量の20GBなら
「ゼウスWiFi」がおすすめ

 

速度重視なら「WiMAX」を検討しよう

 

 

実質無制限でサクサクつながる「WiMAX」がおすすめです。

 

WiMAXはクラウドSIM系のポケットWiFiよりも速度が速く、安定しているため、つながるエリアでは快適に利用できます。

ただし、「実質」無制限と表記されているとおり、直近3日10GBを超えると速度制限がかかってしまうので注意しましょう。

 

こうたくん
でもWiMAXは提供エリアは限られているから注意してね!
申し込む前にしっかりエリア確認を行うことが大事だよ!!

 

WiMAXの概要は以下のとおりです。

 

WiMAXに申し込む場合は、「GMOとくとくBB WiMAX」からの申し込みがもっともおすすめです。

 

なぜなら、以下の通りWiMAXの中でも実質料金が一番安く28,800円もの高額キャッシュバックがもらえてお得だからです。

 

なお、高額キャッシュバックが魅力的なGMOとくとくBB WiMAXですが、受け取りのためには11か月後に申請手続きが必要ですので注意しましょう

こうた
手続きを忘れるとキャッシュバックがもらえないよ!
カレンダースマホのリマインダー機能にメモしておくといいよ!

GMOとくとくBBの詳細はこちらから

月100GBなら「Mugen WiFi」がおすすめ

 

月100GBなら「Mugen WiFi」がおすすめです。

Mugen WiFiの概要は以下の表にまとめました。

Mugen WiFiは、月100GB帯の他社と比べて実質料金が最安です。

Mugen WiFiでは、現在10,000円のキャッシュバックキャンペーンを実施中です!

利用開始から14ヶ月目23ヶ月目に、それぞれ届くキャンペーン申請用メールに沿って、手続きが必要です。

こうた
計2回の手続きが必要だから、注意してね!

 

また、30日間おためし全額返金キャンペーンで気軽に利用できるのも大きなメリットでしょう。Mugen WiFiの詳細はこちらから

さらに大容量がいいなら実質月210GBの「hi-ho Let’s WiFi」


 

 

さらに大容量を求めるなら、月210GBの「hi-ho Let’s WiFi」がおすすめです。

hi-ho Let’s WiFiの概要は以下のとおりです。

 

月間210GBもの大容量サービスを使えるのは、現在hi-ho Let’s WiFiだけですよ!

また、hi-ho Let’s WiFiでは現在下記のような「Let’s お試しキャンペーン」を実施中です。

Let’s お試しキャンペーン とは?
1.30日間返金保証でお試しで使い始められる
2.初月から2ヶ月間だけ月額2,980円
3.契約事務手数料が無料

 

 

先着1,000台までに適用されるキャンペーンなので、気になる方はお早めにチェックしてみてくださいね!

 

100GBよりもより大容量を使ってみたい人におすすめなポケットWiFiですよ。

hi-ho Let’s WiFiの詳細はこちらから

中容量の50GBなら「MONSTER MOBILE」がおすすめ

 

中容量の50GBなら「MONSTER MOBILE」がおすすめです。

MONSTER MOBILEの概要は以下の表にまとめました。

 

50GBで利用できるWiFiならMONSTER MOBILEがオススメです

 

MONSTER MOBILEは、契約期間は3年と長期間ではありますが、解約金が4,500円と安めに設定されていますよ。

他社だと通常およそ9,000円払わなければいけないので、MONSTER MOBILEの解約金はユーザーにとっては嬉しい価格になっています。

 

なおMONSTER MOBILEでは、最新のU3かU2Sの端末が使用できます。

ちなみに50GBで足りないなら、実質60GBの「MONSTERMOBILE」がおすすめです。

MONSTERMOBILEは、このほかにも最大150GBまで使える容量プランなどから選択ができます

どれも1年の縛りありプランと、縛りなしプランで料金が異なりますので注意してくださいね。

またMONSTERMOBILEは、データ容量チャージ機能も搭載されていますよ。

MONSTERMOBILEの詳細はこちらから

低容量の20GBなら「ゼウスWiFi」がおすすめ

 

低容量20GBであれば「ゼウスWiFi」がおすすめです。

ゼウスWiFiの概要は以下の表にまとめました。

 

 

ゼウスWiFiの20GBは、他社と比較した場合、実質料金が最安です。

 

 

また2年継続して利用すれば、以降解約時に違約金がかかりません

 

海外106ヶ国以上で使える点も、大きなメリットといえるでしょう。

ゼウスWiFiの詳細はこちらから

ポケットWiFiの申し込みから利用までの流れ

 

ポケットWiFiの申し込みから利用までの、大まかな流れをご説明します。

【申し込みから利用開始までの手順】
利用場所が提供エリア内か確認する

Webから申し込みする

申込内容に不備がなければメールが届く

  申し込みの記入内容に不備がある場合、電話がかかってくる可能性があります。
  不備がなかった場合の商品の発送は、最短で当日に行われます。


商品が発送される


商品を受け取る

初期設定が終わり次第、利用開始

 

一人暮らしにおすすめのインターネット回線【ホームルーター】

 

ここでは、一人暮らしにおすすめのホームルーターを紹介します。

 

料金が安く無制限で利用可能の「モバレコエアー」での申し込みがおすすめ

 

ホームルーターを検討している人には、料金が安く無制限で利用可能な、「モバレコエアー」の申し込みがおすすめです。

 

モバレコエアーは、ソフトバンクエアーとまったく同じ端末にもかかわらず、キャッシュバックなどの特典が非常に魅力的なサービスです。

                 ※価格は税込 ※1:エリアによる

モバレコエアーでは、有料オプションの加入なしで、最短翌月末に17,000円のキャッシュバックがもらえてお得です

ソフトバンクエアーの主な申し込み窓口を比較してみましょう。

そのほか、モバレコエアーでは下記のような特徴もありますよ。

【モバレコエアーのおすすめポイント】
17,000円のキャッシュバック
月額料金割引キャンペーンを実施中
ソフトバンクユーザーはセット割適用可
・ 他社からの乗り換え時の違約金負担キャンペーン
口座振替に対応
端末が実質無料

 

ただし、キャッシュバックは口座振替で申し込む人は対象外となるため、注意が必要です。

 

また、キャッシュバックを受け取るためには、指定の方法で申請手続きしなければならないことも、しっかり頭に入れておきましょう。

 

なお、モバレコエアーは、端末代が実質無料のため、4年以内に解約すると端末の残債代がかかります。

こうた
契約更新月で解約すると違約金は無料になるけど、
端末代がかかるから解約時にお金がかかっちゃうんだ…。

 

完全無料で解約するなら、4年後の契約更新月になりますので、注意しましょう。

モバレコエアーの詳細はこちらから

ホームルーターの申し込みから利用までの流れ

 

ホームルーター(UQWiMAX)の、申し込みから利用までの流れをご紹介します。

【ホームルーターの申し込みから利用までの流れ】
ホームルーターを申し込む

ホームルーターを選んだら、料金プランを確認

必要な情報を入力し、お支払い方法を選択する

SMSで開通コードを確認

お申し込み完了画面に上記コードを入力

⑥SMSに記載されている専用Webサイトでも、開通コードを入力

審査後、手続き完了メールが送られてくる

申し込み後、最短2日でホームルーターが到着する

ホームルーターにUIMカードを入れ、コンセントを挿せば利用開始

 

商品の購入はWeb以外にも店舗か電話でも申し込めます。

しかし、ネットからの申し込みの方がキャンペーンが充実していることが多いので、ネットから申し込むのがおすすめですよ!

 

一人暮らしで使うインターネットを選ぶポイント7つ

 

 

ここでは、一人暮らしで使うインターネットを選ぶ際に気をつけるべきポイントを、7つご紹介します。

【一人暮らしで使うインターネットを選ぶポイント7つ】
・物件のインターネット対応状況はどうなのか【光回線の場合】
・提供エリア内であるか
・毎月の使用量はどのくらいなのか
・求めている回線速度はどのくらいなのか
・毎月支払う金額がいくらまで可能か
・屋内や屋外でのインターネット使用頻度はどれくらいか
・引っ越しの予定があるか

 

それでは、上記7つのポイントをそれぞれ見ていきましょう。

 

①物件のインターネット対応状況はどうなのか【光回線の場合】

 

光回線を契約する場合は、住んでいる物件がインターネット対応であるかを確認しておきましょう。

フレッツ光回線対応マンション
→フレッツ光が導入されているマンション
インターネット無料マンション
→部屋のコンセントにLANケーブルを挿せば、無料でインターネットが利用できるマンション
インターネット非対応マンション
→インターネット設備が何も導入されていないマンション

 

インターネット対応物件の場合、工事が不要であったり月額料金が安くなったりとメリットが多いです。

 

マンションに光回線が導入されている場合は、部屋への配線工事を行うだけでインターネットが利用できるようになります。

マンションに光回線が導入されていない場合は、工事をするまえに管理会社や大家さんの許可が必要です。

 

開通工事を試みて導入がむずかしい場合は、光回線をあきらめてホームルーターやポケットWiFiで対応しましょう。

 

②提供エリア内であるか

 

契約するインターネットが、提供エリア内であるかを事前に確認しておきましょう。

光回線がどれほど魅力的だとしても、提供エリア外では契約自体ができません。

 

またポケットWiFiの場合は、契約したあとに通信状況が悪いことに気づく可能性もじゅうぶん考えられます。

不安な場合は、15日間無料で使えるTry WiMAX30日間のお試しキャンペーンがあるMugen WiFiなどを利用してみましょう。

 

こうた
Mugen WiFiは10,000円のキャッシュバックも行っているよ!
ポケットWiFiを使うのが不安な人は、お試しで使ってから申し込むのがおすすめだよ。

 

③毎月の使用量はどのくらいなのか

 

契約するまえに、毎月の通信量がどのくらいなのか把握しておきましょう

必要以上のデータ容量で契約してしまうと、どうしても月額料金が高くなってしまいます。

 

事前にインターネットをどのくらい使うかがわかれば、容量制限に合った商品を選ぶことで、お得に契約ができます。

 

④求めている回線速度はどのくらいなのか

 

インターネットの用途から、求めている回線速度がどのくらいなのか事前に確認しておきましょう。

たとえば、オンラインゲームや高画質動画を視聴することが多い場合は、高速通信可能な「光回線」がおすすめ。

YouTubeの通常画質の動画を視聴する程度であれば「ホームルーター」でじゅうぶんです。

 

用途別で必要な回線速度を把握することによって、最適なインターネットの接続方法を知ることが可能となり、月額料金の節約につながります。

 

⑤毎月支払う金額がいくらまで可能か

 

インターネット料金を、毎月いくらまで支払えるか事前に把握しておきましょう。

 

光回線を契約した場合、速度が速く通信も安定していますが、どうしても月額料金が高くなってしまいます。

もし金銭的に余裕がないのであれば、料金の安さを重視して「ポケットWiFi」か「ホームルーター」の契約を検討しましょう。

 

⑥屋内や屋外でのインターネット使用頻度はどれくらいか

 

屋内や屋外、どちらでより多くインターネットを利用することになるかを考えます。

 

自宅で利用が多くなりそうな場合は「光回線」

光回線の開通工事が厳しければ「ホームルーター」がおすすめです。

また会社や学校など自宅以外での利用頻度が多くなりそうな場合は「ポケットWiFi」を選びましょう。

 

⑦引っ越しの予定があるか

 

引っ越しの予定の有無でも、インターネットの接続方法が考えられます。

 

光回線だと、引っ越しする場合には工事をし直したりなどの手間がかかります。

 

そのため、引っ越しの際に住所変更の手続き程度ですむ「ホームルーター」自由に持ち運びが可能な「ポケットWiFi」がおすすめです。

光回線は契約期間内に解約した場合、高額な違約金が発生したり、引っ越しの手続きが複雑な場合が多いです。

 

引っ越し予定があるかどうかを考えながら必ず選びましょう。

 

一人暮らしのインターネットに関するよくある質問

 

 

一人暮らしのインターネットに関するよくある質問を、3つご紹介します。

ここで紹介するよくある質問は以下のとおりです。

【よくある質問】
・速度が遅い場合の原因や対処法とは?
・テザリングはほかのインターネット回線とは違うの?
・集合住宅の場合の備え付け回線は実際どうなの?

 

速度が遅い場合の原因や対処法とは?

 

速度が遅い場合は、端末の再起動再接続をすれば、解決する可能性があります。

それでも速度が遅い場合は、ルーターが古いことで回線の性能を活かしきれていないことも考えられます。

 

長期間使用しているWiFiルーターであれば、この機会に高性能のWiFiルーターに買い換えてみるのもよいでしょう。

 

ドコモ光やSo-net光、ソフトバンク光などの光コラボ回線であれば、v6プラスの加入をしましょう。

 

テザリングはほかのインターネット回線とは違うの?

 

あまりインターネットを使う頻度が多くないという方は、スマホからWiFiを飛ばす「テザリング」がおすすめです。

 

新たな回線契約を結ぶ必要がないためすぐに利用できるほか、外出先でも使えます

 

スマホがあるだけで利用できる点はメリットですが、その分スマホのバッテリー消費が激しくなってしまいます。

【テザリングを利用する際の注意点】
・スマホの通信量に気をつけないと、速度制限にかかる
・スマホのバッテリー消費が激しくなる

 

テザリングは、上記の理由から必要最低限の利用に留めるべきでしょう。

 

auとソフトバンクで利用する場合は、別でテザリングオプションに申し込まないといけないので注意しましょう。

なお、ドコモの場合は申し込む必要はありません。

 

集合住宅の場合の備え付け回線は実際どうなの?

 

集合住宅の備え付けの回線は、インターネットにこだわりがない人にとってはメリットが多いといえます。

工事が不要で、無料で利用できるうえ、引っ越す際の違約金がかからないことは人によってメリットだらけと感じるでしょう。

 

ただし、速度通信品質にこだわりがある人にとっては、デメリットに感じる点もあります。

オンラインゲームが満足にプレイできない、高画質動画が快適に見られない可能性もじゅうぶん考えられます。

自分が好きな回線を利用できないのも、大きなデメリットとなるでしょう。

 

まとめ

 

今回はこれから一人暮らしでインターネットの利用を考えている人や、乗り換えを検討している人に向けて、おすすめのインターネットについて詳しく解説してきました。

 

結論を述べると、以下のとおりです。

【それぞれの回線がおすすめの人】
・ 光回線がおすすめの人
自宅で高速通信が必要な人

・ホームルーターがおすすめの人
→工事不要でお手軽に複数端末をインターネットにつなげたい人

・ポケットWiFiがおすすめの人
外出先でもパソコンをインターネットにつなぎたい人

 

こうたくん
できるかぎり料金を安く抑えたい人には、速度が速くない可能性があるが備え付け回線や、テザリングという方法もあるよ。
 

光回線の契約先を考える場合は、使用しているスマホがどのキャリアのものなのか、また利用する場所が提供エリアの範囲内なのかがもっとも重要となります。

【おすすめの光回線】
ソフトバンクユーザーなら
「ソフトバンク光」がおすすめ
→ 福井県外で使うなら「NURO光」
ドコモユーザーなら
「ドコモ光」がおすすめ
auユーザーなら
「auひかり」がおすすめ
→auひかりがエリア外の場合は「So-net光プラス」

 

ポケットWiFiの場合は、まずはWiMAXを検討してみて、WiMAXがエリア外であればほかのポケットWiFiの契約を考えるという流れがベストでしょう。

【おすすめのポケットWiFi】
速度重視なら
「WiMAX」がおすすめ

月100GBなら
「Mugen WiFi」がおすすめ
さらに大容量がいいなら
→実質月210GBの「hi-ho Let’s WiFi」
・中容量の月50GBなら
「MONSTER MOBILE」がおすすめ

・低容量の月20GBなら
「ゼウスWiFi」がおすすめ

 

今回の記事で、自分に合った接続方法を見つけて、お得で快適なインターネットライフを過ごしてくださいね。

※掲載内容に誤りや修正などがありましたら、こちらからご連絡いただけると幸いです。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新情報はお電話等で直接取材先へご確認ください。

わたしのネット編集部
writer : わたしのネット編集部

月間100万人が閲覧するインターネットの総合情報サイトの「わたしのネット」の運営者。インターネット回線の正しい比較情報を届けるために、ふーぽへ出張中。日本で一番わかりやすいインターネット回線の解説記事を目指しています。

LINEにおすすめ情報が届くよ

Twitter

こちらもクリック!情報いろいろ

新着の記事

あわせて読みたい

キーワード検索

おもしろコンテンツを発掘しよう!
過去の読みものをシャッフル表示

人気記事ランキング

人気記事ランキング

ページ上部へ
閉じる

サイト内検索

話題のキーワード

メニュー閉じる