【決定版】福井県の電力会社徹底比較!北陸電力との違いや料金差も紹介

【決定版】福井県の電力会社徹底比較!北陸電力との違いや料金差も紹介

この記事は、福井県で電力会社の乗り換えを検討している人に向けて、福井県でサービスを展開している電力会社の比較・紹介をしています。

 

まず電力自由化周りにリテラシーがある状態で判断できるように、北陸電力と新電力会社の違いを詳しく解説します。

 

そのうえで、当サイトおすすめの電力会社を世帯別で紹介

 

さらに自分に合った電力会社を見つけられるように、比較一覧表も掲載しています。

 

福井県で電力会社を乗り換える際の簡単な流れやよくある質問などもまとめているので、最後まで読むことで後悔のない電力会社選びができるでしょう。

 

わたしのネット編集部
インターネット回線専門メディア「わたしのネット」の出張記事です!
この記事では、福井県で使えるおすすめの電力会社についてお伝えします。

※2021年8月時点の情報です。
※価格は税込です。

福井県で新電力会社に乗り換えるなら知っておきたい!北陸電力と新電力会社の違い

 

まずは現在、福井県に住んでいる多くの家庭が契約している「北陸電力」と、新電力会社の違いを解説します。

 

「電力会社を乗り換えたら電気が届かなくなるんじゃないの?」といった疑問にお答えしながら、乗り換えると何が得になるのかをお伝えしましょう。

 

サービスを提供している会社が違う

もっとも大きな違いは、電力供給のサービスを提供する会社が違うことです。

 

現在は、電力自由化によって個人が好きな電力会社と自由に契約を結べます。

 

北陸電力よりも安い料金プランを提示する電力会社も多く、月々の電気代を引き下げることも可能です。

 

▶電力自由化とは

従来は、北陸電力のような地域を管轄する電力会社と契約することが、半ば強引に決められていました。

 

この決まりを撤廃したのが、2016年に実施された電力自由化(電力の小売全面自由化)です。

 

こうた
これによって、個人が好きな電力会社と契約する自由を与えられ、割安なプランやお得なキャンペーンを用意する新電力会社に乗り換えられるようになったよ!

 

▶新電力会社でも安定して電気は供給される

ここで気になるのは「北陸電力以外の電力会社に任せたら、停電が多発するのではないか」といった疑問ではないでしょうか。

 

結論から申し上げれば、そのような心配をする必要はありません

 

こうた
新電力会社は、北陸電力など既存の電力会社から購入した電力を小売りすることが多いため、電気や供給の品質が下がることがないよ。

 

電力会社によっては自力で発電することもありますが、いずれにしてもこれまでと同じ送電線を通って電力が供給されるため、発電が不安定になることはありません

 

料金が安くなる傾向にある

福井県から契約できる新電力会社は、北陸電力の料金をベースに価格設定をしているため、北陸電力と比べて料金が安くなる傾向にあります。

 

ただしさまざまなプランが存在するので、今の自分の契約内容を確認して、家族構成・ライフスタイルに合ったプランを選ばなければ十分な恩恵を受けられません。

 

こうた
毎月の「契約アンペア数」や「電気使用量」を把握したうえで、お得に使えるプランを選ぼうね!

 

サービス内容やサポート体制が違う

電力会社によってサービス内容やサポート体制は異なります。

 

新電力会社の中には、料金を安くする代わりにサービスを簡素化させている会社も存在します。

 

こうた
北陸電力と同じ感覚でサービスを受けると、思ったような手厚いサポートを受けられずに困ってしまう場合があるかもよ。

 

料金だけに注目するのではなく、新電力会社の特徴を把握したうえで契約しましょう

 

【結論】福井県 世帯別おすすめ電力会社

 

結論として、福井県でおすすめの電力会社は世帯別に以下の3社です。

 

<福井県でおすすめの電力会社>

※タップで詳しい解説へジャンプします

 

各社の特徴を、北陸電力との料金差に触れながら詳しく解説します。

 

一人暮らし向けおすすめ電力会社:Looopでんき

引用:Looopでんき

「Looopでんき」は基本料金が0円で、使った分だけの従量料金を支払うシステムなので、電気使用量が少ない一人暮らしの方に向いています

 

また、従量料金も21.3円/kWhに固定されているため、使った電気量が少なくても割高になる恐れがなく、お得に契約できます。

 

こうた
北陸電力との料金を比較してみたよ。

 

【北陸電力との料金比較表】
基本料金 Looopでんき 北陸電力
10A 0円 242円
15A 363円
20A 484円
30A 726円
40A 968円
50A 1,210円
60A 1,452円
従量料金 Looopでんき 北陸電力
~120kWh 21.3円 17.84円
120~300kWh 21.73円
300kWh~ 23.44円

 

仮に20Aの契約で1ヶ月120kWhを利用した場合、差額は以下のとおりです。

 

  • Looopでんき:基本料金0円+従量料金21.3円×120=2,556円
  • 北陸電力   :基本料金484円+従量料金17.84円×120=2,625円

 

差額として約69円分、Looopでんきのほうがお得になりました。

 

年額に換算すると約828円分、Looopでんきを選んだほうがお得です。

 

アンペア数が上がったり、電気使用量が増えたりした場合、さらにLooopでんきのお得度は増します。

 

こうた
Looopでんきにはセット割があり、以下の条件に該当するとさらに料金が安くなるよ!

 

割引 適用条件 割引額
(1kWhあたり)
ガス割 電気とガスのセット -0.4
ソーラー割 Looopに売電 -1.0
Looopでんち割 Looopでんち購入 -3.0
EV割 EV利用者 -1.0

 

たとえば「ガス割」を適用すると、従量料金は20.9円/kWhにまで下がりますよ。

 

お得なセット割を上手に使って、一人暮らしの電気代をさらに抑えましょう。

Looopでんき詳細はこちらから

※タップでLooopでんきの公式サイトへジャンプします※

 

二人~三人暮らし向けおすすめ電力会社:エルピオでんき

引用:エルピオでんき

二人~三人暮らし向けのおすすめ電力会社は「エルピオでんき」です。

 

まずは、基本料金と従量料金を北陸電力と比較しながらご紹介します。

 

【北陸電力との料金比較表】
基本料金 エルピオでんき 北陸電力
10A 対応なし 242円
15A 363円
20A 484円
30A

0円

726円
40A 968円
50A 1,210円
60A 1,452円
従量料金 エルピオでんき 北陸電力
~120kWh 21.3円 17.84円
120~300kWh 21.73円
300kWh~ 23.44円

 

エルピオでんきの場合、30Aからの契約となるため一人暮らしには向きませんが、条件面では先ほどご紹介したLooopでんきとまったく同じで割安です。

 

30Aで200kWhを使用した場合の料金を計算してみましょう。

 

  • エルピオでんき:基本料金0円+従量料金21.3円×200=4,260円
  • 北陸電力   :基本料金726円+従量料金21.73円×200=5,072円

 

差額は812円で、圧倒的にエルピオでんきがお得です。

 

年額に換算すると、9,744円という差額が生まれます

 

こうた
エルピオでんきでは、2021年7月1日~9月30日までの期間限定で、新規契約者に向けたキャッシュバックキャンペーンを実施しているよ!

 

契約容量30Aの場合、契約から11ヶ月目の電気料金から3,500円が割引されるため、よりお得に電力を使用できますよ。

エルピオでんき詳細はこちらから

※タップでエルピオの公式サイトへジャンプします※

 

四人~暮らし向けおすすめ電力会社:HTBエナジー(HISでんき)

引用:HTBエナジー

四人以上のご家庭におすすめの電力会社は、「HTBエナジー(HISでんき)」です。

 

50A・60Aというアンペア数での契約がお得なので、二世帯住宅にお住まいの方にも向いています。

 

こうた
さっそく、北陸電力との差額をチェックしてみよう!

 

【北陸電力との料金比較表】
基本料金 HISでんき 北陸電力
50A 605円 1,210円
60A 726円 1,452円
従量料金 HISでんき 北陸電力
~120kWh 19.91円 17.84円
120~300kWh 21.73円
300kWh~ 23.44円

 

HISでんきの基本料金は北陸電力の半額で、従量料金は19.91円/kWhに固定されています。

 

50Aで400kWhを使用した場合の料金を比較してみましょう。

 

  • HISでんき:基本料金605円+19.91円×400=8,569円
  • 北陸電力:基本料金1,210円+23.44円×400=10,586円

 

HISでんきを選ぶと、毎月2,017円もお得という試算結果が出ました。

 

こうた
これを年額に換算すると、HISでんきに乗り換えるだけで24,204円の節約が可能だよ!

 

HISでんきは、旅行代理店大手のHISが運営する電力会社ということもあり、現在は契約者限定でオンライン旅行が20%割引になるキャンペーンも実施しています。

 

コロナ禍から抜け出せば、実際の旅行にも割引が適用される可能性があるので、家族旅行もお得に楽しめるかもしれませんね。

HTBのエナジー(HISでんき)詳細はこちらから

※タップでHTBエナジー(HISでんき)の公式サイトへジャンプします※

 

福井県でサービスを展開している電力会社一覧

 

すでにお得な電力会社は結論付けましたが、それ以外の電力会社も比較してみたいという方に向けて、福井県でサービスを展開している電力会社をさらに5社ご紹介します

 

Japan電力

引用:Japan電力

【Japan電力】
料金 基本料金 0円
従量料金 20.50円
北陸電力との金額差 基本料金 -726
(30Aの場合)
従量料金 最大-2.94
プラン くらしプラン
しごとプラン
どうりょくプラン
対応エリア 全国
セット割等のキャンペーンの有無 なし
サポート対応時間 地域電力会社が対応
違約金の有無 なし
公式サイトURL https://www.japaden.jp
向いている世帯 全世帯

Japan電力詳細はこちらから

※タップでJapan電力の公式サイトへジャンプします※

 

0円でんき

引用:0円でんき

【0円でんき】
料金 基本料金 0円
従量料金 21.2円
北陸電力との金額差 基本料金 -726
(30Aの場合)
従量料金 最大-2.24
プラン ファミリー向けプラン
事務所・飲食店向けプラン
対応エリア 北海道、東北、沖縄を除く全国
セット割等のキャンペーンの有無 なし
サポート対応時間 地域電力会社が対応
違約金の有無 なし
公式サイトURL https://zeroen-denki.com/
向いている世帯 ファミリー

0円でんき詳細はこちらから

※タップで0円でんきの公式サイトへジャンプします※

 

楽天でんき

引用:楽天でんき

【楽天でんき】
料金 基本料金 0円
従量料金 22円
北陸電力との金額差 基本料金 -726
(30Aの場合)
従量料金 最大-1.44
プラン プランS
プランM
動力プラン
対応エリア 全国
セット割等のキャンペーンの有無 なし
サポート対応時間 9時30分~17時30分(毎日)
違約金の有無 なし
公式サイトURL https://energy.rakuten.co.jp/
向いている世帯 ファミリー

楽天でんき詳細はこちらから

※タップで楽天でんきの公式サイトへジャンプします※

 

石川電力

引用:石川電力

【石川電力】
料金 基本料金 30A:720円
40A:960円
50A:1,200円
60A:1,440円
従量料金 ~120kWh:17.85円
121~400kWh:20.65円
401kWh~:21.11円
北陸電力との金額差 基本料金 30A:-6
40A:-8
50A:-10
60A:-12
従量料金 ~120kWh:±0
121~400kWh:-1.09
401kWh~:-2.34
プラン 家庭用プラン
法人低圧プラン
低圧動力プラン
対応エリア 北陸
セット割等のキャンペーンの有無 なし
サポート対応時間 明記なし
違約金の有無 あり
公式サイトURL https://iepco.co.jp/
向いている世帯 ファミリー

石川電力詳細はこちらから

※タップで石川電力の公式サイトへジャンプします※

 

スマ電CO2ゼロ

引用:スマ電CO2ゼロ

【スマ電CO2ゼロ】
料金 基本料金 0円
従量料金 23.40円
北陸電力との金額差 基本料金 -726
(30Aの場合)
従量料金 -0.04
プラン CO2ゼロ ホームプラン
CO2 ショッププラン
対応エリア 北海道、沖縄を除く全国
セット割等のキャンペーンの有無 なし
サポート対応時間 地域電力会社が対応
違約金の有無 あり
公式サイトURL https://smaden.com/
向いている世帯 ファミリー

スマ電CO2ゼロ詳細はこちらから

※タップでスマ電CO2ゼロの公式サイトへジャンプします※

 

福井県で電力会社を乗り換える際の簡単な流れ

 

電力会社を乗り換える際は、現在契約している電力会社を解約してから新しい電力会社と契約し、電力の供給を再開するというのが基本的な流れです。

 

初めて新電力会社と契約する場合と、電力会社を乗り換える場合の2パターンにわけて、乗り換え完了までの流れをご紹介します。

 

初めて新電力会社と契約する場合

初めて新電力会社と契約する場合、以下の流れで手続きを行います。

 

①新電力会社を選ぶ
まずはさまざまな特徴を持つ会社の中から、自分に合ったプランを提供する会社を選びましょう

 

②現在の電力会社に解約を申し入れる(引っ越しの場合のみ)
引っ越しをする場合は、現在の電力会社に電話で解約を申し入れます。

 

③Webから申し込む
新電力会社の申し込みフォームに必要事項を入力して、新電力の申し込みを行います。
申し込み内容の確認や契約手続きは、基本的にメール等でのやり取りが普通です。
申請が通った場合、利用開始予定日がメールや電話で伝えられるため、よく確認しましょう。

 

④スマートメーターの有無を確認する
新電力の契約には、スマートメーターが必須です。
スマートメーターが設置されていない場合は、あらかじめ設置工事を依頼しましょう。

 

➄電力会社が切り替わる
開通予定日の連絡が届き、自動的に電力会社が切り替わります。
引っ越し以外の場合、旧電力会社への解約の申請は、原則としてすべて新電力会社が行います。

 

⑥ブレーカーを上げる(引っ越しの場合のみ)
引っ越しの場合は、ブレーカーを上げて電力の供給を開始しましょう。

 

 

▶新しく新電力会社と契約する際の注意点

注意点は、お住まいの住宅事情によって電力会社を選べないケースがあることです。

 

とくに大規模なマンションの場合、すでにマンション全体で電力の一括契約を結んでいる場合があり、こういったケースでは自分自身の判断で好きな電力会社を選べません。

 

電力会社を乗り換える場合

続いて、電力会社を乗り換える場合の手続き方法をご紹介しましょう。

 

①新電力会社を選ぶ
まずは、現在契約している電力会社よりもお得に契約できる新電力会社を選びましょう。
キャッシュバックなどのキャンペーンを実施している会社なら、今の電力会社と条件がまったく変わらなかったとしても、キャンペーン分の利益を確保できます。
電力会社を契約する回数に限りはないので、お得な電力会社が見つかり次第、すぐにほかの電力会社に乗り換えるという人も多く存在します。

 

②Webから申し込む
契約したい新電力会社が見つかったら、Webから申し込みを行いましょう。
申請が通った場合は、開通の予定日時がメールまたは電話で伝えられます。
現在契約中の電力会社への連絡は、新しく契約する電力会社から行うことが普通で、自分自身で解約の申し込みをする必要はありません。

 

③スマートメーターがついているか確認する
新電力会社からの乗り換えの場合、基本的にすでにスマートメーターは取り付けられていると考えて問題ありません。
ただ、念のためにスマートメーターの有無を確認しましょう。
スマートメーターが付いていない場合、電力の乗り換えに先駆けて工事を行い、旧メーターをスマートメーターに付け替える工事が行われます。

 

④開通予定日に新しい電力会社へと切り替わる
大きなトラブルが起こらなければ、事前に通知されていた開通予定日から、新しい電力会社へと電気の供給元が切り替わります。
自分自身で手続きや切り替え作業等を実施する必要はありません

 

 

▶電力会社を乗り換える際の注意点

新しく契約する電力会社によっては、契約期間が設定されています。

 

契約期間内に解約すると違約金を請求される可能性があるため、契約内容を事前に細かく確認しておきましょう。

 

こうた
まれに事務手数料を徴収する電力会社もあり、電気代の支払いにかかるトータルのコストがかさむリスクがあることにも注意!

 

また、解約する電力会社が違約金を徴収する場合、解約のタイミングで既定の料金を支払います。

 

これらのコストを加味したうえで乗り換えるとお得になるかどうか、慎重に判断しましょう。

 

電力会社を比較するうえでのQ&A

最後に、電力会社を比較するうえで多く寄せられる5つの質問にお答えします。

 

 

順番に、詳しく確認していきましょう。

 

北陸電力と新電力会社の違いは?

サービスを提供している会社の違いです。

 

2016年の電力自由化によって、北陸電力など、地域電力会社以外の新電力会社とも契約できるようになりました。

 

料金面では新電力会社のほうがお得になるケースが多いものの、電気の質自体は変わらず、停電などの問題が発生するリスクや頻度はどちらも変わりません。

 

電力会社を乗り換えるだけで北陸電力より電気料金が安くなる?

新電力会社は、北陸電力の料金をベースに料金プランを組んでいるため、基本的には乗り換え後の料金のほうが安くなるでしょう。

 

ただし、電力会社によって用意しているプランが異なり、一人暮らしの人がお得な会社があれば、五人以上などの大家族ほどお得な会社もあります。

 

たとえば「電力使用量が多い人ほど安く、少ない人ほど高い」といった特徴を持つ電力会社を、一人暮らしの人が選んだ場合、北陸電力時代よりも料金が高くなる可能性があるため要注意です。

 

こうた
また、電力会社によっては契約期間中に解約すると、1,000~2,000円程度の違約金を徴収することがあるよ!

 

こういったマイナス要素も加味しながら、お得かどうかを検討する必要があります。

 

福井県で電力会社を比較するうえでのポイントと注意点は?

まずは毎月どれくらいの電気を使っているのかを正確に把握して、自分自身のライフスタイルに合ったプランを提供する電力会社に絞り込みましょう。

 

緊急時の問い合わせを自社で対応せず、北陸電力に一任する会社も存在します。

 

料金の安さだけではなく、サービスの良さにも注目することをおすすめします。

 

福井県でおすすめの新電力会社は?

同居している人数に応じて、以下の新電力会社がとくにおすすめです。

 

<福井県でおすすめの電力会社>

※タップで詳しい解説へジャンプします

 

一人暮らしの世帯におすすめのLooopでんきは、アンペア数に関わらず基本料金が0円で、使った分だけお金を払うシステムが特徴的です。

 

エルピオでんきは30Aからの契約となるものの、11ヶ月目の電気料金が3,500円安くなるキャンペーンを実施しているため、よりお得に契約できます。

 

北陸電力と比較して、年間で数万円単位の節約ができる新電力会社もあるので、この機会に乗り換えを検討しましょう。

 

そもそも賃貸住宅でも電力会社の切り替えは可能?

賃貸住宅でも電力会社の切り替えは可能です。

 

基本的には、それぞれの住民が好きな電力会社を選んで契約できます。

 

こうた
ただし大規模なマンションの場合、マンションが電力会社と一括契約を結んでいる場合があり、このケースでは自由に電力会社を選べないよ。

 

引っ越し先で好きな新電力会社との契約を結べるかどうか知りたいという場合は、マンションの管理会社や大家さん、契約した不動産会社に問い合わせましょう

 

まとめ

福井県では、多くの新電力会社がサービスを提供しています。

 

地域を管轄している北陸電力と契約を維持し続けるよりも、お得な条件で契約できる可能性が高いでしょう。

 

北陸電力と新電力会社の違いは、サービスを提供する会社の違いというだけであり、電気そのものや供給能力にはまったく違いがありません。

 

こうた
数多くの新電力会社の中から、当サイトがとくに契約をおすすめする新電力会社は、家族構成別に以下のとおり!

 

<福井県でおすすめの電力会社>

※タップで詳しい解説へジャンプします

 

お得なキャンペーンを提供している電力会社や、北陸電力と比べて年間数万円単位の節約を見込める電力会社もあるので、この機会に乗り換えを検討しましょう

 

※掲載内容に誤りや修正などがありましたら、こちらからご連絡いただけると幸いです。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新情報はお電話等で直接取材先へご確認ください。

わたしのネット編集部
writer : わたしのネット編集部

月間100万人が閲覧するインターネットの総合情報サイトの「わたしのネット」の運営者。インターネット回線の正しい比較情報を届けるために、ふーぽへ出張中。日本で一番わかりやすいインターネット回線の解説記事を目指しています。

LINEにおすすめ情報が届くよ

Twitter

こちらもクリック!情報いろいろ

新着の記事

あわせて読みたい

キーワード検索

おもしろコンテンツを発掘しよう!
過去の読みものをシャッフル表示

人気記事ランキング

人気記事ランキング

ページ上部へ
閉じる

サイト内検索

話題のキーワード

メニュー閉じる