行列ができる、幸せなパン!? 福井県鯖江市の古道具カフェ「アオテナル」で 「ぱんの日」が始まりました。

行列ができる、幸せなパン!? 福井県鯖江市の古道具カフェ「アオテナル」で 「ぱんの日」が始まりました。

こんにちは! ふーぽ編集部のSです。

先日ふーぽ編集部に、ある「調査依頼」が寄せられました。

「鯖江市の西山公園の近くで、お客さんが並んで開店を待っているお店を見かけました。何の店か、調べてもらえませんか?」

平日の正午前には人が集まっているらしく、その辺りにあるのは、「古道具と珈琲アオテナル」というお店らしい。・・・うーん、気になる。

ということで、さっそく調べてきました!

鯖江の西山公園から越前市方面を向かうと、右側

アオテナルは、古道具と珈琲のお店。旧8号線沿いにありながら、「隠れ家感」たっぷりです。

開店前にお邪魔してみると・・・

なんということでしょう。

古道具と一緒に、魅力的なパンが並んでいるではありませんか♡

このお店で、火曜やたまに木曜に、不定期でゆる~く開催している「ぱんの日」。

数量限定でパンとスイーツが約10種類近く入荷していて、500円以上のお買い上げで、ドリンクが50円引き。売り切れ次第終了。

だから、開店の12時めがけて人が集まっていたようです。

ののぱんの長谷川さん(左)とアオテナルの持田さん(右)

パンを作っているのは、福井市内に工房を構える「ののぱん」の長谷川美鈴さん。

実は、現在ショップは無く、カフェやイベントでしかお目にかかれないパン屋さんです。


酒粕や玄米、菜の花など、無肥料・無農薬の食材で作る自家製酵母と、有機の国産材料にこだわったパンが評判。

丸1日かけて低温熟成させた生地は、旨みが濃いんです!


しっとりした食感の安納芋シフォンケーキ280円など、パンとスイーツは100円~200円台が中心。手に取りやすいお値段がナイスです。

アオテナルのオーナー 持田千里さんは、長谷川さんのパンに魅了されたファンの一人。

カフェをオープンした2年前から、長谷川さんに声をかけていて、この2018年4月に、【アオテナル×ののぱん】のコラボがついに実現しました。

 

「福井県においしいパンはたくさんあるけど、食べた時に幸せな気持ちになれたのは『ののぱん』が初めて。『カフェでぜひ売らせて!』と私から長谷川さんにお願いしたんです」と持田さん。

コラボが叶って嬉しそう。いい笑顔です!


ぱんの日は、不定期開催。

ぜひ、アオテナルの「インスタグラム」をチェックしてからお出かけください。

ちなみにアオテナルの店内には、飾って、眺めて、使ってかわいい雑貨がいっぱい。しかも格安!

人気商品は「鉄瓶」らしいですよ~。

ドリンクのテイクアウトもOK。パンには東ティモールコーヒーが相性抜群です♪

古道具と珈琲 アオテナル

福井県鯖江市桜町2-9-30 日野ビル101
☎なし
(営)12:00~16:30(16:00LO)
(休)土・日・月曜(月に1度土日営業あり)

※掲載内容に誤りや修正などがありましたら、こちらからご連絡いただけると幸いです。

この記事が気に入ったら
お気に入りに登録

お気に入りに追加
お気に入り記事リストは
マイページでご覧いただけます。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新情報はお電話等で直接取材先へご確認ください。

ふーぽ編集部
writer : ふーぽ編集部

ふくいのことならお任せあれ! グルメ、イベント、おでかけスポットなどなどふくいのいろんな情報をお届けします。

キーワード検索Search

人気記事ランキングRanking

人気記事ランキングRanking

ページ上部へ

キーワード検索閉じる

話題のキーワード

メニュー閉じる