【回線別徹底比較】高額キャッシュバックがもらえるインターネット回線はこれ! 契約する際の注意点も解説

【回線別徹底比較】高額キャッシュバックがもらえるインターネット回線はこれ! 契約する際の注意点も解説

インターネット契約にはキャッシュバックや月額料金割引などさまざまなキャンペーンが実施されていますが、その内容は申し込む窓口で大きく異なります。

数あるインターネット回線や申込窓口がある中で、キャンペーンが充実していて還元額が高い窓口は以下のとおりです。

光回線の還元額が高い申込窓口
ドコモユーザーにおすすめ
 →ドコモ光「GMOとくとくBB」
auユーザーにおすすめ
 →auひかり「フルコミット」
  →auひかりがエリア外:So-net光「So-net光公式」
ソフトバンクユーザーにおすすめ
 →ソフトバンク光「NEXT」
格安スマホユーザーにおすすめ
 →auひかり「フルコミット」
  →auひかりがエリア外:So-net光「So-net光公式」

 

ホームルーターの還元額が高い申込窓口
速度を重視するなら
 →「GMOとくとくBB WiMAX」
データ容量完全無制限なら
 →「モバレコエアー」

 

ポケットWiFiの還元額が高い申込窓口
速度を重視するなら
 →「GMOとくとくBB WiMAX」
・あまり使わないなら
 →低用量20GBプラン:「ゼウスWiFi」
・そこそこ使うなら、
 →中容量50GBプラン:「Ex Wi-Fi」
・よく使うなら、
 →大容量100GBプラン:「Mugen WiFi」

※タップで詳しい解説へジャンプします

 

今回は、高額キャッシュバックがもらえるインターネット回線窓口を、光回線・ホームルーター・ポケットWiFiそれぞれの種類ごとに分けて、比較とともに紹介しています。

 

この記事を読めば、ご自身がどの窓口を選ぶべきかわかるだけでなく、キャッシュバックを利用してインターネット回線を契約する際の注意点もわかりますよ。

 

わたしのネット編集部
わたしのネット編集部
インターネット回線専門メディア「わたしのネット」の出張記事です!

この記事では、高額キャッシュバックがもらえるインターネット回線を解説します!

 

※この記事の情報は2021年4月時点の情報です。

index目次

キャッシュバック窓口を選ぶ前に!まずは自分に合ったインターネット回線を選ぼう

 

 

申し込むサービスや窓口を選ぶ前に、まずは自身の用途にどの回線が合っているのかを把握しておきましょう。

 

インターネット回線の種類は大きく分けて「光回線」「ホームルーター」「ポケットWiFi」の3種類。

それぞれがおすすめになるのは、以下のような人です。

光回線がおすすめの人
・開通工事が可能な人
・通信速度を重視する人

 

ホームルーターがおすすめの人
・開通工事ができない人
・通信速度を重視する人
・主に自宅で使う人

 

ポケットWiFiがおすすめの人
・開通工事ができない人
・外出先でも使いたい人
・料金の安さを重視する人

※タップで詳しい解説へジャンプします

 

まずは上記のうち、自身に当てはまるのがどの回線であるかを選んだ上で、その中でさらに自身に合ったサービスを選びます。

光回線の還元額が高い申込窓口
ドコモユーザー「ドコモ光」
auユーザー「auひかり」
 →auひかりがエリア外:「So-net 光 プラス」
ソフトバンクユーザー「ソフトバンク光」
格安スマホユーザー「auひかり」
 →auひかりがエリア外:「So-net 光 プラス」

 

ホームルーターの還元額が高い申込窓口
速度を重視するなら
 →「GMOとくとくBB WiMAX」
データ容量完全無制限なら
 →「モバレコエアー」

 

ポケットWiFiの還元額が高い申込窓口
速度を重視するなら
 →「GMOとくとくBB WiMAX」
・あまり使わないなら
 →低用量20GBプラン:「ゼウスWiFi」
・そこそこ使うなら
 →中容量50GBプラン:「Ex Wi-Fi」
・よく使うなら
 →大容量100GBプラン:「Mugen WiFi」

※タップで詳しい解説へジャンプします

 

これらのおすすめ回線の申し込みを受け付けている窓口は回線サービスごとに複数あります。

 

申し込み回線サービスが決まったあとにお得なキャッシュバックのある窓口を選びましょう。

 

インターネット回線のおすすめキャッシュバック窓口5社【光回線編】

 

 

光回線にはスマホとのセット割のキャンペーンがあり、各セット割では最大1,000円の月額料金が受けられます。

さらにこのセット割は同じキャリアを使っている家族にも適用でき、結果的に大きな割引になるため、光回線選びは使っているスマホを基準に選びましょう。

 

ただし、契約中のキャリアが格安スマホの場合はセット割の割引額が低いため、セット割を除いた実質料金が安い光回線を選びましょう。

光回線の還元額が高い申込窓口
ドコモユーザーにおすすめ
 →ドコモ光「GMOとくとくBB」
auユーザーにおすすめ
 →auひかり「フルコミット」
  →auひかりがエリア外:So-net光「So-net公式」
ソフトバンクユーザーにおすすめ
 →ソフトバンク光「NEXT」
格安スマホユーザーにおすすめ
 →auひかり「フルコミット」
  →auひかりがエリア外:So-net光「So-net公式」

※タップで詳しい解説へジャンプします

 

ドコモユーザーなら「ドコモ光」×「GMOとくとくBB」

 

ドコモのスマホとのセット割が可能な光回線は「ドコモ光」のみ。

したがっておすすめもドコモ光一択です。

 

ドコモスマホとのセット割である「ドコモ光セット割」では、スマホ1台あたり最大1,000円が割引されます。

離れた住所に住む家族も含め20回線までが割引の対象です。

 

【ドコモ光の概要】

※価格は税抜

※キャッシュバック金額はGMOとくとくBBの場合

※実質料金は「月額料金×23+初期費用(事務手数料+工事費用)-キャッシュバック金額」で算出

 

キャッシュバックの金額や受け取りやすさの点から、もっともおすすめとなるのはプロバイダの「GMOとくとくBB」です。

GMOとくとくBBのおすすめポイント
最大20,000円の独自キャッシュバック
・月額料金がもっとも安い「タイプA」
高速通信規格「v6プラス」に標準対応
v6プラスWiFiルーターの無料レンタル
セキュリティソフト12ヶ月間無料

 

【ドコモ光申込窓口比較】

※価格は税抜

※実質月額はdポイント還元を含み計算

 

「@nifty」や「ぷらら」もGMOとくとくBBと同じくキャッシュバックがもらえますが、V6プラスに標準対応していなかったり設定サポートが有料だったりします。

 

ドコモ光を契約するならすべてを満たしている「GMOとくとくBB」から申し込みましょう。

GMOとくとくBBの詳細はこちら※タップで、ドコモ光×GMOとくとくBBの公式サイトへジャンプします。

 

auユーザーなら「auひかり」×「フルコミット」

 

auのスマホを利用している人は「auひかり」がもっともおすすめの光回線です。

 

「auスマートバリュー」というセット割でスマホ1台あたり最大1,000円、最大10回線までの家族のスマホが割引されて通信費全体で安くなるからです。

こうた
離れた住所の家族も対象だよ!

 

また、独自回線であるため速度が安定しやすいという速度面でのメリットもありますよ。

 

ただし、契約可能なエリアが限定されているため、契約できない住所・建物がある点に注意が必要です。

※auひかりは、福井県の一部で提供されています。

auひかり 福井県内の提供エリア
・越前市
・大野市
・勝山市
・坂井市
・鯖江市
・敦賀市
・福井市

申し込みの前には、必ずauひかりの提供エリア内かどうか、エリア確認をしましょう!
※タップでauひかりのエリア相談ができます。

 

【auひかりの概要】

※価格は税抜き

※キャッシュバックはフルコミット申し込みの場合

※実質料金は「月額料金×23+初期費用(事務手数料+工事費用)-キャッシュバック金額」で算出

 

auひかりのおすすめ申込窓口は代理店の「フルコミット」です。

 

代理店フルコミットであれば、高額のキャッシュバックを最短翌月末に、簡単な手続きで受け取れますよ!

フルコミットのおすすめポイント
最大60,000円の独自キャッシュバック
ネット契約+光電話加入で60,000円ネット契約のみでも50,000円キャッシュバック
・キャッシュバックの受け取りが最短翌月末

 

【auひかり申込窓口比較】

※価格は税抜

 

GMOとくとくBBのほうがキャッシュバック金額が大きいですが、受け取り時期が最短12ヶ月後と遅く、手続きもフルコミットと比べて手間がかかります。

 

また、フルコミットではネット契約と光電話の加入で60,000円ネット契約のみでも50,000円ものキャッシュバックがもらえます!

こうた
 
auスマートバリューを適用するには、光電話の加入が必要だよ!
光電話の加入で、無線LAN機能のルーターも無料でレンタル可能、戸建ての場合は工事費も無料になるよ!

auひかりを契約するなら「フルコミット」から申し込みましょう。

フルコミットの詳細はこちら

※タップで、auひかり正規代理店「フルコミット」の公式サイトへジャンプします。

 

auひかりがエリア外なら「So-net 光 プラス」×「So-net公式」

 

auひかりの契約ができないエリア・建物にお住まいのauユーザーの場合、おすすめとなるのは「So-net 光 プラス」です。

So-net 光 プラスはフレッツ光の回線を利用した「光コラボ」回線であるため、日本全国どこでも契約可能です。

 

また、auひかり同様に「auスマートバリュー」が適用されて、auスマホの料金割引が受けられます。

 

【So-net 光 プラスの概要】

※価格は税抜

※キャッシュバックはSo-net公式申し込みの場合

※実質料金は「月額料金×23+初期費用(事務手数料+工事費用)-キャッシュバック金額」で算出

 

So-net 光 プラスのおすすめ申込窓口は「So-net公式」です。

 

キャッシュバックのキャンペーンはありませんが、2年間で最大48,300円分の月額料金割引が受けられ、実質料金が安く利用できます。

So-net公式のおすすめポイント
2年間で最大48,300円分の月額料金割引
WiFiルーターのレンタルが永年無料
セキュリティソフトも永年無料で利用可能

 

【So-net 光 プラス申込窓口比較】

※価格は税抜

 

こうた
キャッシュバックの場合は申請手続きを忘れると特典を受けられないけど、
月額料金割引は自動で適用されるからいいね!

So-net公式なら特典の受け取り忘れがなく、確実にお得に利用できますよ。

 

So-net 光 プラスを契約するなら「So-net公式」から申し込みましょう。So-net公式の詳細はこちら※タップで、So-net光プラスの公式サイトへジャンプします。

 

ソフトバンクユーザーなら「ソフトバンク光」×「NEXT」

 

ソフトバンクスマホを契約中の人には「ソフトバンク光」がおすすめです。

 

「おうち割 光セット」が適用でき、スマホの月額料金が1台あたり最大1,000円割引されますよ。

こうた

離れた住所に住む家族もOK!
10回線までがセット割の対象だから、家庭全体の通信費がお得になるね!

 

また、他社からの乗り換えの場合、開通工事費無料や違約金補填などの公式キャンペーンも同時に利用できます。

 

【ソフトバンク光の概要】

※価格は税抜

※キャッシュバックはNEXT申し込みの場合

※実質料金は「月額料金×23+初期費用(事務手数料+工事費用)-キャッシュバック金額」で算出

 

ソフトバンク光の申込窓口でもっともおすすめなのは、代理店の「NEXT」です。

 

公式と合わせて最大56,000円の高額のキャッシュバックが受け取れます。

キャッシュバックの申請方法も、申込時にNEXTから折り返しかかってくる電話口で口座情報を伝えるだけなので、もらい忘れの心配がありません。

NEXTのおすすめポイント
最大36,000円の独自キャッシュバック
有料オプションの加入が不要
折り返しかかってくる電話口で口座情報を伝えるだけでキャッシュバック申請完了
・キャッシュバックの受け取りが最短2ヶ月
公式キャッシュバック最大20,000円も対象

 

【ソフトバンク光申込窓口比較】

※価格は税抜

 

ソフトバンク光を契約するなら「NEXT」から申し込みましょう。

NEXTの詳細はこちら※タップで、ソフトバンク光正規代理店NEXTの公式サイトへジャンプします。

 

【福井県外で契約するなら】「NURO光」×「NURO光公式特設サイト」もおすすめ


 

提供エリアが限定されていますが、ソフトバンクユーザーにおすすめの光回線には「NURO光」もあります。

こうた
福井県は現状エリア外なんだ!
今後県外に住む予定がある場合は、検討してみてね!

 

「おうち割 光セット」によりソフトバンクスマホに割引が適用されるほか、回線の速度が標準で最大2Gbpsと高速であることもおすすめのポイントです。

 

【NURO光の概要】

※価格は税抜

※キャッシュバックは公式特設サイト申し込みの場合

※実質料金は「月額料金×23+初期費用(事務手数料+工事費用)-キャッシュバック金額」で算出

 

NURO光の申込窓口は「公式特設サイト」です。

公式特設サイトのおすすめポイント
45,000円の独自キャッシュバック
有料オプションの加入が不要

 

NURO光を契約するなら、有料オプションの加入なしで45,000円のキャッシュバックがもらえる「公式特設サイト」が一番お得ですよ!

公式特設サイトの詳細はこちら※タップで、NURO光公式特設サイトへジャンプします。

 

格安スマホユーザーなら「auひかり」×「フルコミット」

 

格安スマホユーザーの場合は「auひかり」がもっともおすすめです。

 

申込窓口のキャッシュバックで実質料金が安くなる上、独自回線であるため速度の安定性にもメリットがあります。

ただし、提供エリアが限定されているため、契約予定の住所で申し込みができるかに注意が必要です。

※auひかりは、福井県の一部で提供されています。

auひかり 福井県内の提供エリア
・越前市
・大野市
・勝山市
・坂井市
・鯖江市
・敦賀市
・福井市

申し込みの前には、必ずauひかりの提供エリア内かどうか、エリア確認をしましょう!
※タップでauひかりのエリア相談ができます。

 

【auひかりの概要】※価格は税抜

※キャッシュバックはフルコミット申し込みの場合

※実質料金は「月額料金×23+初期費用(事務手数料+工事費用)-キャッシュバック金額」で算出

 

 

auひかりの申込窓口のおすすめが代理店の「フルコミット」です。

フルコミットのおすすめポイント
最大60,000円の独自キャッシュバック
ネット契約+光電話加入で60,000円ネット契約のみでも50,000円キャッシュバック
・キャッシュバックの受け取りが最短翌月末

 

ネット契約と光電話の契約で60,000円ネット契約のみでも50,000円の高額キャッシュバックが最短翌月末に受け取れます。

こうた
 
戸建ての場合、工事費無料のキャンペーンを受けるには光電話の加入が条件だよ!

auひかりを契約するなら「フルコミット」から申し込みましょう。

フルコミットの詳細はこちら

※タップで、auひかり正規代理店「フルコミット」の公式サイトへジャンプします。

 

auひかりがエリア外なら「So-net 光 プラス」×「So-net公式」

 

auひかりがエリア外の住所にお住まいの格安スマホユーザーにおすすめとなるのは「So-net 光 プラス」です。

 

auひかりやNURO光よりも実質料金が若干高額にはなりますが、月額料金割引もあり安く通信品質にも定評がある光回線です。

 

【So-net 光 プラスの概要】

※価格は税抜

※キャッシュバックはSo-net公式申し込みの場合

※実質料金は「月額料金×23+初期費用(事務手数料+工事費用)-キャッシュバック金額」で算出

 

So-net 光 プラスのおすすめ申込窓口は「So-net公式」です。

So-net公式のおすすめポイント
2年間で最大48,300円分の月額料金割引
WiFiルーターのレンタルが永年無料
セキュリティソフトも永年無料で利用可能

 

So-net光プラスを公式サイトから申し込むと、2年間で最大48,300円分の月額料金割引が受けられ、実質料金が安く利用できます。

こうた
キャッシュバックの場合は申請手続きが必要だけど、
So-net光のような月額料金割引の特典は自動で適用されるから安心だよ

 

また、So-net光プラス公式サイトでは、WiFiルーターのレンタルセキュリティソフトが永年無料で使えるため大変お得ですよ。

 

So-net 光 プラスを契約するなら「So-net公式」から申し込みましょう。

So-net公式の詳細はこちら

※タップで、So-net光プラスの公式サイトへジャンプします。

 

県外で契約するなら「NURO光」×「NURO光公式特設サイト」もおすすめ


 

「NURO光」実質料金が安く通信速度が速いため、格安スマホユーザーにおすすめの光回線です。

ただし、福井県は提供エリア外となるため、今後県外で光回線を契約する予定がある場合の候補として覚えておくと良いでしょう。

 

【NURO光の概要】

※価格は税抜

※キャッシュバックは公式特設サイト申し込みの場合

※実質料金は「月額料金×23+初期費用(事務手数料+工事費用)-キャッシュバック金額」で算出

 

NURO光のおすすめ申込窓口は「公式特設サイト」です。

公式特設サイトのおすすめポイント
45,000円の独自キャッシュバック
有料オプションの加入が不要

 

NURO光を契約するなら、45,000円のキャッシュバックがもらえる「公式特設サイト」から申し込みましょう!

公式特設サイトの詳細はこちら※タップで、NURO光公式特設サイトへジャンプします。

 

インターネット回線のおすすめキャッシュバック窓口2社【ホームルーター編】

 

 

自宅でしかインターネットを利用しない」「光回線の工事ができない」という人にはホームルーターがおすすめです。

 

ホームルーターの種類は大きく「WiMAX」と「ソフトバンクエアー」の2種類に分けられます。

こうた

速度を重視するのか、月間のデータ容量を重視するのかによって、選択肢が変わるよ!

 

【WiMAX・ソフトバンクエアー比較】

エリアについて△:一部使えない地域がある

それぞれ、GMOとくとくBB WiMAX・モバレコエアーから申し込んだ場合。

速度制限について◎:制限なし △:3日で10GBの制限あり

 

おすすめホームルーター
速度を重視するなら
 →「GMOとくとくBB WiMAX」
データ容量完全無制限なら
 →「モバレコエアー」

 

速度を重視するなら「GMOとくとくBB WiMAX」

 

「GMOとくとくBB WiMAX」は速度を優先したい人におすすめのホームルーターです。

 

上記表のように、WiMAXは光回線に近い速度での利用が可能です。

 

【WiMAXの概要】

 

価格は税抜

キャッシュバックはGMOとくとくBB申し込みの場合

実質料金は「月額料金×24+初期費用(事務手数料+端末代金)-キャッシュバック金額」で算出

 

WiMAXはプロバイダごとに申込窓口があり、月額料金やキャッシュバックなど内容が大きく異なります。

こうた

ちなみに、性能や端末については、どこから申し込んでも違いはないよ!

 

WiMAXのおすすめ申込窓口は「GMOとくとくBB」

 

キャッシュバックの金額がもっとも高額であり、実質料金が最安です。

GMOとくとくBBのおすすめポイント
最大32,500円の独自キャッシュバック
端末代金が無料

 

【WiMAX申込窓口比較】

価格は税抜

 

WiMAXを契約するなら「GMOとくとくBB」から申し込みましょう。

GMOとくとくBBの詳細はこちら

※タップで、WiMAX×GMOとくとくBBの公式サイトへジャンプします。

 

データ容量完全無制限なら「モバレコエアー」

 

「ソフトバンクエアー」は月間のデータ容量が完全無制限であるため、大量のデータ通信を行う人におすすめのホームルーターです。

 

【ソフトバンクエアーの概要】

価格は税抜

キャッシュバックはモバレコエアー申し込みの場合

実質料金は「月額料金×24+初期費用(事務手数料+端末代金)-キャッシュバック金額」で算出

 

ソフトバンクエアーのおすすめ申込窓口は、「モバレコエアー」です。

モバレコエアーのおすすめポイント
17,000円の独自キャッシュバック
有料オプションの加入が不要
・キャッシュバックの受け取り手続きが簡単
・キャッシュバックの受け取りが最短翌月末

 

【ソフトバンクエアーの申込窓口比較】

価格は税抜

実質料金は「月額料金×24+初期費用(事務手数料+端末代金)-キャッシュバック金額」で算出

 

上記表ではより実質料金がモバレコエアーよりも安い窓口がありますが、これらはキャッシュバック受け取りのために有料オプションの加入が必要となるためおすすめできません。

 

モバレコエアーなら、有料オプションの加入ナシで、利用開始月の翌月に届くメールに沿って申請手続きを進めれば、最短翌月末にキャッシュバックが振り込まれます

こうた
 
翌月だから忘れにくいし、振り込まれるのも時期が早くていいね!

ソフトバンクエアーを契約するなら「モバレコエアー」から申し込みましょう。

モバレコエアーの詳細はこちら

※タップで、モバレコエアーの公式サイトへジャンプします。

 

インターネット回線のおすすめキャッシュバック窓口4社【ポケットWiFi編】

 

 

「外出先でもインターネット環境が必要」という人にはポケットWiFiがもっともおすすめの回線です。

 

ポケットWiFiには大きく分けて「WiMAX」と「クラウドSIM系ポケットWiFi」の2種類があります。

WiMAXの特徴
・大手UQコミュニケーションズが提供している
速度が速い安定している
実質無制限で使える(3日で10GBの制限あり)

 

クラウドSIM系ポケットWiFiの特徴
・3回線利用で全国ほとんどの場所で使える
データ容量のプランが豊富
・WiFiによっては海外でも利用できる

 

クラウドSIM系のポケットWiFiはドコモ・au・ソフトバンクの3社の回線が利用でき全国ほとんどの場所で使えるため、WiMAXがエリア外の方にもおすすめです。

おすすめポケットWiFi
速度を重視するなら
 →「GMOとくとくBB WiMAX」
・あまり使わないなら
 →低用量20GBプラン:「ゼウスWiFi」
・そこそこ使うなら
 →中容量50GBプラン:「Ex Wi-Fi」
・よく使うなら
 →大容量100GBプラン:「Mugen WiFi」

※タップで詳しい解説へジャンプします。

 

【ポケットWiFi比較】

価格は税抜

 

上記比較表をもとにおすすめのポケットWiFiを表すと、以下のとおりです。

 

速度を重視するなら「GMOとくとくBB WiMAX」

「WiMAX」は独自の回線を利用して提供されていることもあり、速度の安定性に定評があります。

 

【ポケットWiFi速度ランキング】

引用:みんそく

 

また、3日で10GB以上という短期間での速度制限条件がありますので注意しましょう。

しかし、速度制限中も1Mbpsで利用できますので、制限中もインターネットを楽しむことができます。

1Mbpsでできること
・動画再生(標準画質)
・ビデオ通話
・Twitter など

 

【WiMAXの概要】

価格は税抜

キャッシュバックはGMOとくとくBB申し込みの場合

実質料金は「月額料金×24+初期費用(事務手数料+端末代金)-キャッシュバック金額」で算出

 

WiMAXのおすすめ申込窓口は「GMOとくとくBB」です。

 

WiMAXは申込窓口によって月額料金やキャッシュバックの金額が変わりますので、もっとも実質料金の安い窓口を選びましょう。

こうた
料金やキャンペーンは違うけれど、
どこから申し込んでも、提供される機器や回線品質は変わらないよ!

GMOとくとくBBのおすすめポイント
最大28,800円の独自キャッシュバック
端末代金が無料

 

WiMAXを契約するなら「GMOとくとくBB」から申し込みましょう。

GMOとくとくBBの詳細はこちら

※タップで、WiMAX×GMOとくとくBBの公式サイトへジャンプします。

 

あまり使わないなら、低用量20GBプランが一番安い「ゼウスWiFi」

 

 

毎月の利用データ使用量が20GB以下と少なめなら、月間20GBまで使えるポケットWiFiの中で一番安い「ゼウスWiFi」がおすすめです。

最安級の月額料金で使えます。

 

さらに、2年以上利用すれば以降解約違約金もかかりませんよ!

 

【ゼウスWiFiの概要】

価格は税抜

実質料金は「月額料金×24+初期費用(事務手数料+端末代金)-キャッシュバック金額」で算出

ゼウスWiFiの詳細はこちら

※タップで、ゼウスWiFiの公式サイトへジャンプします。

 

そこそこ使うなら、中容量50GBプランが安い「Ex WiFi」

 

 

「Ex WiFi」には月間50GB上限のプランがあり、50GBプランのあるポケットWiFiはEx Wi-Fiのみです。

 

50Gよりもう少し使いたいなら「MONSTER MOBILE」、40GBまでの容量でも十分であればゼウスWiFiを検討しましょう。

 

【Ex WiFiの概要】

価格は税抜

実質料金は「月額料金×24+初期費用(事務手数料+端末代金)-キャッシュバック金額」で算出

Ex Wi-Fiの詳細はこちら

※タップで、Ex Wi-Fiの公式サイトへジャンプします。

 

よく使うなら、大容量100GBプランが安い「Mugen WiFi」

 

毎月たくさんのデータ通信を行う人の場合は、月間100GBのプランが最安の月額料金で契約できる「Mugen WiFi」がおすすめです。

 

2年以上利用すれば以降の解約に違約金がかかりませんよ。

 

また、現在利用開始から30日以内であれば無料で解約ができる、「30日間おためし全額返金キャンペーン」も実施中です。

 

さらに、現在MugenWiFiでは10,000円のキャッシュバックキャンペーンも行っています!

申請手続きが、利用開始から14か月目と23ヶ月目に来る申請手続きメールに沿って、計2回の手続きが必要ですので、忘れないように注意しましょう。

こうた
カレンダーやスマホのリマインダーなどにメモしておくといいよ!

 

【Mugen WiFiの概要】

価格は税抜

実質料金は「月額料金×24+初期費用(事務手数料+端末代金)-キャッシュバック金額」で算出

 

MugenWiFiの詳細はこちら※タップで、MugenWiFiの公式サイトへジャンプします。

 

注目ポイントは4つ!インターネット回線のキャッシュバック窓口の選び方

 

 

キャッシュバックのもらえるインターネット回線の申込窓口選びには、以下の4つのポイントに注目しましょう。

インターネット回線申込窓口選びのポイント
キャッシュバック金額が高い窓口を選ぶ
受け取り時期が早い窓口を選ぶ
受け取り方法が簡単な窓口を選ぶ
受け取り条件がゆるい窓口を選ぶ

 

キャッシュバック金額が高い窓口を選ぶ

 

インターネット回線の料金を比較する際は、月額料金ではなく「実質料金」での比較が正確です。

 

この実質料金にはキャッシュバックで差し引かれる金額も含まれるため、キャッシュバック金額が高いほど実質料金も安いと言えます。

実質料金の算出方法
月額料金 × 契約月数 + 初期費用(契約事務手数料・工事費・端末代金) - キャッシュバック金額

 

なお、キャッシュバックは現金だけでなく商品券やポイントなどの場合もあるため、どの方法で還元されるのかよく確認しておきましょう。

 

また、申込窓口のサイトには窓口独自のキャッシュバックに公式の特典を含めることで還元額を大きく見せているところもあるため注意が必要です。

 

公式のキャンペーンは原則どの窓口から申し込んでも適用されるため、比較ポイントにはなりません。

 

受け取り時期が早い窓口を選ぶ

 

申込窓口の中にはキャッシュバックの受け取り手続きが開通から1年後など遠くに設定されているところもあり、そのような窓口だと受け取り忘れの可能性が高くなります。

いくらキャッシュバック金額が高くとも、受け取り忘れてしまっては意味がないため、忘れてしまう心配がある人はできるだけ受け取り時期が速い窓口を選びましょう。

 

受け取り方法が簡単な窓口を選ぶ

 

受け取りの方法・手続き自体が簡単な窓口を選ぶこともポイントです。

 

窓口によっては申請用の書面を取り寄せて返送する、Webと郵送両方からの手続きなど手順を多く複雑に設定しているところがあり、その場合途中で諦めてしまったり、不備により受け取りできなかったりする可能性が高くなります

 

申込時の電話で受け取り用口座情報を口頭で伝えるだけなど、受け取り方法が簡単な窓口を優先して選ぶと良いでしょう。

 

受け取り条件がゆるい窓口を選ぶ

 

受け取り条件ができるだけゆるい窓口を選ぶことも窓口選びの重要なポイントです。

特に以下のような条件には注意しましょう。

 

【よくあるキャッシュバックの厳しい条件とリスク】

 

こうた
不要なオプションに加入すると、逆に月々の支払いが高くなってしまうよ!
無理のない条件で受け取れるところを選ぼうね!

 

キャッシュバックを利用してインターネット回線を契約する際の5つの注意点

 

 

キャッシュバックを利用してインターネット回線を契約する際は以下の5つに注意しましょう。

キャッシュバックの注意点
キャッシュバックの受け取り忘れに注意する
有料オプションの解約忘れに注意する
セット割の申請忘れに注意する
Web窓口以外から申し込むと損をする可能性がある
再契約の場合、基本的にキャッシュバックは受け取れない

 

キャッシュバックの受け取り忘れに注意する

 

キャッシュバックの受け取りに手続きが必要な窓口で申し込んだ場合、その手続きを忘れてしまうとキャッシュバックが受け取れません。

中には手続きができるタイミングが申し込みから何ヶ月も経ってからと遠いタイミング設定されていることもあるため、いつ手続きが必要なのかを必ず把握しておきましょう。

 

忘れないために、メモを目に付く場所に貼っておくと良いでしょう。

 

有料オプションの解約忘れに注意する

 

キャッシュバックの条件に有料オプションの加入がある窓口の場合、キャッシュバックが適用されたらオプションを外しましょう。

有料オプションの解約を忘れてしまうとキャッシュバックでお得になる金額が減ってしまい、最終的に損してしまう可能性があります。

 

ただし、条件によっては解約が早すぎるとキャッシュバックが無効になってしまう場合があるため、タイミングにも注意が必要です。

 

セット割の申請忘れに注意する

 

光回線とスマホとのセット割を利用する場合は、セット割の申請忘れに注意しましょう。

特に家族の回線をセット割に組み込む場合に電話窓口やショップでの申請が必要になるケースがあります。

 

こうた

docomoの場合は、申請不要だよ!

 

Web窓口以外から申し込むと損をする可能性がある

 

サイトに記載されているキャッシュバック額がもらえるのはそのキャンペーンを行っているWeb窓口からのみです。

そのため、別の窓口(家電量販店やショップ)から申し込んでしまうと、キャッシュバックをもらえなかったり、キャッシュバック額が違ったりしてしまいますので注意しましょう。

 

再契約の場合、基本的にキャッシュバックは受け取れない

 

一度利用したことのある窓口から再契約で申し込みをする場合、基本的にキャッシュバックなどの窓口限定特典は対象外です。

別名義で申し込むと同じ窓口からでもキャッシュバックがもらえる可能性がありますが、その判断は窓口によってまちまちであるため再契約の場合は別の窓口から申し込みをしたほうが良いでしょう。

 

キャッシュバック以外に注目すべき2つのポイント

 

 

インターネット回線を選ぶ際はキャッシュバックの金額だけではなく以下2つにも注目しましょう。

 

キャッシュバックが高ければ料金は確かに安くなりますが、実際に契約できるのか、利用に支障はない回線であるかは重要なポイントです。

キャッシュバック以外の注目ポイント
提供エリア
通信速度の速さ


提供エリア

 

契約する回線サービスによっては提供エリアが限定されているものがあり、エリア外の住所からは申し込みができません。

事前に申し込みができるのかを、各サービスの提供エリア判定から確認しておきましょう。

 

通信速度の速さ

 

通信速度が遅い回線であると、いくらキャッシュバックで料金が安くなったとしても使い物になりません。

実際にどのくらいの速度が規定できるのかをTwitterなどSNSでの口コミやみんそくなど速度評価サイトなどを参考に調べておきましょう。

 

まとめ

 

インターネット回線には「光回線」「ホームルーター」「ポケットWiFi」の3つの選択肢があります。

それぞれがおすすめの人、おすすめのサービス・申込窓口をまとめると以下のとおりです。

光回線の還元額が高い申込窓口
・ドコモユーザーにオススメ
→ドコモ光「GMOとくとくBB」
auユーザーにおすすめ
 →auひかり「フルコミット」
  →auひかりがエリア外:So-net光「So-net公式」
ソフトバンクユーザーにおすすめ
 →ソフトバンク光「NEXT」
格安スマホユーザーにおすすめ
 →auひかり「フルコミット」
  →auひかりがエリア外:So-net光「So-net公式」

ホームルーターの還元額が高い申込窓口
速度を重視するなら
 →「GMOとくとくBB WiMAX」
データ容量完全無制限なら
 →「モバレコエアー」

ポケットWiFiの元額が高い申込窓口
・速度を重視するなら
 →「GMOとくとくBB WiMAX」
・あまり使わないなら
 →低用量20GBプランが安い「ゼウスWiFi」
・そこそこ使うなら
 →中容量50GBプランが安い「Ex Wi-Fi」
・よく使うなら
 →大容量100GBプランが安い「Mugen WiFi」

 

また、インターネット回線の申込窓口を選ぶ際に注目するべきは「キャッシュバック」です。

キャッシュバックの金額が高いほど実際にかかる費用が安くなりお得ですよ。

 

ただし、キャッシュバックを受け取る際には以下の点にも注意しましょう。

キャッシュバックの注意点
キャッシュバックの受け取り忘れに注意する
有料オプションの解約忘れに注意する
セット割の申請忘れに注意する
Web窓口以外から申し込むと損をする可能性がある
再契約の場合、基本的にキャッシュバックは受け取れない

 

自分に合ったインターネットを、よりオトクに申し込むためにぜひ参考にしてみてくださいね!

 

※掲載内容に誤りや修正などがありましたら、こちらからご連絡いただけると幸いです。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新情報はお電話等で直接取材先へご確認ください。

わたしのネット編集部
writer : わたしのネット編集部

月間100万人が閲覧するインターネットの総合情報サイトの「わたしのネット」の運営者。インターネット回線の正しい比較情報を届けるために、ふーぽへ出張中。日本で一番わかりやすいインターネット回線の解説記事を目指しています。

LINEにおすすめ情報が届くよ

Twitter

こちらもクリック!情報いろいろ

新着の記事

あわせて読みたい

キーワード検索

おもしろコンテンツを発掘しよう!
過去の読みものをシャッフル表示

人気記事ランキング

人気記事ランキング

ページ上部へ
閉じる

サイト内検索

話題のキーワード

メニュー閉じる