【15社比較】auひかりが一番お得に申し込める窓口はここだ!注意点や契約手順なども詳しく解説。

【15社比較】auひかりが一番お得に申し込める窓口はここだ!注意点や契約手順なども詳しく解説。

auひかりはどこから申し込んだらお得になるのか、窓口によって何が違うのか、わかりにくいと感じている人は少なくありません。

結論から申し上げますと、現在auひかりを一番お得に申し込めるキャンペーン窓口は、auひかり正規代理店「フルコミット」です!

 

こうたくん
フルコミットから申し込むと、いいことがいっぱいあるよ!
下にまとめているから、チェックしてみてね!

 

【おすすめポイント】
・ 還元額が60,000円と高い
・ オプション不要&現金を最短翌月に受け取れる
・ 違約金が最高55,000円分還元される
※タップで詳しい解説へジャンプします

 

この記事では、auひかりのキャンペーンについての詳しい説明と、auひかりを契約する際に気をつけるべき項目や、申し込み手順などについてわかりやすく解説していきます。

 

auひかりの窓口選びに失敗したくない福井県民の方には、必見の内容ですよ!

 

auひかりは福井県の一部エリアのみで利用ができます。

エリア外だった場合は、So-net光プラスなどを検討しましょう。

 

※auひかりは、福井県の一部で提供されています。
【auひかり 福井県内の提供エリア】
越前市
大野市
勝山市
坂井市
鯖江市
敦賀市
福井市
申し込みの前には、必ずauひかりの提供エリア内かどうか、エリア確認をしましょう!

 

わたしのネット編集部
インターネット回線専門メディア「わたしのネット」の出張記事です!
この記事では、auひかりのおすすめキャンペーン窓口を紹介いたします。

 

※この記事は、2021年5月時点の情報です。

index目次

【2021年最新版】auひかりのキャンペーン窓口全15社を比較

 

キャンペーン窓口を比較する前に、auひかりの概要を確認しておきましょう。

 

※価格はすべて税込

 

auひかりは、公式よりもWeb代理店やプロバイダから申し込むのが一番お得です!
なぜなら、公式特典に各窓口の独自特典がプラスされるからです。

 

どこから申し込んでもauひかりの速度や月額料金は変わりませんが、使えるキャンペーン数が増えれば、実際に支払う金額を抑えられます。

 

しかしWeb代理店やプロバイダの数が多すぎるため、どれを利用したらいいのか迷ってしまう人も多いです。
以下に、ホームタイプとマンションタイプでauひかりを申し込める窓口をまとめました。

 

auひかりを申し込むなら以下の3つの窓口がおすすめです。

 

【おすすめ窓口】
・ 一番お得に申し込むなら「フルコミット」
・ 実質料金を抑えたいなら「GMOとくとくBB」
・ 月々の料金を抑えたいなら「So-net」
※タップで詳しい解説へジャンプします

 

【窓口全15社】※税込み価格

 

フルコミットは実質料金が一番安い窓口ではありませんが、次の点から一番利用すべき窓口です。

 

【おすすめポイント】
・ 還元額が60,000円と高い
・ オプション不要&現金を最短翌月に受け取れる
・ 違約金が最高55,000円分還元される
※タップで詳しい解説へジャンプします

 

次の項目からは、フルコミットを一番のおすすめ窓口に指定した詳しい理由と、GMOとくとくBB、So-netの詳細を解説していきましょう。

 

auひかりは「フルコミット」から申し込むのが一番おすすめ!

 

auひかりを一番お得に申し込むなら、フルコミットがおすすめです!

 

【おすすめポイント】
・ 還元額が60,000円と高い
オプション不要&現金を最短翌月に受け取れる
違約金が最大55,000円まで還元される
※タップで詳しい解説へジャンプします

 

フルコミットは申し込み後にかかって来る電話を受けて契約完了となり、高額キャッシュバック60,000円のキャッシュバックが受け取りやすいですよ。
また、特典の現金還元が最短翌月に振り込まれる点も、嬉しいポイントといえます。

 

ちなみに、auひかりは福井県内の、越前市・大野市・勝山市・坂井市・鯖江市・敦賀市・福井市でしか使えません。
しかし、上記以外の地域にお住まいの方でもフルコミットを窓口にすれば、auひかり以外の回線を提案してもらうこともできます。
フルコミットはauひかりのお得な窓口になるのはもちろん、福井県民の方にとって優しいWeb代理店なので、ぜひ活用してみましょう。

 

もしエリア外だった場合は、光コラボのSo-net光プラスなどを検討しましょう。

 

フルコミットの詳細はこちらから

※タップでフルコミットのページへジャンプします

 

おすすめポイント①:キャッシュバックが60,000円と高い

フルコミットを窓口にすると、次のタイミングで総額最大60,000円が振り込まれます

 

 

フルコミットは、申し込み内容によって還元額が変わる窓口です。

折り返しかかってくる電話で、振りこみ先を伝えるだけで受け取ることができます。

 

こうたくん
フルコミットからの振り込みは最短翌月だけれど、プロバイダからの振り込みは最短4ヵ月後になるよ!
それぞれの申請方法は、最初の電話だけで伝えるだけでOKだよ!

 

・ ネットのみ:50,000円
・ ネット+ひかり電話:60,000円

 

ほかの窓口では、ネットのみの契約だと対象外になってしまいますが、フルコミットならネットの単体契約でも50,000円が振り込まれるので、大きなメリットがあります。

 

おすすめポイント②:オプション加入不要&最短翌月末受け取り

フルコミットは、次の手順を踏むだけで、最短で翌月末に現金が振り込まれます

 

【キャッシュバック受け取り手順】
Webサイトからauひかりを申し込む
折り返しかかって来る電話で振込先を伝える

 

振り込みはフルコミット分とプロバイダ分の2回にわかれて行われますが、2番手のプロバイダ分も開通4ヶ月後には振り込まれます。
また、ひかり電話などのオプションに加入しなくてもキャッシュバックを受け取れる点は、大きなメリットといえるでしょう。

 

GMOとくとくBBや25など他の窓口では、キャッシュバックの受け取りが1年後になります。
一方フルコミットは最短翌月で受け取ることができるので、おすすめですよ。

 

おすすめポイント③:他社違約金負担が最大55,000円まで還元される

auひかりでは、他社を解約したときに請求された違約金を、最高30,000円まで肩代わりしてくれる公式キャンペーンを行っています。
さらにフルコミットから申し込んだユーザーには25,000円が上乗せされるため、最高55,000円まで負担してもらえます。

 

55,000円もあれば違約金をほぼ0円にできるので、乗り換えを考えている人には見逃せない特典です。

 

実質料金を抑えるなら最高61,000円がもらえる「GMOとくとくBB」

 

auひかりをとにかく安く使いたいなら、GMOとくとくBBがおすすめです。

 

※税込み

 

GMOとくとくBBは、auひかりの実質料金を一番安くできる窓口ではありますが、次の点が原因でフルコミットよりおすすめ度が下がります。

 

【おすすめしない理由】
・ 振り込み時期が遅い
・ 申請の仕方が難しい

 

ただし、「振り込み時期が遅くてもいいから、とにかくauひかりの料金を安くしたい!」「申請するタイミングを絶対忘れない!」という人であれば、GMOとくとくBBをおすすめできます。

 

こうたくん
キャッシュバック受け取りが二回に分かれていて
1回目と2回目に受け取れり額は、合計でもらえる額の半額ずつもらえるよ!!

 

GMOとくとくBBの詳細はこちらから

※タップでGMOとくとくBBのページへジャンプします

 

月々の料金を抑えたいなら「So-net」がおすすめ

 

「キャッシュバックをもらわなくても、月々の料金を安くしたい」という人には、1年間30,000円が割引されるSo-netからの申し込みがおすすめです。
So-netには、キャッシュバックキャンペーンがありません。
しかし、長期間の料金割引特典があるため、月々の料金を確実に抑えることが可能です。

 

※価格はすべて税込み

 

So-netから申し込むと、ホームタイプで最大5年、マンションタイプでは最大2年もの間、毎月の料金が割引されます。
契約プランによって割引額は変わりますが、割引特典ならユーザーが何もしなくても実質料金を安くできます。

 

auひかりの料金を確実に抑えたい人は、ぜひSo-net光を窓口にしてみてくださいね。

 

So-netの詳細はこちらから

※タップでSo-netのページへジャンプします

 

auひかりで展開している公式キャンペーン一覧

 

ここからは、auひかりの公式キャンペーンについてご紹介していきます。
auひかりの主な公式キャンペーンは、以下のようになっています。

 

【公式キャンペーン】
・ auスマートバリュー
・ auひかり新スタートサポート
・ 初期費用相当額割引
・ その他(ひかりテレビの月額利用料無料特典や、超高速スターとプログラムなど)
※タップで詳しい解説へジャンプします

 

上記のキャンペーンは、どの窓口から申し込んでも必ず利用できますよ。

 

ネットとセットでずっと割引される「auスマートバリュー」

画像引用:auひかり公式サイト(キャンペーンページ)

 

「auスマートバリュー」は、ネットとひかり電話を一緒に契約すると、auスマホの月額料金が毎月最高1,000円安くなるキャンペーンです。
割引対象となるauスマホは、最大10台まで指定できます。

 

実際にどれだけ割引されるのか、具体的例で見てみましょう。

 

例)家族4人でauを契約している場合※価格はすべて税込み

 

割引額はスマホの契約プランによって変動しますが、今回の例では毎月3,500円も家族のスマホ料金が安くなっています。
もしこの家族がマンションに住んでいた場合、auひかりの月額料金は3,800円ですから、実質のネット料金は300円/月です。

 

auユーザーであれば、この割引を適用していないだけで損をしてしまうので、auひかりの開通後にキャリアショップに行き、忘れずに手続きを行ってくださいね。

 

乗り換えで最大30,000円還元「auひかり新スタートサポート」

画像引用:auひかり公式サイト(キャンペーンページ)

 

「auひかり 新スタートサポート」とは、別回線を解約したときに請求された違約金を、最大30,000円まで肩代わりしてくれるキャンペーンです。
この特典があれば、更新月以外でもauひかりへ気軽に変更できるため、乗り換えを考えている人におすすめです。

 

ちなみに、30,000円で他社の違約金を全額まかなえない場合は、フルコミットから申し込むだけで上限負担額が55,000円まで増額されるので、ぜひ活用してくださいね。

 

工事費が実質0円になるキャンペーン

「初期費用相当額割引」とは、以下の条件を満たすと工事費が相殺されるキャンペーンです。

 

【条件】
・ ネット+ひかり電話を一緒に契約すること
・ ホームタイプは60ヶ月間、マンションタイプは24ヶ月間継続利用すること

 

こうたくん
マンションプランの場合は、光電話をつけなくても工事費が無料になるよ!

 

こちらは、ネットとひかり電話を一緒に申し込んだ時点で自動的に適用されるため、ユーザーが手続きを行う必要はありません。
明細には毎月工事費を分割して請求されていますが、実際は同じ金額が毎月割引されるので、負担額は0円です。

 

ただし、工事費が全額相殺される前に解約してしまうと、翌月に残金を全額支払わなくてはならないので、注意しましょう。

 

その他のキャンペーン

上記でご紹介してきたキャンペーンのほかにも、新規契約者は以下のキャンペーンも利用できます。

 

・ 超高速スタートプログラム
auひかりホーム10ギガ・5ギガを契約した人が「ずっとギガ得プラン」を選択し、auスマートバリューに加入すると、3年間の月額料金から550円割引されるキャンペーンです。

・ 「ジャンルパック」「オールジャンルパック」新規ご加入キャンペーン
auひかりテレビで「ジャンルパック」または「オールジャンルパック」を申し込むと、開通月とその翌月の月額料金が無料になるキャンペーンです。

 

どちらも条件さえ満たせば自動的に適用されます。
高速プランの申し込みを考えている人や、auひかりテレビを追加契約しようと考えている人は、キャンペーン期間中に通常よりお得な料金で利用を開始させましょう。

 

auひかりのキャンペーンで注意したいこと

 

キャンペーンを使ってauひかりを申し込むときは、次の点に注意をしてください。

 

【注意点】
・ 必ずWeb窓口から申し込む
・ キャッシュバックのもらい忘れに注意する
・ 違約金が発生するキャンペーンがあるかもしれない
※タップで詳しい解説へジャンプします

 

①必ずWeb窓口から申し込む

より多くの還元を受けたいと考えている方は、必ずWeb窓口を利用してください。

 

キャッシュバックなどの還元は予算から用意されますが、auショップなどのように店舗を構えている窓口は予算の多くを人件費に取られてしまうため、ユーザーに回せる予算が少なくなります。
しかし、Web窓口ならauショップのように多くのスタッフを雇う必要がないため、予算のほとんどをユーザーに還元できます。

 

Web窓口にもいろいろありますが、中でもおすすめなのは、申請不要ですぐにキャッシュバックが全額振り込まれる「フルコミット」です。
フルコミットなら、ホーム・マンションタイプのどちらでも、最高61,000円のキャッシュバックを受け取れますよ。

 

②キャッシュバックのもらい忘れに注意する

キャッシュバックキャンペーンを利用する際は、もらい忘れに注意しましょう。

 

今回ご紹介したGMOとくとくBBは、11ヶ月後と23ヶ月後にメールを受信したら、受信月の月末までに申請しないとキャッシュバックを受け取れません。
キャッシュバックの金額が高くても、もらい忘れたら意味がないので、申請のタイミングには十分気をつけてくださいね。

 

もらい忘れが心配な人は、キャッシュバックのかわりに料金割引で還元してくれる「So-net」がおすすめです。
So-netならユーザーが何もしなくても、1ヶ月目から料金を安くできますよ

 

③違約金が発生するキャンペーンがあるかも

申込窓口によってはキャンペーンに違約金が設定されている場合もあるため、安易な解約は危険です。
今回ご紹介した3社を例に見てみましょう。

 

※価格はすべて税込

 

このほかにも、公式の「初期費用相当額割引」を利用している場合やホーム60ヶ月以内、マンション24ヶ月以内に解約すると、翌月に残りの工事費を違約金と一緒に請求されます。

違約金を0円にするなら、工事費を全額相殺したあと、最初に来る更新月に解約をしましょう。

 

auひかりのキャンペーン窓口から契約するまでの手順

 

auひかりのキャンペーン窓口からインターネットを申し込み、利用を開始するまでの手順は次のとおりです。

 

【契約する手順】
窓口から申し込む
工事日を調整する
開通工事と機器の設定をし、利用開始
キャンペーンの受け取り手続きをする
※タップで詳しい解説へジャンプします

 

①窓口から申し込む

還元額や適用条件などを比較し、目当ての窓口が見つかったら、各キャンペーンのWeb窓口にアクセスし、エリア確認から自宅でauひかりを契約できるか調べましょう
ちなみに、福井県の場合、auひかりを利用できるエリアは以下の地域です。

 

【福井県のauひかりの利用可能な地域】
・ 越前市
・ 大野市
・ 勝山市
・ 坂井市
・ 鯖江市
・ 敦賀市
・ 福井市

 

auひかりは、電話勧誘や家電量販店からの契約でも独自キャンペーンを利用できます。
しかしこれらの窓口は還元率が低いので、auひかりをお得に使うなら、Web代理店やプロバイダを選びましょう。

 

転用・事業者変更の場合

auひかりは独自回線なので、転用や事業者変更はできません
ただし、他社回線でNTT発番の電話番号を使ってひかり電話を契約している人は、auひかりに乗り換え後、auひかり電話でも同じ番号が使えます。

乗り換え後も同じ電話番号を使いたい人は、NTTに何も連絡を入れず、そのままauひかり電話を申し込んでください。
手続きはauひかり側が行ってくれます。

ただし、後日NTTから2,200円の休止費用が請求されますので、そちらの支払いを忘れないようにしてくださいね。

 

②工事日を調整する

auひかりは、開通工事日に契約者が現場で立ち会う必要がありますので、スケジュール調整を行い、時間を空けておきましょう。

 

③開通工事と機器の設定をし、利用開始

工事は約1~2時間で完了します。
ただし、マンションの場合は建物内の配線状況によってもう少し時間のかかるケールもありますので、余裕をもったスケジュールを組んでおくと安心です。

工事が完了したら、説明書を見ながらモデムやルーターの初期設定を行い、スマホやパソコンなどをauひかりに接続してください。

 

④キャンペーンの受け取り手続きをする

フルコミットを選んだ人は開通工事が終わったあと、カスタマーセンターに電話をして、振込先を伝えるとキャンペーンの申請手続きが完了します。

 

フルコミット カスタマーセンター
  電話番号:0120-588-075
   (受付時間:10:00~20:00 / 年末年始を除く)

 

auひかりのキャンペーンに関するよくある質問

 

最後に、auひかりのキャンペーンに関して多くの人が疑問に思う項目をまとめました。

 

【よくある質問】
・ 複数のキャンペーンは併用できる?
・ auひかりは引っ越し時にキャンペーンを利用できる?
auひかりを申し込んだあともキャンセルはできる?
一度解約して再申し込みをしても、キャンペーンは利用できる?
※タップで詳しい解説へジャンプします

 

複数のキャンペーンは併用できる?

auひかりは、すべてのキャンペーンが併用できます
代理店やプロバイダから申し込めば、窓口の独自のキャンペーンに加えて公式キャンペーンも適用されるため、お得です。

 

auひかりは引っ越し時にキャンペーンを利用できる?

auひかり契約中に引っ越しが決まった場合、窓口によっては独自の引っ越し特典が使えるケースもありますが、基本的には全員以下の公式特典を利用できます。

 

【利用できる公式特典】
● 引っ越し先で継続利用できる場合、違約金不要
● 引っ越しが原因でauひかりを途中解約しなくてはならない場合、解約時の違約金が不要
● 工事費残債がある場合、残債を一括請求されるが、引っ越し完了後、新たに課せられる工事費から先に徴収した残債と同額を一括割引

 

ただし、引っ越しを行うと、次の費用が新たにかかります。

 

※価格はすべて税込み
※ひかり電話同時契約で実質無料

 

このうち、工事費はひかり電話を申し込むことで実質無料にできますが、その他の費用は無料にできません。
また現在の工事費が残っている人は、引っ越し先で現在の残債分と同額を工事費から引かれるものの、引っ越し前に残債を現金で支払わなければならないので、その点も注意をしましょう。

引っ越し手続きの方法は、以下を参考にしてください。

 

【引っ越しの手続きの方法】
KDDIの「お引っ越し情報入力フォーム」で、引っ越しの連絡を入れる
1~3週間で、引っ越し連絡がKDDIに登録される
工事日の調整を行う
引っ越し先で使う宅内機器が郵送される
立ち会いのもと、工事が行われる
新しい宅内機器を接続する
返却伝票が届き次第、引っ越し前に使っていた宅内機器を返送する

 

auひかりを申し込んだあともキャンセルはできる?

auひかりは、契約書面を受け取った日から8日以内であれば、「初期契約解除制度」で無料キャンセルができます。
初期契約解除を行いたい場合は、すみやかに申込窓口へ連絡を入れましょう。

ただし、8日を過ぎた場合は、工事前でも下記の違約金が発生します。
開通工事完了後は解約扱いになり、違約金だけでなく、初期費用相当額と撤去費用が追加でかかってしまうので、ご注意ください。

 

※価格はすべて税込

 

一度解約して再申し込みしてもキャンペーンは利用できる?

新規契約者向けのキャンペーンは、再申し込みをすると利用できません
ただし、窓口を変えて申し込めば新規契約者扱いとなり、キャッシュバックなどの独自キャンペーンを利用できますよ。

auひかりは解約タイミングを誤ると、高額な違約金が発生しますが、再度申し込みを行うときに「フルコミット」などのキャッシュバック窓口を利用すれば、違約金をいくらか相殺できます。

 

まとめ

現在、auひかりを一番お得に申し込めるキャンペーン窓口は、「フルコミット」です!

 

【フルコミットのおすすめポイント】
・ 還元額が最高60,000円と非常に高い
・ オプションへ加入しなくても、キャッシュバックが最短翌月に振り込まれる
・ 公式の違約金負担キャンペーンに、最大25,000円を上乗せしてもらえる
※タップで詳しい解説へジャンプします

 

auひかりは、福井県でも契約できる地域とできない地域があります。
しかしフルコミットなら、対応エリア外の方が申し込みを行ったときには、そのエリアで利用できる別回線を案内してくれるので、安心です。

福井県でauひかりの契約を考えている人は、ぜひ本記事を参考に、フルコミットから申し込んでみましょう。

 

フルコミットの詳細はこちらから

※タップでフルコミットのページへジャンプします

※掲載内容に誤りや修正などがありましたら、こちらからご連絡いただけると幸いです。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新情報はお電話等で直接取材先へご確認ください。

わたしのネット編集部
writer : わたしのネット編集部

月間100万人が閲覧するインターネットの総合情報サイトの「わたしのネット」の運営者。インターネット回線の正しい比較情報を届けるために、ふーぽへ出張中。日本で一番わかりやすいインターネット回線の解説記事を目指しています。

LINEにおすすめ情報が届くよ

Twitter

こちらもクリック!情報いろいろ

新着の記事

あわせて読みたい

キーワード検索

おもしろコンテンツを発掘しよう!
過去の読みものをシャッフル表示

人気記事ランキング

人気記事ランキング

ページ上部へ
閉じる

サイト内検索

話題のキーワード

メニュー閉じる